部屋にいる蚊の寿命は何日くらい?家の中と車の中でどれくらい生きる?

生活

蚊が発生する季節になってきましたね。
部屋に蚊がいると安心して過ごせないので、ホント困ったもんです。
日本には蚊が100種類ほどいて、そのうちの30種類ほどが血を吸うんですよ。
この憎き蚊の寿命はどれくらいか知っていますか?
家の中と車の中で蚊がどれくらい生きているものなのか寿命が気になったので調べてみました。

 

スポンサーリンク

部屋(家の中)にいる蚊の寿命は何日くらい?

蚊

 

蚊が意気揚々と動き回る気温は15~30℃です。
日本では早いところですと3月から11月くらいとかなり長い間蚊とともに生活しているんですね。
日本には100種類以上の蚊がいて、それぞれ寿命が異なるんですが、私たちがよく血を吸われてかゆくなる蚊が

 

アカイエカ←夜耳元でブーンと気になるインドアな蚊
ヒトスジシマカ(ヤブ蚊)←アウトドア志向の蚊
チカイエカ
ヤマトヤブカ
オオクロヤブカ

 

あたりです。

 

蚊の寿命ですが、卵から成虫になるまでが20日間くらいとして、
この15~30℃という絶好調な時の成虫の寿命は、

 

オス:約10日ほど
メス:約1~2か月

 

程度だと言われています。

オスは孵化した後数日で力尽きることもあるんですよ。
一方メスは数回産卵するのでオスよりも長く生きます。
日本の血を吸うのはメスの蚊なので、メスの寿命が短い方が良いんですけどね。

 

秋に終わりに生まれてうまい事越冬すると、半年も生きてしまう蚊もいるそうです。
部屋の中は温度変化も少なく真夏でも蚊にとっては心地よい気温なので、パシッとされない限り割と長く生きるんですね。

 

ただ餌の問題があります。
メスの蚊は人間の血を吸うので生きることができますが、オスの蚊の食料は花や果物の蜜などですので部屋の中だと食べ物がなくさらに短命になる傾向があります。

 

車の中にいる蚊の寿命は何日くらい?

蚊が車の中にいる場合。
運転中にチクッとされたら蚊が気になって仕方ないですよね。

 

 

蚊に刺されても冷静に
安全運転でお願いしますね!

 

 

前述したように蚊にとって居心地の良い温度は15~30℃です。
春と秋は良いとして真夏の車の中の温度は40~50℃に達することもあります。
ただ気温が高いから寿命が短くなるとは考えにくく、

 

オス:約10日ほど
メス:約1~2か月

 

には変わりはありません。

 

ただ40℃を超えると活動が鈍ってくるようです。
インドでは気温が40℃を超えると蚊が出なくなると言いますし、日本でも35℃を超えると蚊を見なくなるなんて話題にもなりましたよね。
ただ真昼の高温な時間には活動できなくても、朝晩の比較的涼しい時間は活動を再開しますので、しっかりと蚊に刺されないように気を付けましょう。

 

 

家の中に蚊を侵入させない対策

 

部屋の中に蚊を入れないようにする方法をご紹介します。
蚊が好む人の特徴は、

 

・黒い服(濃い色の服)を着ている
・やや汗かきな人(ものすごい汗かきな人は体温が下がるので蚊は好みません)
・色黒の人
・体脂肪の高い人

 

こんな方の洋服にこっそり張り付いたまま部屋に侵入してくる場合が多いです。

 

蚊に刺されないためにすぐに出来ることは、淡い色の洋服を着る事ですね。
ぴたっとした格好だと針が貫通して刺されますので、ややふんわりした洋服が良いです。

 

そして家に着く少し前で洋服をしっかりはたきます。
蚊は洋服についていることも多くそのまま家に一緒に入ってしまう事が多いんです。
ですので、家の手前でしっかり洋服をはたき、できれば蚊がついてこないように

 

 

部屋までダッシュ!

 

 

これが部屋に蚊を入れない方法です^^

 

まとめ

部屋(家の中)にいる蚊と車の中にいる蚊の寿命についてまとめました。
部屋の中でも車の中でも蚊の寿命は、オスが約10日ほど、メスが約1~2か月ほどです。
真夏の高温の車の中では蚊の活動は鈍くなりますが、夕方になって涼しくなってくるとまた活動を始めます。
蚊を部屋に入れないようにするには家までダッシュ!
扉の開け閉めもなるべくすばやくしてくださいね。

コメント