森崎ウィンはジャニーズ出身?ミャンマー人と日本人のハーフ?

エンタメ

森崎ウィンさん、カッコイイですね~。

 

ジャニーズ出身という噂があるのも納得のカッコ良さです。

 

でも本当にジャニーズ出身?

 

そしてミャンマー人と日本人のハーフ?

 

森崎ウィンさんの噂と真相、代表作についてもまとめました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

森崎ウィンはジャニーズ事務所出身?

 

 

 

調べてみると、森崎ウィンさんの所属はジャニーズ事務所ではなくスターダストプロモーションでした。

 

スターダストプロモーション北川景子さんや松雪泰子さん常盤貴子さんなど名立たる女優さんが多く所属している事務所です。

 

森崎ウィンさんがジャニーズ出身という噂が出たのは、ジャニーズjrのジェシーさんと似ていることから発展したのでは?と言われています。

 

昔の写真を見てみると確かに似ている気がしますね。

 

 

 

 

 

 

森崎ウィン プロフィール

生年月日:1990年8月20日

 

出身:ミャンマー

 

身長:174cm

 

血液型 O型

 

言語:ミャンマー語・日本語・英語

 

趣味:フライトシュミレーター、ドライブ、散歩

 

特技:殺陣、ビリヤード

 

 

ハーフではなくご両親ともミャンマーの方です。

 

日本名の「森崎」姓は芸能活動をしやすくするためで、「ウィン」はミャンマー語で「明るい」という意味があるそうです。

 

小学校4年生の時に来日し、中学2年生の時にスカウトされてからずっとスターダストプロモーションに所属しています。

 

 

森崎ウィン 代表作は?

森崎ウィンさんは有名な作品にも出演していました。

 

2009年:ドラマ「ごくせん卒業スペシャル」

 

映画「ごくせんthe movie」 生徒:五十嵐真役

 

 

 

 

>>>「ごくせんthe movie」をU-NEXTで見る!31日間無料<<<

 

 

 

2012年:尾崎豊の追悼映画「シェリー」で初主演。

 

森崎ウィンさんが注目を集めたのは、2016年スピルバーグの映画「レディー・プレイヤー」での大抜擢です。

 

青年・トシロウ役でハリウッドデビューを果たしました。

 

>>>「レディー・プレイヤー」をU-NEXTで見る!31日間無料<<<
 

2019年:映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

 

2020年には『蜜蜂と遠雷』信念の貴公子・マサル役で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

 

 

 

 

 

まとめ

2018年にはミャンマー観光大使になり、日本とミャンマーで活躍している森崎ウィンさん。

 

どんどんあか抜けてカッコよくなっていますよね。

 

10月1日からは主演映画「僕と彼女とラリーと」が上映されています。

 

父親との確執により過去にとらわれ将来に迷う主人公の青年・北村大河を演じていますので是非見に行ってみてくださいね!

 

 

コメント