扇風機の異音ブーンやキュルキュルという音の原因は?直し方や修理方法紹介

扇風機 生活

扇風機を使っているとブーンとかキュルキュルという音がし出す時があります。
そのまま使っていると音を気にしているせいもあるのか、異音が大きくなって耳につくので微妙にストレスなんですよね。
この異音はなんとかしたいところ!
という事で扇風機の異音ブーンやキュルキュルという音の原因と直し方や修理方法をまとめました。
扇風機の異音も「ブーン」という低い音と「キュルキュル」という高めの音の原因は違うんですよ。
扇風機の異音でお困りの方は参考にしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

扇風機の異音ブーンの原因と直し方や修理方法

扇風機の異音ブーンの原因 埃

まず、ブーンという低めの異音の場合は、故障ではない可能性が高いです。
ブーンという音は扇風機が風を切る音で、羽根に風が当たるとどうしても発生する音なんです。
でも去年より明らかに音が大きいと感じる場合は、羽根や中心部分に埃が溜まっているかもしれないので埃を拭き取ってみてください。

 

扇風機の異音ブーンの原因 モーターの振動音

埃を掃除してもブーンという異音がおさまらない時はモーターの振動音なのかもしれません。
床が硬いと音が響きやすいので、バスタオルなど柔らかいものを敷いて音が小さくなるか確認してみてください。
バスタオルを敷いてモーター音がおさまった時は、そのままだと見栄えが悪いので静音シートを敷くと良いですよ。

 

 

 

 

扇風機の異音キュルキュルの原因と直し方や修理方法

扇風機の異音キュルキュルの原因 ネジの緩み

まずキュルキュルという異音の場合はネジが緩んでいないか確認してみてください。
ネジなどが緩んでいると上手く固定できず異音がする場合があります。
扇風機の羽を固定するネジや、網の部分を留めるネジの部分をしっかり確認しましょう。

 

扇風機の異音キュルキュルの原因 グリス切れ

ネジがしっかり留まっているのにキュルキュルという異音がする場合に考えられるのは、軸受けのグリス切れです。
油が切れると部品同士が擦れあうのでキュルキュルという異音がする場合があります。
グリスが切れている場合は、本体の軸の部分や羽根の元の部品にオイルを差すと音が軽減することがあります。
グリススプレーはホームセンターで買うことができます。
油のさし方を誤ると事故や発火の恐れもあります。
油をさす場合は取扱説明書を良く読んでから行ってください。
心配な方は業者さんにお願いしましょう。

 

 

扇風機の異音キュルキュルの原因 ベアリングの摩耗

ネジの緩みでもグリス切れでもない場合は、羽の軸受けのベアリングが減っている可能性があります。
ベアリングの摩耗は素人が直したりしない方が良いので、メーカーさんや修理業者さんに修理をお願いしましょう。

 

 

まとめ

扇風機の異音ブーンやキュルキュルという音の原因と直し方や修理方ご紹介しました。
ブーンという異音の原因は、埃かモーターの振動音が考えられます。
羽根についた埃をお掃除したり、振動音の場合は防音のマットを敷くと異音が軽減されるかもしれません。
キュルキュルという異音の原因は、ネジの緩み・グリス切れ・ベアリングの消耗が考えられます。
ネジはしっかり締まっているか確認してみてください。
グリス切れの場合は、素人が修理しようと油をさすと発火してしまう恐れもありますので、自分でする時は取扱説明書を良く読んでから行ってくださいね。
心配な方はメーカーに問い合わせて修理に出すか、買い替えを検討した方が良いと思います。
扇風機は夏の間大活躍してくれる家電ですので、消耗も早いです。
こまめにお掃除をすることで寿命も長くなりますよ♪

 

コメント