マック冷めた三角チョコパイの温め方 電子レンジやオーブンで何分?

食べ物

マクドナルドの三角チョコパイが期間限定発売の定番スイーツになりましたね。

 

CMが流れると食べたくなる方も多いのではないでしょうか?

 

温かくて美味しい三角チョコパイですが、テイクアウトにすると冷めてしまいます。

 

冷めてしまったマクドナルドの三角チョコパイは電子レンジやトースターで温めると家でも美味しく食べられるんですよ!

 

自宅でも温かい三角チョコパイを食べたい!

 

という事で冷めた三角チョコパイの温め方を調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

冷めたマック三角チョコパイの温め方 電子レンジ

マックの三角チョコパイを電子レンジのみで温める時は

 

500w~600wで20秒程度

 

温めると中のチョコが熱くなって美味しくなります。

 

ただパイの表面のパリパリ感がなくなりふにゃっとした感じになってしまうのと、少し時間が経つとパイが硬くなっていくのが難点です。

 

 

冷めたマック三角チョコパイの温め方 トースター

三角チョコパイをトースターで温める時は、5分ほどでセットして様子を見ながら取り出してください。

 

そのままトースターで温めてしまうと中身のチョコが温まる前にパイの表面が焦げてしまうので、アルミホイルでくるんでから温めてください。

 

アルミホイルはぴったり包まずふんわりかければ大丈夫です。

 

パイを焦がすことなく中身のチョコが熱くなり美味しく食べることができます。

 

温めると油が出てきますので、拭き取るとカロリーが抑えられますよ!

 

 

マックの三角チョコパイは冷凍しても美味しい!

マックの三角チョコパイはラップに包んで冷凍するとアイスのようになって違う美味しさを楽しむことができます。

 

冷凍しても美味しいので買いだめする人も多いようですよ♪

 

 

 

マック三角チョコパイのカロリーは?

マックの三角チョコパイってトースターで温め直した時に油が出てきてちょっとオイリーですよね。

 

そこで気になるのがカロリーです。

 

マクドナルド公式サイトには

 

三角チョコパイ(黒):66g/個:343kcal

 

三角チョコパイ(カスタード):72g/個:287kcal

 

とありました。

 

なかなかの高カロリーです!

 

これを消費しようと思ったら、ジョギングや掃除機かけのお掃除を1時間以上しないといけません。

 

 

マック三角チョコパイの太りにくい食べ方

高カロリーのマックの三角チョコパイの太りにくい食べ方は、まず油のカットです。

 

トースターで温めた時に湧き出てくる油をできるだけ拭き取るとそのまま食べるよりもカロリーを抑えられます。

 

後は食べる時間ですね。

 

夜に食べるよりは日中に食べたほうが太りにくいです。

 

一緒に飲むドリンクもコーラや炭酸飲料ではなく無糖の紅茶やお茶にして余分なカロリー摂取を抑えましょう。

 

 

まとめ

マクドナルドの三角チョコパイの温め方をご紹介しました。

 

簡単な温め方は電子レンジで20秒ですが、私のおすすめはアルミホイルに包んでトースターです。

 

少し手間ですが、出来立てのように熱いチョコパイを食べることができますので是非試してみてくださいね♪

 

意外と高カロリーですので食べ過ぎ注意です!

 

 

 

 

コメント