お弁当を前日に詰めると朝が楽に!傷みにくいおかずのコツとは?

3391243_m

 

 

 

毎日のお弁当作りは大変ですよね。

 

私も朝は何かと忙しく、どうしても適当になりがちです。

 

前日にある程度用意していれば、かなり楽になるのではないでしょうか。

 

お弁当を前日に準備するのに適した方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

夜お弁当を作るメリット

夜お弁当を作る一番のメリットは「朝が楽になる」ということでしょう。

 

仕事に子育てに…と忙しい人にとって、朝はまさに戦場ですので、少しでも余裕をプラスできるのは、本当にありがたいです。

 

また、前日夜の残り物を有効に活用することができますので、無駄も減らせますよ。

 

お弁当に入れたいけれど、朝作るには手間がかかって敬遠してしまうものもチャレンジしやすいです。

 

ネット上での意見を見ると、お酒のつまみを作るときに、一緒にお弁当のおかずを作ってしまうという意見が多くありました。

 

夜お弁当を作るデメリット

前日にお弁当を作ってしまうことのデメリットは、やはり「鮮度」ではないでしょうか。

 

特に夏場は、朝作っても昼の時点で、すでに傷みが生じていることもあるくらいです。

 

前日となると、さらに心配ですよね。

 

また、料理は出来立てが一番おいしいというものも多いでしょう。

 

冷めてしまうと風味や食感が変化し、そのおいしさが半減してしまうことがあります。

 

水分が飛んで、ご飯もおかずのぱさぱさになってしまうのです。

 

傷みにくく、時間が経ってもおいしく食べられる食材を選択したり、調理法を工夫したりする必要があります。

 

夜にお弁当を作るコツ

お弁当を夜に準備する場合は、何より「傷みにくい」を重視しましょう。

 

濃いめの味付けは、冷めた状態で食べてもしっかり味を感じることができます。

 

これはお弁当を作る時間に関係なく、「冷めてもおいしいお弁当」の基本です。

 

しかも、味をしっかりつけることで、雑菌の繁殖も抑えられるのだとか。

 

防腐効果があるといわれている食材も、積極的に取り入れましょう。

 

  • 梅干し
  • お酢
  • 生姜
  • 大葉

 

この辺りは食欲増進にもなりますし、夏は多く使います。

 

見た目も華やかになりますよね。

 

前日の夕食を少し多めに作って、お弁当に入れる方法が一番楽です。

 

揚げ物や味の濃いものは、お弁当に向いていますので、取り入れてみましょう。

 

大皿で提供するようなものは、最初にお弁当用カップに取り分けておきます。

 

夜のおかずをそのまま使うことに抵抗がある人も意外と多いので、そこからのアレンジをするのもいいですね。

 

私は料理が得意ではないので、アレンジといってもかなり定番ですが、唐揚げなら甘酢餡に絡めると、脂っぽさを軽減すると同時に、パサつきも防止してくれます。

 

きんぴらごぼうや、ひじきの煮物など、副菜になるようなものは、カップに詰めて冷凍しておきましょう。

 

もう1品欲しい時や隙間を埋めたい時にさっと用意できて便利ですよ。

 

夜にお弁当を作るときにやってはいけないこと

お弁当の食材が傷む原因の一つは「雑菌の繁殖」です。

 

そして、その雑菌がどこから来るかと言えば、それは「人の手」だそうです。

 

お弁当を詰める際は、素手で直接触れることは避け、清潔な菜箸などを使用しましょう。

 

当然ですが、お弁当箱もしっかり洗浄して、雑菌を残しておかないような状態にしてあることが前提です。

 

また、汁気の多い煮物などは傷みやすいため、お弁当には不向きとされています。

 

夏場は本当に危険ですので、避けるようにしましょう。

 

お弁当の定番である卵焼きも傷みやすく、食中毒の原因となりますので、きちんと火を通し、半熟状態は避けてください。

 

私はおかずは夜お弁当箱に詰めるのですが、ご飯は朝炊いたものを詰めるようにしています。

 

ご飯は一度冷蔵庫で冷やすとレンチンしないと美味しくないからです。

 

ご飯が温かい状態は注意が必要で、雑菌が繁殖しやすい温度に長時間さらされることになります。

 

また、温かい状態は水分がこもりやすく、蒸れた状態がさらに痛みやすくさせてしまいます。

 

ご飯を詰める時は粗熱をとり、蒸気が出ない状態になってから蓋をしめることは、絶対条件です。

 

まとめ

お弁当を夜詰めることについて解説しましたが、いかがだったでしょうか。

 

せっかくのお弁当ですから、おいしく安全に食べたいですよね。

 

夏場は特に食材選びや保存方法に注意し、必ず保冷材も一緒に持ち運ぶようにしましょう。

 

また、お昼に電子レンジが使える環境である場合は、直前に温めるのがおいしく食べるポイントです。

 

夜お弁当を作ることが、自分のライフスタイルや昼食の環境に合っているか、しっかり検討した上で、始めてみることをおすすめします。

 

 

コメント