キャンドルの真ん中だけへこむ問題はこれで解消!便利グッズも紹介

生活

炎の揺らぎを見ているとストレスが解消されていくような気がしますね。


夜はキャンドルだけで過ごすのも素敵です。


でもキャンドルって均等に溶けていかないと思いませんか?


キャンドルの真ん中だけドーナツ状にへこむ問題の解決方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

キャンドルの真ん中だけへこむ問題解消方法

芯を真っ直ぐに立てる


芯が曲がったまま火をつけると蝋の溶け方に偏りが出てきます。


芯を真っ直ぐ立たせてから火をつけると真ん中だけへこむことが抑えられます。

 

2時間以上灯す


火をつけておく時間が長いほど均等に綺麗に溶けていきます。


2時間以上火をともしておくと表面がフラットに溶けます。


特に大きいキャンドルは2時間以上はつけて楽しむのがいいですよ。


すぐに消してしまうと中央ばかり溶けていき穴を掘ったようなキャンドルになってしまいます。

 

キャンドルの置き場所も重要!


エアコンの風が当たらない無風の場所に置きましょう。


キャンドルに風が当たると炎が揺れて均等に溶けていかなくなります。

 

 

キャンドルのお手入れ方法


キャンドルを定期的にお手入れすると綺麗に使うことができますよ。


溶けたロウは古いロウなので次からも綺麗に溶けていきません。


溶けたロウは熱いうちに取り除いておくと次に灯す時に綺麗に溶けていきます。


ティッシュペーパーに染み込ませると取り除けます。

 

黒く焦げた芯もそのまままた火をつけると黒い煙があがることがあります。


6mmほどに切っておきましょう。


長い芯だと炎が大きく、短い芯にしておくと小さくなります。

 

長く使わない時はほこりが入らないように蓋をしておくといいですよ。

 

 

真ん中だけへこんだキャンドルを復活させる方法

ドライヤーで溶かす


一番簡単な方法です。


上からドライヤーの熱を当てて溶かして均等にします。

 

湯煎で溶かす


ガラスの容器に入ったものならそのまま80℃くらいの熱湯に浸けておくと溶けて均等になります。


芯が沈んでしまったら次に使う時に火をともせないので見失わないようにしましょう。


一度古い糸を抜いて新しいタコ糸を沈めるといいですよ。


使えなくなった小さなキャンドルも取っておいてまとめてガラス容器に入れて湯煎すると1つのキャンドルとして復活します。


タコ糸を入れておくのを忘れずに!

 

チャッカマンで溶かす


表面をチャッカマンであぶって溶かして均等にします。


手がきつくなります…。

 

キャンドルの消し方


キャンドルの火を消す時、息を吹きかけて消していませんか?


その消し方はNGです。


煙が上がりアロマの香りが台無しになることも。


火のついた芯をロウにつけると安全に消すことができます。


次に使う時も芯にロウがついているので火がつきやすいです。


割りも綺麗に消せます。


また火を消すスナッファーという道具もありますので1つ持っておくといいですよ。


炎にカパッと蓋をして酸素を遮り火を消す道具です。


可愛くて置いておくだけでもインテリアになります。

 

 

 

 

 

 

まとめ


キャンドルの真ん中だけへこむ問題の解消方法をご紹介しました。


・キャンドルは2時間以上灯す


・エアコンの風の当たらない場所で灯す


キャンドルのお手入れも大事です。


小さくなってしまったキャンドル同士を一緒にして湯煎すれば自分だけの新しいキャンドルになります。


夜の癒しにキャンドルを上手に取り入れてくださいね。

 

 

 

おしゃれなキャンドルです♪

 

アウトレットなのでお得に買えますよ。

 

 

 

 

コメント