産後太ったままで戻らない!ピンチを救う方法はあるの!?

.jpg

 

 

妊娠中は自分の大きなお腹が非常に愛おしいものです。

 

それにママは赤ちゃんの分の栄養も取らなきゃいけないので、今まででは考えられない量を食べなきゃいけないですよね。

 

そして迎える出産!

 

赤ちゃんがお腹から出た分痩せるものかと思いきや産後太ったままの自分の体を見て絶望的な気分になったママも多いのではないでしょうか…。

 

産後でも妊娠前の洋服は何も着れなくて、妊婦用のゴムパンをはいちゃうなんて人も多いのでは?

 

今日は産後太ったままの方のダイエットの知識を覚えていきましょう。

 

スポンサーリンク

産後太ったまま…何もしなけりゃ痩せない産後

まず妊娠中の体重の増加は赤ちゃんの大きさそのものだと思っていませんか。

 

妊娠中の体重増加は、子宮・羊水・胎盤・赤ちゃん、そしてお腹の赤ちゃんを育てるための脂肪・妊婦さんのホルモンバランスの変化によって増えた脂肪・水分(むくみ)です。

 

前半の4つは想像できますが、後半の3つはなんだか怖いですね、、、

 

産後に何もしなくても痩せるのは前半4つの分です。

 

逆に後半3つは何かをしないと痩せません。

 

産後で疲れているママ。

 

育児で手一杯なのに、ダイエットなんて、、、と思われるかと思いますが、産後は太ってもいても痩せやすい時期でもあります。

 

少し今の生活を変えるだけで妊娠前の体型、もしくはもっと素敵な体型になれることも。

 

次に手軽なダイエットのやり方を書いていきます。

 

産後は太ったまま? 何よりも骨盤を引き締めることが最優先

産後の骨盤ケアとしてポピュラーなのは「トコちゃんベルト」です。

 

入院中から使用することができて、分娩時に開いてしまった骨盤をベルトを着けるだけで徐々にしめていくことができます。

 

重たくなったお腹を支えるために姿勢が悪くなってしまった方は、このようなベルトを着けると姿勢を治すことも期待できます。

 

悪露が止まるまでは控えた方がいいですが、ママの体調が落ち着いてきたらリフォームインナーなどを使用して姿勢を正しながら骨盤のケアをしていくといいでしょう。

 

リフォームインナーは引き締めるためにきつめにできているものが多いので、くれぐれも無理をしないようにしてください。

 

産後太ったままで自力でのダイエットに不安な方は接骨院などのプロの方に矯正してもらう手もあるようです。

 

産後の開いた骨盤を治すのに効果的なのは、6か月以内で特に3か月以内に始められるといいでしょう。

 

産後は太ったまま? 母乳をあげてると痩せる?

産後は太っていても母乳をあげると約500カロリー消費すると言われています。

 

これは1時間以上ジョギングしているのと同じぐらいの値だと言われています。

 

なぜ母乳をあげるとカロリーを消費するかというと、ママのホルモンの関係にあるのです。

 

母乳というのは不思議なもので、血液の一つであり赤ちゃんが乳首を吸うことでオキシトシンというホルモンが分泌されて母乳が出るのです。

 

だから母乳をあげると疲れるときがあるのですね。

 

産後は太ったまま? 食生活を見直しましょう

母乳育児をするママにとって、質の良い食生活を心がけることは大切なことです。

 

母乳をあげると痩せると前述していますが、だからといって油っぽいものや甘い物ばかり食べていると、消費カロリーより摂取カロリーの方が上回ってしまいます。

 

そうなるともちろん太ったままで痩せることはできませんよね。

 

バランスの良い献立を心がけましょう。

 

とくにたんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維はダイエットにも母乳にもいいとされています。

 

妊娠中とは違って、食べ物の規制もなくなるので栄養のありそうなものをたくさん食べられますね。

 

なるべく冷たいものよりあたたかいものを食べて体を冷やさないようにしてください。

 

調理法にもコツがあって、野菜を炒めるときはまずレンジで加熱したりゆでたりしておくと油をあまり使わずに炒めることができます。

 

油はダイエットの大敵です。

 

油を使った炒め料理より蒸し料理など低カロリーなもののほうがおすすめです。

 

とくに野菜の蒸し料理は栄養価も生で食べるより高くなるのでいいですね。

 

お肉を食べるときは、脂をとるようにして、余計なカロリーを摂取しないようにしましょう。

 

母乳をあげている時期は一日3リットルの水分を摂取する必要があるといわれています。

 

スープやみそ汁など食事の中にうまく組み込むと、そんなにつらくなく摂取することができます。

 

産後は太ったまま? 結局動くと痩せる

まあ当たり前か。という感じですね(笑)

 

1か月検診でお医者さんから回復が順調であるといわれた場合は少しずつ体を動かすようにしましょう。

 

例えば寝る前はゆっくりストレッチをしてみましょう。

 

赤ちゃんが外出できるようになったら、毎日散歩にでかけましょう。

 

はじめのうちは10分程度の散歩なので運動という感じはしませんが、1か月外に出ずに過ごしたママにとって外出はかなり疲れるものです。

 

無理をしないように赤ちゃんと一緒に外気に慣れるようにしてください。

 

最近は首が座った赤ちゃんを抱いたままスクワットをするなんていうエクササイズもあります。

 

赤ちゃんとのスキンシップの一つになると一石二鳥ですね。

 

産後太ったままで戻らない! まとめ

 

産後太ったままの体型はちょっとひどいですよね、、、

 

いくつになってもきれいでありたい女性にとって屈辱ともいえるのではないでしょうか。

 

しかしいきなりダイエットなんてできません。

 

この記事で書いてあるのはどれも簡単なことです。

 

こういった小さいことを少しずつ試してみて、妊娠する前の綺麗な体を取り戻しましょう。

 

コメント