網戸にも使える虫除けスプレーを簡単手作り!おすすめのガラス容器

1534587_m

 

 

 

夏がくると気になるのが、そう、やっかいな虫たちですね。

 

光に集まりやすい虫も多いし、家の網戸や街灯などにペタっと張り付いていることも…

 

虫除けスプレーはいわば夏の必須アイテムですが、市販のものは香りが好みではないものもあると思います。

 

そんな時は手作りの虫よけスプレーを作ってみましょう。

 

網戸にシュッと吹きかけておくと虫除け効果が期待できます。

 

スポンサーリンク

虫除けスプレー 材料

一般的な材料として必要なものは4つです。

 

  • 精油(アロマオイル) 50~60滴
  • 無水エタノール 20ml
  • 精製水 180ml
  • スプレー容器

 

さらに、あると便利なのが計量カップです。

 

無水エタノールや精製水の量をはかるので、持っていれば作業の効率がUPします。

 

虫除けにおすすめの精油(アロマオイル)ですが、天然成分のものがおススメです。

 

例えば、

・シトロネア

・ユーカリ

・ゼラニウム

・レモングラス

・ハッカ油

 

などが一般的です。

 

一つだけを使うのもいいのですが、好みで複数の精油をブレンドして使っても大丈夫です。

 

 


 

 

 

無水エタノールは消毒用のエタノールで代替ができるし、精製水に関しても、手に入りにくい場合は水道水でも可能です。

 

 


 

 

 

虫除けスプレー 作り方

一番簡単な虫除けスプレーの作り方です。

 

  • 使いたいアロマオイルと無水エタノールを容器に入れてよく混ぜ合わせる
  • 混ぜ終わったら精製水を入れて全体的によく合わせる

 

これだけでOKなので、時間もあまりかかりませんし、好みの香りで虫よけスプレーが作れるし、コスパもいいとなれば一石三鳥!

 

また、一回で作る分量は、1週間~10日ほどで使い切る量にしましょう。

 

細かい手順としては、

 

  • 無水エタノールにハッカ油を数滴ずつ投入する

 

多く入れてしまうと、ハッカ油の香りが強くなりすぎてしまって、自分好みに作れなくなってしまうこともあるので、要注意。

 

  • しっかりと混ぜ合わせる

 

水と油なので、分離しないようにしっかり混ぜましょう。

 

ポイントは、シッカリと混ぜ合わせる!です。

 

虫除けスプレー 手作りするときの注意点

ハッカ油(アロマオイル)の分量

アロマオイルやハッカ油は、基本的に自分の好みで加減しましょう。

 

お料理の味付けと一緒で、薄め→濃い目にする方が、材料の無駄にもなりませんし、

失敗が少なくて済む方法です。

 

スプレーボトルの素材

基本的に使うボトルは何でもいいのですが、『ハッカ油』を使って虫除けスプレーを作るときは、ポリスチレン製(ポリマー樹脂)のボトルは避けましょう。

 

理由は、ハッカ油がポリマー樹脂を溶かす性質のものだから!!

 

また、ポリスチレン製(ポリマー性)のボトルは『RS』という表記になっているので、表示を確認してから購入しましょう。

 

気になる方は、『ガラス製』のスプレーボトルがおススメです。

 

 


 

 

香りや刺激などを確認する

アロマオイルと無水エタノールを混ぜ、精製水を加えますが、その時にシッカリと香りとどのくらいの刺激があるのかを確認しながらアロマオイルを加減しましょう。

 

少なすぎても虫除けの効果は薄くなってしまいますし、刺激が強すぎると、子どもに使えなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

 

アレルギーが出たりアロマオイルが肌に合わない場合はすぐに使用を中止してください。

 

手作り虫除けスプレーメリット・デメリット

虫よけスプレーを手作りするときのメリットとデメリットをお話しします。

 

・天然素材に由来する材料を使うので、肌トラブルを抑えられる

 

市販されている虫よけスプレーには、化学薬品やその成分が含まれていることがあり、商品によっては肌トラブルが出てしまうこともあります。

 

手作りすることで、使用する成分を自分で把握することができるので、肌のトラブルを抑えたり、回避したりすることができます。

 

・市販の虫よけが使えない年齢の小さい子にも使える

 

市販されている商品の中には、年齢制限を設けているものも少なくありません。

 

買ってみたけど、よく見たら使える年齢じゃなかった!なんていうことも手作りすることで回避することができます。

 

・好きな香りで虫よけができる

 

これは、はっきり言って手作りならではの『最高のメリット』だと思います。

 

・コストを抑えられる

 

手作りする場合、最初に揃える材料がありますが、1回で使い切る量はないので、

1回揃えることで複数回作れるので、かなりコスパがいいと思います。

 

作る手間はそんなにないので、ここに重点を置いてもいいのではないでしょうか。

 

手作り虫除けスプレー 他の使い道・使い方

 

今までは、『虫除け』にポイントを置いてお話ししましたが、じつは使用方法はかなり多いのです。

 

室内の消臭

アロマオイルやハッカ油を使っているので、虫除け効果だけではなく室内の消臭効果も期待できます。

 

網戸に吹きかけて防虫                                 

先に吹きかけておくことで、虫除けの意味も込めて吹き付けておくと、風が入ったりするときにいい香りが入るのでリラックス効果も出ますよ。

 

服の消臭&虫除け

着る洋服に吹き付けてからお出かけすると、虫除け&消臭にも効果が期待できるので、おススメです。

 

 

手作り虫除けスプレーのまとめ

手作りの虫よけスプレーは、コスパ・好みの香り・使う分量など、自分や家族の好みを重視しながらしっかりと虫除けできるので、かなりおススメです。

 

今年の夏は、自分の好みの香りを使った手作り虫よけスプレーを試してみましょう。

 

 

 

 

 

コメント