鏡の拭き跡を残さない!簡単3ステップでピカピカに仕上げる方法

掃除

1155870_s

 

 

洗面所や姿見鏡の掃除ってどうやっていますか?


水拭きすると拭き跡が残るし、後から拭き跡を消そうと思ってもゴシゴシこすらないとなかなか綺麗に消えてくれなくて大変ですよね。


でも鏡の拭き跡って案外簡単になくす方法があるんですよ。


今回は鏡の拭き跡が残らない掃除方法と手軽に綺麗に保つお掃除方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

鏡掃除 表面の汚れは濡れた新聞紙


鏡掃除には雑巾よりも新聞紙がおすすめです。


新聞紙をくしゃくしゃっと丸めて軽く濡らしたもので鏡を拭くだけです。


新聞紙は表面の埃だけでなく皮脂や手あかを取ってくれるのでぞうきんよりも綺麗になりますよ。


手あかや歯磨き粉の飛び散り程度の汚れなら洗剤を使わなくても大丈夫です。

 

鏡掃除 汚れをつきにくくするのは柔軟剤


新聞紙で表面の汚れを取り除いたら仕上げの空拭きの前に汚れをつきにくくする一手間を加えておきましょう。


それは衣類の柔軟剤!


衣類の柔軟剤には静電気の発生を抑える働きがあるのでほこりが付きにくい鏡になります。


量はほんの少しで大丈夫!


柔軟剤小さじ1杯程度を水200mlに混ぜたものを雑巾で鏡表面に塗るだけです。


リンスにも静電気防止があるので同様の効果が期待できますよ。


ここで大事なポイント!


この時は新聞紙ではなく普通の雑巾やウエスを使ってください。


破れてしまったストッキングを使ってもOKです。

 

鏡掃除 仕上げはマイクロファイバークロス


新聞紙で表面の汚れを綺麗に取り除いたら次は仕上げの空拭きです。


鏡掃除の仕上げを普通の雑巾やウエスでやっていませんか?


普通の雑巾で鏡掃除をするとほこりを拭き残ししてしまい綺麗に仕上がりません。


そこで使うと良い雑巾がマイクロファイバークロスです。


マイクロファイバークロスは雑巾よりも細かい化学繊維でできていてほこりを残さないので本当に綺麗に仕上がります。


仕上げまでの鏡掃除は新聞紙や普通の濡れぞうきんで構いませんが、仕上げは乾いたマイクロファイバークロスが断然おすすめです。


100均にもありますし通販でも安く購入できますよ。


マイクロファイバークロスが手に入らない時はキッチンペーパーで拭き上げても拭き跡はなくなります。

 

 

「汚れ落ち・吸水性」に特化した業務用マイクロファイバークロスだとお掃除も楽に♪

 


 

 

 

まとめ


洗面所や姿見鏡は浴室内の鏡と違って落ちやすい汚れですよね。


でも表面に埃が付きやすく気になりがちです。


柔軟剤やリンスを表面に塗って静電気の発生を抑えると埃の付き方が少なくなるのでぜひ試してくださいね。

 

 

 

コメント