メディヒール裏表はどっちで間違えたらどうなる?正しい使い方は?

生活

韓国の美容ブランド『MEDIHEAL』(メディヒール)のパックが大ヒットしていますね。
お肌の悩み別に数種類の効果が違うパックが発売されているので選ぶ楽しさがあります。
ところでメディヒールのパックって裏表があるって知っていますか?
結論から言いますと、間違えても全く問題はないのですがちょっとした秘密があるんです。
メディヒールのパックの裏表と正しい使い方についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

メディヒール裏表はどっちで間違えたらどうなる?

メディヒールのパックは、折り畳んでいる内側を肌に当てます。

数年前から本物のメディヒールのパックには偽物防止のためにロゴが入っているのですが、『MEDIHEAL』と読める方が外側になります。
『LAEHIDEM』と英語として読めない方が内側です。

 

 

パックを広げてみて、読めないな、と思う方を
そのままお顔に乗せればOKです^^

 

 

では裏表を間違って乗せてしまったらどうなるのか?

 

まったく問題ありません!

 

パックにはヒタヒタに美容液が染み込んでいるので効果は裏表変わりません。
安心してくださいね^^

 

メディヒールシートパックの正しい使い方は?

 

 

メディヒールのシートパックを使う順番は、

 

洗顔→化粧水→メディヒールのパック

 

という順番です。

 

 

パックをする前はシートパックを平らに置いて、美容液が均一にしておきましょう。

 

 

パックをする時間は10~20分。
それ以上するとパックが乾いてしまい逆にお肌の水分を奪ってしまいます。
メディヒールのパックにはロゴが印字されていますので、そのロゴが見えてきたらそろそろ終了の合図です。

 

 

 

シートが白くなりロゴがはっきり見えるまでするのはやり過ぎです。

パックが終わったら、水分が逃げないようにお使いの乳液やクリームを塗ります。

 

 

袋の中に残った美容液は首やデコルテに使えますよ。
もったいないので全部使い切ってしまいましょう♪

 

 

 

まとめ

メディヒールのシートパックの裏表は、折り畳んでいる内側がお肌に乗るように載せます。
間違えてしまっても、効果はまったく変わりませんのでご安心くださいね。
裏表よりも正しい使い方の方が大事です。
順番とパック時間をしっかり守って正しく使いましょう。

 

 

まとめ買いで1枚100円以下で買えます♪