赤ちゃんとぬいぐるみ一緒に寝るのはダメ!? 理由と我が家の解決策

.jpg

 

 

赤ちゃんのベッドの上にたくさんのぬいぐるみを置いて一緒に寝るのは、夢のようなものですよね。

 

妊娠が発覚すると、これから生まれてくる我が子を思いながらかわいいぬいぐるみを見つけるとついつい買ってしまったり。

 

そんなぬいぐるみに囲まれながら一緒に寝る我が子を想像するとこちらまで幸せな気持ちになります。

 

ですが、実は赤ちゃんがぬいぐるみと一緒に寝るのはダメ!

 

とても危険なことなのです。

 

我が子を思って買ったぬいぐるみが、我が子を危険にさらすなんて、、、考えたくありませんが、実際に事故も起こっています。

 

今日はぬいぐるみと赤ちゃんが一緒に寝るのがダメな理由を書いていきます。

 

スポンサーリンク

ぬいぐるみと一緒に寝るとなぜダメなの?

 

小さいうちからぬいぐるみと一緒に寝るようにしつけていたら、ママがいなくても自然と寝られるようになり寝かしつけが楽になるという話はよく聞きますよね。

 

私も幼いころお気に入りのぬいぐるみがあって、それを横に並べて一緒に寝ていました。

 

しかし、最近このぬいぐるみが赤ちゃんを窒息死に招いてしまうケースがあり、注意するよう呼びかけられているのをご存知でしょうか。

 

赤ちゃんが寝ているそばに、ビニールや紐を置かないことはもはや常識ですが、ぬいぐるみも同じように危険があるのです。

 

寝返りをするようになると近くにあったぬいぐるみが赤ちゃんの鼻や口をふさいでしまい息ができなくなり、結果窒息につながってしまうことがあるのです。

 

特にぬいぐるみで赤ちゃんの寝床を囲んで一緒に寝かせている方は注意するようにしましょう。

 

赤ちゃんの寝床にぬいぐるみは置きすぎず、普段から窒息を予防できるようなことはしておくようにしましょう。

 

ぬいぐるみと一緒に寝るのはダメ? ぬいぐるみに潜む危険とは

 

ぬいぐるみは布団とおなじぐらいダニやハウスダストが繁殖しやすいものです。

 

ぬいぐるみが原因で喘息やアレルギーを発症してしまうなんてことも。

 

ママとしてはなんとも避けたいことですよね。

 

でもぬいぐるみは布団と違ってすぐに洗濯できないし。

 

そのまんま放っておくと、赤ちゃんの体に悪い影響を与えてしまいます。

 

ぬいぐるみと一緒に寝るのはダメ?でもぬいぐるみにはメリットもいっぱい

 

ぬいぐるみの悪いところばかり指摘してしまいましたが、ぬいぐるみは昔から赤ちゃんのおもちゃとして使われてきたことだけあって、いいこともいっぱいあります。

 

種類も豊富なので個性を大事にすることができますし、男女隔てなく遊べるのもいいですよね。

 

また知育玩具として赤ちゃんの発育にいい影響を与えます。

 

動くぬいぐるみもありますがこれは音や声が赤ちゃんの聴覚を刺激してくれます。

 

変わった形をしたぬいぐるみは赤ちゃんに楽しく触覚を感じさせることができるのです。

 

赤ちゃんとぬいぐるみを一緒に寝かす方法はある?

 

ぬいぐるみの良くない点を聞いても、メリットもあるし、やっぱり寝かしつけが楽になるのはうれしいし、、、と考えますよね。

 

これから私のやっていた解決法をご紹介します。

 

まずはぬいぐるみによる赤ちゃんの窒息死を防ぐ方法です。

 

赤ちゃんが寝るまではぬいぐるみと一緒に寝かせます。

 

そして赤ちゃんが寝たらそのぬいぐるみを移動させましょう。

 

寝返りをうつようになったら離してしまいましょう。

 

重さもできるだけ軽く、小さめなものを選び、赤ちゃんが万が一ぬいぐるみとぶつかってしまっても自力でどかすことのできる大きさにしましょう。

 

 

 

お部屋にも危険がいっぱい!ちゃんと対策できていますか?

赤ちゃんが寝返りするようになったら考えよう。部屋作りのコツとは?

 

 

 

 

ダニやハウスダストについてですが、いくつか実践してみてほしいことがあります。

 

まずエマールなどの生地にも気を使った洗剤をつかって洗ってみましょう。

 

洗濯機に抵抗がある方は手洗いでも構いません。

 

乾かし方はタオルで水気をとって、そのあとは洗濯ばさみなどでつるしてしっかりと乾かすようにしてください。

 

ぬいぐるみを黒い色をした入れ物にいれて天日干ししましょう。

 

入れ物というのはビニール袋等で構いません。

 

ダニは50°の温度に20分以上当てないと死にません。

 

つまり普通に天日干しするだけじゃ足りないのです。

 

布団同様、布団乾燥機を使いましょう。

 

乾燥機にいれてしまうのもいいですね。

 

ダニは乾燥しているところより湿っているところを好みます。

 

ぬいぐるみを長時間乾燥させることでダニを死滅することができます。

 

ただし、ぬいぐるみによっては原型を保てないものもあるので気を付けましょう。

 

不安な場合はクリーニング屋さんに出してみましょう。

 

プロはやはりプロです。

 

洗いにくいぬいぐるみはお願いしてみましょう。

 

そしてなによりもふわふわのぬいぐるみよりも布製のぬいぐるみの方が洗いやすいです。

 

衛生面を考えてできるだけ布製のぬいぐるみを選ぶようにしてみてください。

 

赤ちゃんとぬいぐるみ一緒に寝るのはダメ!?  まとめ

 

赤ちゃんとぬいぐるみは一緒に寝るのが絶対ダメというわけではないですね。

 

赤ちゃんの命や健康を守るのはママのお仕事です。

 

ぬいぐるみと一緒に寝るにはいくつかのことを気を付けるようにしましょう。

 

 

コメント