人の家に素足で上がるのはマナー違反?スリッパ持参すべき?

サンダル

 

 

暑い季節に人の家に遊びに行ったりすることありますよね。

 

その時に、靴下って履いていきますか?

 

暑い時には素足でいたいと思うこともあるし、子どもに履かせるのも難しいこともあります。

 

でも、『マナー違反になったりしないのかな?』


とても気になるところですよね。

 

ここでは、


・サンダルで訪問するときのマナー
・素足で家に上がるのはNGの理由と臭いへの対処方法
・スリッパ持参するのはマナー違反になるのか?
・人の家に訪問するときに注意したいポイント


などをご紹介します。

 

マナーを知らないと、せっかくおしゃれをして出かけても自分の価値が上がるどころかダダ下がり…なんていうことにもなってしまうので、しっかりとマナーを勉強しておきましょうね!

 

スポンサーリンク

サンダルで訪問する時のマナー

訪問するときの服装は、あまり華美なものは好まれない傾向にありますが、訪問先の相手が、友人など、比較的気軽に行けるところもあると思います。

 

季節やTPOに合わせた服装であれば、あまり口うるさく言われることは少ないはずですが、それでも、気を付けておきたいポイントはあって


・肌の露出は控える
・派手な服装は避ける
・季節やTPOを考えた服装を心がける
・サンダルやミュールなどを履くときは靴下やフットカバーなどを持参する

 

暑い日にサンダルやミュールなど涼しげなものを選んだ場合は、靴下やそれに代わるようなものを持参しましょう。

 

素足で訪問を嫌がりマナー違反ととらえる方は多いです。

 

相手との親密度によってもこの認識は変わってきますが、初めてのお宅に訪問する際は裸足で上がるのはやめておきましょう。

 

お互いに嫌な思いをしないようにするのも、大人としてのマナーです。

素足で家に上がるのはNG?その理由と臭いへの対処方法

では、なぜ『素足で家に上がる』ことがマナー違反といわれるのでしょうか?

 

理由はいろいろありますが、


・足の裏は雑菌が繁殖しやすい環境であること
・皮脂汚れなどがフローリングや畳に付着しやすい
・足の指の間に汚れやごみがついていて、落ちやすい

 

ことなどがあげられます。

 

清潔な足ならいいのでは?という思いもあるかもしれませんが、自分に家に人が訪問してきて、素足だったらどう思うのでしょうか?

 

やっぱり嫌な気分になりますよね。

 

自分の家に来るときにして欲しくないことは、相手もそういう思いをするかも…と考えるのが一番です。

 

また、他の家に訪問するときに注意しておくと好感度&女子力UPにもなるのが、
そう、『臭い対策』です!!

 

サンダルなどで訪問したときは少し臭いが立ち上がってくることを想定して、ウェットティッシュや消臭シートなどを持参しておくと、女子力UP間違いなしですよ。

 

スリッパ持参するのはマナーとして大丈夫?

他の人の家に訪問するとき、気になるのは『訪問先にスリッパの用意はあるのか?』
ではないでしょうか?

 

結論から言うと、準備がある家ばかりではないので、スリッパの持参はマナーとしてはOKです。

 

理由としては、


・靴下やストッキングでは、足の裏についている埃や雑菌を付けてしまう
・スリッパの準備がないことも想定できる気配りが大切

 

だと思います。

 

もちろん、準備だけして実際の状況に応じた対応が求められるので、持参するスリッパは、バッグの中に入るくらいのコンパクトなものの方が利便性は高いです。

 

ここまでの気配りができれば、大人としてのマナーはOKです!

その他人の家を訪問する時に注意すべき点

スリッパ問題だけではなく、ほかにも守らなければならないルールがあります。

 

 訪問するときの時間設定

他の人の家に訪問するときは、あくまでも相手の家の都合に合わせることが大切になるので、自分の都合のいい時間を設定するのではなく、相手の都合のいい時間を聞きながら時間を決めましょう。

 

相手の方から申し出があったときは別ですが、基本的に11:00以降や17:00以降など、昼食や夕食の時間にかかってしまうような時間帯はさけたほうが無難です。

 

『昼食や夕食を一緒に』と誘われた場合は別ですが、その時の手土産は、お相手の家族構成などを考慮しながらデザートなど、一緒に楽しめるものを持参するといいでしょう。

 

 予定時間より早く着いた時の対処法

訪問するときの時間ですが、一般的には設定した時間より、3~5分程度遅れて訪問するのがマナーといわれています。

 

相手の方は、その時間を目安に準備をしてくださっているので、早く着きすぎてしまうと、準備が間に合わないこともあるかもしれません。

 

もし、予定時間よりも前に着いてしまった時の対処方法は、突然訪問するのではなく、必ず『早めについてしまった』ことを電話で連絡して、了承をもらってから訪問しましょう。

 

『親しき仲にも礼儀あり』といいますから、ここは最低限のマナーになります。

 

家に上がるとき・帰るときのマナー

他の人の家に訪問するときは、


・コートなどの上着はチャイムを押す前に脱いでおく
・靴は正面から脱ぐ
・先方(相手の家の人)にお尻を向けないようにする
・手土産を玄関先で渡す場合は、洋菓子・生花・アイスクリームなどであることを伝えたうえで渡す。(それ以外の手土産は、客間などに通されてから渡すのが一般的)

 

訪問先から帰るときのマナーは、


・訪問している時間は1時間程度にする
・出されたお菓子やお茶はきれいに食べておく
・帰るときは自分から申し出る
・お礼のあいさつは和室なら座布団を外して、洋室なら椅子から立ち上がって行う
・玄関でも最後の挨拶をする
・コート類は玄関を出てから着用する(先方から勧められたら玄関で着てもOK)

 

もちろん厳密にいえばまだまだありますが、上記の項目だけでも抑えておくといいですよ。

 

人の家に訪問するときのマナーのまとめ

女性・男性問わず、マナーを知っているのと知らないのでは、周りの反応も全然違ってきます。

 

基本的な事を抑えつつ、自分がもてなす側に立った時にしてほしくないと思うことを
しないようにすることも大切です。

 

『これはダメ』・『あれもダメ』ではなく、季節などのTPOを抑えつつ、失礼にならない服装、立ち居振る舞いなどを身に着けていきましょう。

 

 

コメント