電気つけたまま寝るとゴキブリは出てこないは嘘?明かりは関係ない?

2078389

 

 

夜中に突然現れる黒いヤツ…。


ヒィィ・・・!!!


と固まったまま行方を見守ってそれから怖くて眠れない。


そんな経験をしたあなたに教えるゴキブリ退治の方法をお教えします!

 

スポンサーリンク

ゴキブリが出ない部屋にする方法


ゴキブリは残飯の残ったキッチンやトイレ、ふろ場などの水回り、冷蔵庫の裏のモーター部分などの熱がある箇所を好みます。


またクローゼットなどの細かい隙間にも潜んでいます。


応急措置として電気をつけたまま寝ると出てこなくなると思っている方も多いようですが、ゴキブリは電気の明るさに慣れれば明るい室内を飛び回ることもありますので注意しましょう。


まず、キッチンの残飯は出しっぱなしにせず毎日ビニール袋にいれてきつく口を結んで捨てましょう。


食品の臭いを減らし、できればシンクの水滴もすべてふき取った方が良いです。


ゴミ箱にも注意です。


臭いが発生する生ごみなどは部屋のゴミ箱ではなく台所用の蓋つきのゴミ箱に捨ててください。


お風呂や脱衣所も水分が多くゴキブリが好む場所です。


換気を充分にして濡れたままのタオルやバスマットを放置しないようにしましょう。

 

ゴキブリの駆除方法

噴射式のゴキブリ駆除剤

即座に対応できるゴキブリ退治方法はドラッグストアで購入できるゴキジェットなどのスプレータイプの駆除剤です。


噴射威力が高いので少々離れて場所にも飛び回るゴキブリにも対応できます。


これがなかったらスリッパでたたくことになりますので失敗率も高くなりますし衛生面も良くなく後片付けも・・・嫌ですよね。


スプレータイプの駆除剤はすぐに手に取れる場所に置いておきましょう。

バルサン

ゴキブリは行動範囲が広いのでバルサンを焚くことで隅にいるゴキブリも逃げていきます。


出かける時にしてみるといいですよ。


1年に3回の使用ペースのものが多いです。


ただし集合住宅の方は管理人に事前通知が必要だったり、ガス警報器の場合は管理者への連絡も必要な場合がありますので確認が必要です。


またバルサンの煙が食器につくとやっぱりすべて洗い直ししたくなるので、しっかり片づけるか別の場所に避難させる必要があるので手間がかかります。

ホウ酸団子

手軽に置くならゴキブリホイホイやホウ酸団子がおすすめです。


ホウ酸団子も自分で作ると安くつくれます。

 

【簡単ホウ酸団子の作り方】夏自宅に入る蟻や害虫を駆除しよう!

まとめ

ゴキブリを発見してしまうとその日から長い戦いが始まります。


1匹いたら100匹はいるなんていう話もあります。


100匹は大げさでも数匹は必ず潜んでいると考える方が妥当ですね。


日頃から部屋を清潔にして残飯や部屋での食べこぼしをしっかり掃除してゴキブリが寄ってこない家を目指しましょう。


もし見つけてしまったらゴキジェット、バルサン、ゴキブリホイホイ、ホウ酸団子でしっかり駆除してくださいね。

 

コメント