段ボールのガムテープやシールは剥がさないまま処分しても大丈夫?

段ボール 生活

通販で商品を購入すると同時に発生する段ボール問題。

 

小さな商品でも大きな段ボールで配送されてきて溜まる一方です。

 

この段ボールを処分するときはガムテープや貼ってあるシールは必ず剥がさないといけないのでしょうか?

 

調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

段ボールのシールは剥がす?剥がさない?

段ボールをリサイクルする時は水酸化ナトリウムで紙を溶かします。

 

この時、プラスチックでできているガムテープ類は、除くことができるそうです。

 

また、大きなミキサーで水と混ぜて撹拌し再生紙へリサイクルする場合も水に溶けないシール類は自動で除去するように出来ています。

 

ですので段ボールについているガムテープやシールはわざわざすべてを綺麗に剝がさなくても大丈夫です。

 

ガムテープやシールは、取っていただければ有難いという事で付いていても問題なくリサイクルすることができます。

 

ですが、足立区の段ボール回収の注意点では、「※粘着テープは取り除いてください」と記載があります。

 

お住まいの自治体のHPを確認して注意点があれば必ず従うようにしましょう。

 

一般的に剥がさないとリサイクルの際に迷惑をかけてしまうのが、宅急便などで宛先を書くカーボン式のシールです。

 

これは、黒い粉が溶け出てしまうので、嫌がられるそうですよ。

 

自治体のHPでは「配達伝票は可燃ごみにお出しください。」と書いている地域もあります。

 

住所や名前など個人情報が書かれていますので剥がす方がほとんどだとは思いますが、黒いカーボンの部分も全部剥がしてから捨てましょう。

 

 

段ボールから剥がしたビニールテープは燃えるゴミ?

これは自治体によって扱いが違います。

 

お住まいの自治体のホームページで確認してから捨てましょう。

 

 

段ボールをまとめる便利グッズ

段ボールをまとめる時や回収先まで持っていく時に便利なグッズをご紹介します。

 

■ダンボールストッカー

とりあえずの保管場所も綺麗にストックできます。

 

 

 

 

■段ボールのこぎり

段ボールのこぎりを使うと簡単に切断できます。

 

 

 

 

■ハンディーラップ

段ボールをまとめるのにラップを巻きつけると簡単にまとまります。

段ボール以外にも使えて便利です。

 

 

 

 

■しめしめ

色々なものを簡単に縛れる便利グッズです。

 

小型結束機『しめしめ45Ⅱ』操作説明動画

 

 

まとめ

段ボールに残ったガムテープやシールは剥がせれば剥がしたほうが喜ばれますが、剥がさないまま処分しても大丈夫という事が分かりました。

 

でも配達伝票の黒いカーボンは黒い粉が溶けだして迷惑をかけますので剥がしてから出すようにしましょうね。

 

個人情報の観点からも剥がして出したほうが安心です。

 

コメント