抜けた歯を枕の下に入れて寝るとお金にかわる!?

乳歯

 

 

子供の頃、乳歯が抜けたらその歯をどうしましたか?

 

日本で多い慣習は下の歯が抜けたら屋根の上に投げ、上の歯が抜けたら縁の下に投げ入れるというものですね。

 

小学生の娘がクラスのお友達から聞いてきたのが

 

「抜けた歯を枕の下に入れて寝ると100円に変わる」

 

という話。

 

聞いたこともなかったので調べてみると、これはアメリカの慣習でした。

 

抜けた歯を枕の下に入れて寝ると歯の妖精(Tooth Fairy)がやってきてコインと交換してくれるのだそうです。

 

これを知っているお友達のご両親が日本式に100円玉を枕の下に入れてくれたんでしょうね。

 

スポンサーリンク

抜けた乳歯 日本の慣習

 

日本で多い慣習は下の歯が抜けたら屋根の上に投げ、上の歯が抜けたら縁の下に投げ入れるというものですね。

 

「上の永久歯は下に向かって、下の永久歯は上に向かってすくすく育つように」という願いが込められています。

 

ネズミの歯のように強くなーれ!

 

ネズミさん、丈夫な歯をください!

 

ネズミの歯と変ーわれ!

 

鬼の歯と取っ替えて~!

 

雀の歯と換えましょう!

 

雀の歯と換えましょう!

 

など呪文のようなものを唱えながら投げる地域もあるそうですよ。

 

抜けた乳歯 海外の慣習

 

アメリカの慣習は前述したとおり歯の妖精がお金と交換してくれるというもの。

 

このアメリカの歯の妖精は、きれいな乳歯しか持って行ってくれないらしく、むし歯予防効果もあるようです。

 

スペインやアルゼンチンなどは妖精ではなくネズミがお金に換えてくれるそうです。

 

カナダ、イギリスなどは抜けた歯を枕の下に置くとネズミやウサギがプレゼントと交換してくれるという話もあります。

 

ロシアやアフガニスタンでは、ネズミのような丈夫な歯が生えるようにと願ってネズミの巣穴に落とすそうです。

 

ネズミの巣ってどうやって見つけるんでしょうね。

 

ベトナム・中国は、上の歯を屋根、下の歯を地面に投げます。

 

日本とは逆ですね。

 

上下どちらの歯でも屋根に投げる国もたくさんあるようです。

 

チリでは母親がイヤリングやネックレスに作り直したりもするそうです。

 

抜けた乳歯の保存方法

 

日本の古き良き慣習も最近では住宅事情で出来ない方も多いですよね。

 

昔は放り投げた乳歯も今では大切に取っておくご両親も多いようです。

 

どうせ取っておくならただの瓶に入れておくんじゃどこの歯だったか分からなくなるので、

専用の箱で保管してみてはいかがでしょうか?

 

将来子供と思い出話をしながら一緒に見直したりできれば嬉しいですね。

 

 


 

 

 


 

 

 

コメント