当サイトはプロモーションを含みます

いちご狩りでたくさん食べる方法は?食べ放題で元を取るコツを紹介!

グルメ

春はいちご狩りの季節!
家族みんなでワイワイ楽しめるイベントですね。
食べ放題と聞けば元を取らなきゃと思うのは私だけでしょうか?
元を取るのは難しいですができるだけたくさん食べて帰りたいですよね。
いちご狩りでたくさん食べるにはちょっと意外な方法があるんですよ。
お出かけ前に参考にしてくださいね♪

 

いちご狩りでたくさん食べる方法は?食べ放題で元を取るコツを紹介!

空腹にしていかない

まず勘違いしている人がとっても多いのがお腹のコンディションです。
朝食や昼食を抜いて完全に空腹状態でいちご狩りに行っちゃう人がいるんですよね。
これ、失敗する可能性がとっても高いんです!

 

すっごい空腹だと人って案外食べれないものなんです。
空腹で急に食べると血糖値が急激にあがるのでお腹がいっぱいだと感じるのが早くなります。

 

おにぎり1個くらい軽めに少し何か食べておいた方が満腹感を感じにくく、たくさんのいちごを食べることができます。

いちごがたくさん残っているエリアを狙う

 

曜日や時間帯によってはもういちごが少なくなっている場所もあります。
まずざっと会場を見渡して、いちごがたくさん残っている赤いエリアを目指しましょう♪

 

奥行きのある会場だったら、入口より遠くの方がまだ残っていることが多いです。
いちごをたくさん食べるならどんどん摘んで行かないといけません。

 

探している時間がもったいないのでいちごがたくさんなっている場所を攻めるのが良いですよ。

 

いちご棚の日陰になっている部分を狙う

私の好みでもあるんですが、いちごは冷たい方が好きなんです。
日の当たる棚ではなく、日陰にあるいちごの方が冷たくて美味しく感じます^^

 

逆に冷たいいちごをたくさん食べるとお腹が冷えるという方は、日当たりの良い場所にある少しぬるいいちごが良いかもしれませんね。

 

食べる順番はへたの部分から

 

食べる順序は、まずへたの部分から食べるのが正解!
いちごのへたの部分は甘くないので最初に食べて、先端の甘い部分で食べ終わる方が美味しくてどんどん食べ進めることができます。

 

特に締めのいちごは甘い先端の部分で終わると甘い口で終わることができて満足できますよ。

味変の練乳は途中から

いちご狩りでは練乳を購入できたり持ち込みができるところが多いんですが、最初から練乳をつけて食べるのはNGです。
いちごだけに限らず同じものをたくさん食べる時って途中で飽きてしまいませんか?
途中で味変しないと満腹になる前に味に飽きてしまって食べられなくなります。
まずはいちごそのものの味を楽しんで、飽きてきたな~と思ってから練乳をつけて味変しましょう。

 

練乳もずっとつけるのではなく、2~3個ほど練乳で食べてからまたいちごだけを楽しむのがおすすめです。

 

楽しいいちご狩りも途中からは「飽き」との勝負になります。
練乳を上手に取り入れてたくさん食べてくださいね。

食べたいちごのへたを見ない

いちご狩りでは食べたいちごのへたを入れる容器を渡されます。
いちごをたくさん食べるとヘタ入れの中のへたもいっぱいになるんですが、なるべく見ないようにしましょう。

 

たくさんのへたを見ると「もうこんなに食べたんだ」と視覚から入る情報でおなかいっぱいに感じてしまうんですよね💦
ちょっとした小技です^^

いちご狩りで元を取るのは何個から?

 

ざっと計算!
例えば、いちご狩りは中学生以上だと30分2,000円前後が多いです。
スーパーでは「あまおう」などは1パック1,000円くらいで売られています。
1パック10粒ほど入っているとすると、20粒以上食べたら元が取れそうですね。

 

 

高級品種が食べられる会場や大粒を選ぶと
お得感がありますよ!

 

 

いちご狩りでどれだけ食べたら元が取れるのかは地域・品種・会場・時期にもよって違うので、スタッフさんに聞いてみてくださいね。
いちご狩りはどれだけ食べれるかも面白いのですが、収穫体験ができる楽しいイベントです。
みんなとワイワイ話しながら楽しい思い出を作ってくださいね!

 

グルメ
スポンサーリンク
来週はきっと晴れ