当サイトはプロモーションを含みます

高級魚チカサキ値賀咲はどんな魚?値段とお取り寄せ通販はできる?

グルメ

ブランド高級魚チカサキがテレビで紹介されました。
聞き慣れない魚の名前ですが、長崎県の小値賀島(おぢかじま)の代表的な魚なんです。
高級魚という事で値段も気になりますね。

ブランド高級魚チカサキの値段やお取り寄せ通販はどこで買えるのか?
美味しい食べ方についてまとめました。

 

高級魚チカサキはどんな魚?

ブランド高級魚チカサキとは「イサキ」のことです。

 

 

小値賀島(おぢかじま)は人口2,000人ほどの小さな島。

 

 

 

 

この小値賀島で獲れたイサキがチカサキというブランド名で出荷されます。

漢字では『値賀咲』と書きます。
小値賀半島の「値賀」と、未来が明るく「咲く」ようにという願いが込められて名付けられました。

 

小値賀島ではイサキのことを「いっさき」と呼び、初夏を告げる魚として親しまれています。
撒き餌をせずに一匹一匹手釣りで漁獲されるので生臭みが少なく引き締まった身の魚です。

 

一番脂がのって美味しいのは、初夏から夏にかけての産卵期ですが、秋になると身に栄養が回るので9月ごろの値賀咲も格別なんだそうです。

 

 

高級魚チカサキの値段は?お取り寄せ通販できる?

ブランド高級魚チカサキの値段を調べてみると、なんと東京では通常のイサキの倍以上の値段で取引されることがあります。
1kgを超える値賀咲だと、東京の豊洲市場では1匹2,500円の高値で取引されることもあるそうですよ。

 

お取り寄せできるのか調べてみましたが、通販で取り扱っている販売店は見つけることができませんでした。
楽天市場では長崎県佐世保市のふるさと納税返礼品として購入することができます。

 

 

 

 

 

高級魚チカサキの美味しい食べ方

産卵期を迎えて脂が乗ったチカサキはお刺身が一番!
湯引きをして薄くスライスして食べるのも美味しいそうです。

 

お刺身にしたチカサキのアラはお吸い物にするととっても美味しい出汁が出ます。
塩焼きも絶品と評判です。
他には、煮付け、フライ、ムニエル、お茶漬け、酢漬けと色々楽しめる魚です。

 

まとめ

ブランド高級魚チカサキについてご紹介しました。
チカサキとは小値賀島で獲れたイサキのブランド名で『値賀咲』と書きます。
値段は通常のイサキの倍以上で取引されることもあり、東京では1kgを超えると1匹2,500円を超えることもあるそうです。
長崎県佐世保市のふるさと納税返礼品になっていますので、食べてみたい方は是非どうぞ♪

 

グルメ
スポンサーリンク
来週はきっと晴れ