ホテルのタオルの持ち帰りは請求される?持ち帰りOKのアメニティは?

生活

ホテルや旅館に置いてあるフェイスタオルや備品類って持って帰りますか?


あまり欲張って持って帰っていると、それ犯罪になってしまうかも!


ホテルから請求が来る可能性もあります。


ホテルの備品やアメニティで持って帰っても良いものと悪いものをまとめました。

 

スポンサーリンク

ホテルのタオルは持ち帰りOK?


ホテルでタオル掛けにかけてあるフェイスタオルやバスタオルは備品ですので、持ち帰りしてはいけません。


持って帰っても問題がないタオルは、旅館で用意されている個別包装された薄手のタオルです。


新聞屋さんがくれるような感じのタオルがありますよね。


持って帰っていいのはそのタオルだけです。

 

 

ホテルのアメニティは持ち帰りOK?


基本的に個包装されて洗面所に用意されているアメニティは持ち帰りOKです。


歯ブラシ
くし
カミソリ
ヘアキャップ
綿棒
コットン
シャンプーリンス
スポンジ
ヘアクリップ
固形石鹸
女性用などに用意されているアメニティの入った巾着


など色々とありますね。


洗面所にあるコップやドライヤー、懐中電灯などは備品ですので持って帰ってはいけません。

 

客室内に用意されているお迎え用のお菓子やコーヒー・お茶、ボールペンも持ち帰って大丈夫です。


ペットボトルの水が常温で置いてある時は持ち帰りOKなことも多いです。


フロントで持ち帰りOKのアナウンスがあるか注意書きで無償となっているか確認しましょう。


冷蔵庫内で冷えているドリンク類は基本的に有料です。


無料の場合は必ずフロントでアナウンスがあるか無料の表示があると思います。


分からない場合はフロントに確認しましょうね。

 

 

持ち帰りNGな備品を持って帰ったらどうなる?


法律上は窃盗となり立派な犯罪となります。


ただタオル1枚くらいではホテルから請求が来ることは稀でしょう。


ホテル側もチッと思っても黙認することが多いと思います。


しかしあまりにも持ち帰りが多いと盗難扱いとなり電話がかかってきたり請求されたりします。


個別包装以外のものは持ち帰らないようにしましょう。

 

 

日常生活でのホテルのアメニティの使い方


いくつあっても良い歯ブラシは会社用として便利です。


数回は十分歯磨きできます。

 

お客さん用で置いている方もいますね。


硬すぎる歯ブラシはお掃除用としてサッシや細かい場所、溝掃除に使えます。

 

個別包装されたタオルは温泉に行くときに使えます。


ドライブの帰りに急に温泉に入って帰ろうと思った時でも車にいれておけばタオルを買わずにすみますね。

 

スリッパは自宅はもちろん、新幹線やフェリーの中で履き替えたり飛行機の機内で履くのに使えます。


長時間の移動時は靴を脱いでスリッパに履き替えるとホッとしてリラックスできますよね。


汚れたらすぐ捨てれるし、旅先でも捨てて帰れるのでスリッパはかなり重宝します。


ヘアキャップはトリートメントをする時に便利です。


ヘアキャップの意外な使い道として、どなたか忘れましたが芸能人が埃避けの「ラップ」としてお皿にかぶせるといった方がいましたよ。


電子レンジには使えませんのでご注意くださいね。

 

アジアなどをバックパックで安く旅行する方は、ホテルは石鹼しか置いていない、なんてこともありますよね。


そんな時用に小さなボトルに入ったシャンプーやリンスも便利です。

 

 

アメニティ有料化の流れ


プラステック新法案の流れで、ホテルのアメニティも有料化になりそうです。


2021年3月現在まだ具体的な指針は発表されてはいませんが、レジ袋が有料化になったようにホテルのアメニティも有料化しそうです。


今後の動向に注目ですね。

 

 

まとめ


持って帰ってもいいタオルは旅館に置いてある個包装されたタオルだけです。


ホテルのフェイスタオルやバスタオルは備品なので、持って帰るとホテルから請求されても文句は言えません。


楽しい旅の後にホテルから請求がきたら旅の思い出が台無しになりますよ。


常識を持った行動をしましょう。


欲張ってすべてのアメニティを持って帰っても意外と使わないものって多くないですか?


使わないアメニティが家に埋もれている、となるとそれも置き場所がもったいないですね。


必要以上に持って帰るのではなく、自分が使う分だけアメニティを持って帰って上手に利用しましょうね。

 

 

 

コメント