布マスクは正しい煮沸消毒のやり方でしっかり殺菌!長持ちさせよう

布マスク

 

 

 

 

1日使った後の布マスクは雑菌がいっぱいです。

 

正しい洗い方を知っていますか?

 

毎日取り換えて清潔なマスクを長持ちさせる洗い方をご紹介します♪

 

スポンサーリンク

布マスク 煮沸消毒のやり方

鍋でお湯をグツグツと沸かします。

 

何も混ぜずに水だけを沸かしてOKです。

 

その中に布マスクを入れて10分~15分ほど煮ます。

 

その後ザルなどに取り出し冷ましてから軽く絞って形を整えて干します。

 

出来れば直射日光で乾かしましょう。

 

布マスク 衣料用洗剤での洗い方

衣料用洗剤を、商品に表示されている使用量の目安に従って水に溶かし、マスクを10分ほどつけ置きします。

 

一度にたくさんのマスクを洗わないようにしましょう。

 

もみ洗いは、ガーゼがよれてしまったり、マスクの繊維をいためる可能性があるので避けましょう。

 

汚れが気になるようなら軽く押し洗いをするのがいいです。

 

容器にたっぷりの水を張る→マスクを浸す→水を捨てるというふうにすすぎはしっかりとしてください。

 

容器の中の水を捨てる時は、ウイルスが含まれている可能性があるので、水が飛び散らないように注意してください。

 

よくすすいだら軽く絞る、または乾いたタオルに挟んで水気を取って形を整えて干します。

 

出来れば直射日光で乾かしましょう。

 

布マスク 塩素系漂白剤での洗い方

上記の衣料用洗剤での洗い方をしてもまだ汚れが気になる方は、塩素系漂白剤を使って洗うとさらに効果的です。

 

必ずゴム手袋をしてから作業してください。

 

水1Lに対して塩素系漂白剤15mLを溶かした液に、マスクを10分ほどつけ置きします。

 

容器にたっぷりの水を張る→マスクを浸す→水を捨てるを繰り返して念入りにしっかりすすいでください。

 

軽く絞る、または乾いたタオルに挟んで水気を取って形を整えて干します。

 

出来れば直射日光で乾かしましょう。

 

布マスク 洗う時の注意点

もみ洗いはガーゼがよれてしまったり破れやすくなってしまうので避けましょう。

 

洗濯機や乾燥機の使用も生地がほつれて布マスクが縮んでしまう可能性があるのでやめましょう。

 

型崩れの原因にもなります。

 

干すときは出来ればお日様の光に当ててくださいね!

 

 

 

厚生労働省及び経済産業省の動画はこちらです。

布マスクをご利用のみなさまへ

 

 

 

 

  除菌シートは手作りできるんですよ!

  作り方をチェック♪

品薄の除菌シートは手作りしよう♪簡単にできてコスパ最高の作り方!
除菌関連商品が色々と入手困難になってきていますので代用品を使った除菌シートの作り方もご紹介します。

 

 

 

  夏場のマスクが暑い対策はこちらでチェック!

夏のマスクが暑い問題!涼しく乗り切る対策は?
夏のマスクは暑くて蒸れやすいですね。夏用のマスクやオーガニックコットンの蒸れにくいマスク、ハッカやペパーミントを使って涼しく暑くならない方法をご紹介します。

コメント