千葉県いすみ市で波の伊八の彫刻を見るなら飯縄寺!アクセスと見どころ

地域

「波を彫らせたら天下一」と称された名彫刻師「波の伊八」の晩年の最高傑作が鑑賞できる飯縄寺(いづなでら)。


別名「天狗」の寺と呼ばれています。


葛飾北斎やゴッホに影響を与えたと言われる飯縄寺の波の伊八の彫刻の見どころをまとめました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

波の伊八の彫刻 飯縄寺のアクセス


住所:千葉県いすみ市岬町和泉2935-1


電話:0470-87-3534‎


拝観時間:10:00~16:00

 

 

 

 

 

 

波の伊八の彫刻 飯縄寺の見どころ


波の伊八の最高傑作と言われているのが、縦1m横4mのケヤキの一枚板で作られた「牛若丸と大天狗」。

 

 

 

 


欄間正面にあります。


立体感のある今にも動き出しそうな迫力のある彫刻です。


ケヤキの木目まで計算して彫られているんだそうです。


両脇 には「波と飛龍」、本堂向拝には「龍」が彫られています。

 

 

 

 

素晴らしい3Dの細かな彫刻技術に皆さん圧倒されています。

 

 

 

 

まとめ


江戸時代の建造物である飯縄寺は建物自体が貴重です。


別名「天狗の寺」と言われていて、波の伊八の彫刻以外にも天狗の彫刻があります。


仁王門には波乗りをしている天狗が彫られているので是非隅々まで見学してくださいね!