大寒たまごとはどんな食べ物で食べ方は?販売店通販どこで売ってる?

食べ物

大寒は1年のうちで一番寒いとされる日です。

 

 

2023年の大寒は1月20日(金)

 

 

大寒たまごとは大寒に生まれた卵のことです。

大寒たまごを手に入れるのはなかなか大変そうですね。
大寒たまごを食べるとどんな良い事があるんでしょうか?
大寒たまごを食べる意味や由来、食べ方や入手方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

大寒たまごを食べる意味や由来は?どんな良い事があるの?

大寒たまごを食べる意味は、ズバリ!

 

・健康に良い
・金運アップ

 

です。

 

大寒たまごは体に良いから健康増進!

今では年中手に入る卵ですが、昔はかなり貴重な食べ物で病気の時にしか食べられなかった時代もありました。
特に冬は鶏の産卵も少なくなるのでそれはそれは貴重な食べ物でした。
厳しい寒さの中産んでくれた卵はとても有難い卵!
毎日生む卵より栄養がギュッと詰まっている濃い卵に違いないということで重宝されたんです。
しかも1年で一番寒い大寒の日に生まれた卵ということで大寒たまごが広まりました。

 

大寒たまごで金運アップ!

金運アップには黄色のアイテムですね。
そう!卵の黄色が金運アップというのが由来です。
大寒たまごは黄身が濃いものが多いんですよ。

 

金運アップと言われるならば探しましょう!
その大寒たまごとやらを!
ということで大寒たまごの入手方法をご紹介します。

 

大寒たまごはどこで買える?通販でお取り寄せできる?

大寒たまごは大寒に生まれた卵です。

 

鶏は朝卵を産みますので、

 

直売所では2023年1月20日の昼から

 

商品が並ぶものを思われます。

 

スーパーや道の駅などでは2021年1月21日入荷分

 

という店舗もあります。

大寒たまごは縁起が良く人気なのできっとポップなどでお知らせしてくれていますよ♪

 

 

 

大寒たまごを買いに行けない!という方は通販でも販売しています。

予約のところも多いので早めに手配しておくと安心ですよ。

 

 

 

 

大手通販サイトの他にも、農家さんから直接購入できる食べチョクやポケットマルシェでも販売しています。

 

>>食べチョクで大寒たまごを探す

 >>ポケットマルシェで大寒たまごを探す

 

大寒たまごはいつ食べる?食べ方は?

大寒たまごは大寒に生まれた卵ですが、恵方巻みたいに食べる日や食べ方などに決まりはないの?って思う方もいると思います。

 

私も探してみましたが食べる日や食べ方に決まりは見つかりませんでした。

 

いつ食べるかは、購入したらなるべくすぐに新鮮なたまごを食べたいですよね。

 

食べ方は・・・
ご自分の食べたいように調理して食べてください^^

 

私だったらまず新鮮な大寒たまごを卵かけご飯にして食べたいですね。
なんだか一番シンプルでダイレクトに体に入って栄養になってくれる気がしませんか?

 

まとめ

大寒たまごについてご紹介しました。

大寒たまごとは大寒の日に生まれた卵のことで、2023年の大寒は1月20日です。

お近くの直売所や道の駅、通販でも買うことができます。

健康増進と金アップを目指して先人の教えである大寒たまごを食べましょう♪