ちまきの竹の皮はダイソーで調達!簡単な下処理方法も紹介

生活

子供の日に向けて中華ちまきを作ろうとして、


「はて?あの竹の皮ってどこで売ってるの?」


って思った方!ご心配なく。


ダイソーに売っていますよ♪


もちろんセリアにもあります。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ちまきの皮の下処理は必要?


竹の皮はかたいので使う前30分~1時間ほど水に浸けておくと柔らかくなります。


急ぐ時はぬるま湯を使うと早く柔らかくなります。


使う時は水分をしっかりふき取ってから使うと包みやすくなります。

 

ちまきの竹の皮が余ったら使い道はある?


ちまきの竹の皮が余ったらおにぎりを包んでお弁当にするといいですよ!


いつものおにぎりがより一層美味しそうに見えます♪

 

 

 

 


またお料理にも大活躍!


竹の皮は丈夫なので包んで焼く、蒸す、煮るとどんな料理にも使えます。


実は立派な調理器具なんですよ♪

 

 

 

 

 

 

ちまきの竹の皮 再利用できる?


ちまきの竹の皮はしっかり洗えばまた使えます。


破れやすいので丁寧に洗ってくださいね。


保存する時はカビが生えないようによく乾かしてから保管してください。

 

 

なぜちまきは竹の皮で巻くの?


竹皮には防腐作用や抗菌作用があります。


また通気性も良いのでちまきのような蒸し料理にも最適なんです。


先人の知恵ですね。

 

 

まとめ


ちまき用の竹の皮は探し回らなくてもダイソーやセリアなど100均にあります。


子供の日あたりになると売り切れになるかもしれませんので、今年のちまきはおうちで手作りしようという方は早めに探してみてくださいね!

 

 

 

コメント