【女性の引越】ニトリでダンボールはもらえる?扱いやすいサイズは?

生活

1人暮らしの女性の引っ越しって全部自分で準備しないといけないですよね。

 

多くの引っ越し業者さんは安い引っ越しパックでも段ボールを数枚はセットでつけてくれていますが、思った以上に荷物が多かったりして足りなくなった場合もあると思いますが買う必要はありません!

 

引越用の段ボールをお金を出して買うなんてもったいないです。

 

多くの店舗では段ボールを無料でくれるところがあります。

 

ニトリでダンボールはもらえるのか?

 

ダンボールを無料でもらえるお店はどこなのか?

 

を調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

ニトリでダンボールはもらえる?

大小さまざまなダンボールがありそうなニトリですが、ダンボールをくれるかどうかは店舗によります。

 

お近くの店舗に電話をして確認すると無駄足を踏まずにすみますよ。

 

ニトリ店舗一覧

 

 

女性が扱いやすい段ボールのサイズは?

引越

 

私の経験上、女性が扱いやすい段ボールのサイズはミカン箱サイズの段ボールです。

 

でも実際にはミカン箱サイズというのはJAによっても異なるため、目安は大中小の中サイズです。

 

荷物を詰めやすいし持ちやすい、そして最終的に捨てやすいのが理由です。

 

引っ越し業者さんに頼んではいても、荷造りをして部屋の隅に積み上げたり新居で荷解きするのに段ボールを移動させたりするのは自分なのであまり重くしない方が扱いやすいです。

 

では一番重宝する中サイズの段ボールを無料でもらえそうなお店はどこなんでしょうか?

 

 

中サイズの段ボールを無料でもらえる場所

スーパーマーケット

一番もらいやすいのが大型のスーパーマーケットです。

 

もうレジ付近にご自由にどうぞ、の無料段ボールを置いてくれている店舗があります。

 

皆さん買い物袋代わりに商品を詰めて帰るので、ミカン箱サイズは人気で品薄かもしれませんが見つけたらラッキーです。

 

スーパーに置いてある段ボールは野菜が入っていたりしたものは中身が汚れている場合もありますので注意してくださいね。

 

私は荷造りする前に念のため殺虫剤を軽くスプレーして1日干し、新聞紙を1枚敷いてから中身を詰めるようにしました。

 

 

ドラッグストアやホームセンターなど

綺麗な段ボールが手に入りやすいのがドラッグストアやホームセンターです。

 

でも商品が軽い場合は強度の弱い段ボールもありますので、それは選んではいけません。

 

引越用の段ボールは強度が大切!

 

ペットボトルの水やジュース用段ボールのようなサイズと強度が理想です。

 

ここも無料でくれる店舗とくれない店舗などありますので問い合わせてみることをおすすめします。

 

 

段ボールの恥ずかしくないもらい方

1人で段ボールをもらいにいくのってちょっと恥ずかしいですよね。

 

私は恥ずかしかったので、まず近くの店舗に電話をして問い合わせをしました。

 

直接店員さんに聞くのも恥ずかしかったし、店員さんも不意打ちに段ボールの事を聞かれても困るかな?と思ったからです。

 

電話だと断られても恥ずかしくないですし、もしもらえる場合は欲しい段ボールのサイズと枚数をあらかじめ伝えておけばスムーズです。

 

段ボールゴミ回収の前に取っておいてもらえますし先方が忙しくない時間に取りに行くこともできますので、事前の電話確認をおすすめします。

 

 

女性が扱いやすい段ボールの詰め方

中サイズの段ボールの詰め方

荷造りする時は食器なら食器だけ洋服なら洋服だけ、と同じ種類の荷物だけを詰めがちですが、食器と洋服類を一緒にすると割れにくいのでお勧めです。

 

素人の荷造りでは食器だけにすると案外割れやすく、小さい段ボールにしても結構重くなってしまいます。

 

食器は大きいお皿なら1~2枚、小さいものなら数枚づつラップにくるんで用意します。

 

それを洋服やタオル類の間に挟み込んで詰めると割れにくいですし、重さもちょうどよくなりますよ。

 

ラップは100均で売っている安いものでOKです。

 

新居ではラップを取ってすぐに使えますのでとても便利です。

 

割れ物だけは荷解きする時に注意してくださいね。

 

 

大きいサイズの段ボールの詰め方

引越は本当に疲れますので、大きなサイズの段ボールは洋服やクッションなどを詰めて極力軽くしておくことをお勧めします。

 

本などもまとめると小さい段ボールでも重くなるので、洋服などを詰めた大きい段ボールに数冊づつ詰めるとあまり重くならず扱いやすいです。

 

調子にのって荷物を詰めすぎると本当に運ぶときに嫌になりますので、段ボールの重さは均等に負担のない重さに調節しましょう。

 

 

段ボールは小物や軽いものでしっかり詰める

段ボールは重ねて運ぶのでしっかり詰めていないと、上に重ねた段ボールの重みでへこんでしまいます。

 

運んでいる最中にへこんでしまった段ボールは新居では積み重ねられないので、床に置かなければいけなくなり床が荷物で占領されてしまいます。

 

隙間は小物や洋服などでなんとか工夫して段ボール上部までしっかりと荷物を詰めてから蓋をしましょう。

 

 

まとめ

ニトリや他の無料で段ボールをくれる店舗のご紹介と女性でも扱いやすい荷造りのポイントをご紹介しました。

 

どのお店に取りに行く場合でも事前に電話で確認しておくと業者さんが段ボールを持っていく前に取っておいてくれます。

 

直接突然訪ねていって怪訝な顔で対応される心配もないのでぜひ事前に電話をしてからもらいに行ってくださいね!

 

 

 

コメント