柴犬は性格悪いって本当!?飼う前に知りたい性格と特徴

 

柴犬を散歩させていると、ケンカを売りに行ったり同じ犬に吠えてしまう子がいますね。

 

他の犬に対して吠えるのを何回注意してもやめなくて困ったことはありませんか?

 

でも飼い主さんは、それだけで柴犬の性格が悪いなんて言われたくない!と思っています。

 

なぜ柴犬の性格が悪いと言われるのか柴犬の性格と原因、予防についてお話ししますね。

 

スポンサーリンク

柴犬の性格と特徴 警戒心が強い

 

昔から柴犬は猟犬として人と共に活躍してきました。

 

その事からも、飼い主にはかなり忠実。

 

だからいつでも、飼い主に危険が及ばないように、いつも周囲を警戒してくれています。

 

他には縄張り意識がかなり高めなので、日本では昔から番犬として飼われています。

 

柴犬の性格と特徴 勇敢で気が強い

 

獣猟犬として活躍してきた柴犬は、自分より大きな生き物が相手だとしてもそれが自分や飼い主の敵なら、決してひるまず立ち向かう勇敢さをもっています。

 

可愛い見た目とは別に、本能では野性的な一面も持っています。

 

柴犬の性格と特徴 運動神経抜群

 

柴犬は遺伝子的にも古代犬種なので洋犬に比べると視界は動くものを追い攻撃したり捕まえようとする捕食本能が強いのが特徴です。

 

体が小さいのにとても筋肉質で、目標が定まったら俊敏な動きをして、いつまでも追い掛け回します。

 

 

 

柴犬にはバンダナが良く似合いますよね(*’▽’)

犬服 唐草模様バンダナ Mサイズ(中型犬用)【メール便なら送料無料】和柄 からくさ 犬の服 ドッグウェア

 

 

柴犬の性格と特徴 何事も全力で運動量多め

 

日ごろは大人しい柴犬ですが、運動量がかなり多いので、運動不足になるとストレスが溜まってしまいます。

 

柴犬の散歩時間の目安は1日2回、それぞれ30分~1時間ほどです。

 

運動不足な方にはおすすめの犬種です。(笑)

 

大昔からその気質を受け継がれた柴犬ですから、厳しい生存競争の中でも生き残っていくための身のこなしはバッチリです。

 

いつでも見ても自身満々だし、すごく堂々とした振る舞い。

 

成犬の柴犬なら、ピンと立った両耳に、スラッとした四股の外見は、自信満々の風格の現れですね。

 

柴犬の性格と特徴 誠実

 

気が強そうな柴犬ですが、一度服従して自分が気を許した相手の事は絶対に裏切りません。

 

何も指示を出していないのに、自分からお腹を見せて、服従のポーズをとることがあります。

 

犬にとって腹部を見せるのというのは、相手に弱点をさらけ出し敵対心がありません、という事の証です。

 

こんなにも警戒心が強い柴犬がお腹を見せるという事は、それだけ飼い主の事を信頼しているという事なのです。

 

柴犬の性格と特徴 賢い

 

柴犬はすごく賢いので、飼い主にかなり従順な犬種です。

 

しかし他の犬種に比べたら野生味が強く残っているので子犬の頃からの徹底したしつけが必要になってきます。

 

柴犬は賢い!他の犬種とは違う賢さとは?
ギブアンドテイクでドライな印象の柴犬ですが、昔から番犬として飼われていたように飼い主を守ろうとするとても愛情深い犬種です。手をかけてくれた事を忘れず愛情を返してくれる日本人気質の律儀な犬ですよ。

 

柴犬の性格と特徴  ケンカを売ったり吠える原因は?

 

頭が良くて飼い主に従順で申し分ない柴犬がなぜケンカを売ったり吠え続けてしまうのでしょうか?

 

その原因は次の事が考えられます。

 

社会性が乏しい

 

子犬だった頃に、飼い主以外の人や他の犬と接したことがあまり無いことからかも。

 

飼い主の他に触れ合った事がない柴犬の子はどうやって相手と触れ合ったらいいのか分からないのかもしれません。

 

飼い主のリーダー感が足りない

 

もしかすると、柴犬が飼い主の事を全く信頼していないのかもしれません。

 

基本的柴犬はリーダーの言う事は絶対なので信頼関係を築けているなら問題はあまり起きないはずです。

 

体罰を受けたことがある

 

過去に体罰・虐待をされたことがある柴犬は自分の身を守るために、攻撃的な行為に出るようになってきます。

 

昔の考えで、犬のしつけは叩いてするというのがありますが、それは大きな間違いで体罰はいけない事です。

 

飼い主の反応を楽しんでいる

 

ケンカを売る・吠えたりしている時に飼い主がリアクション大きく怒っても柴犬からしたら楽しそうに見える事があります。

 

完全に柴犬の勘違いですが、そこから主人の反応をもっと見たい、もっと喜ばせたいと思って他の犬にケンカを売ったり吠えたりします。

 

 

 

手に負えないならこの首輪を試してみましょう(-_-;)

 

 

 

柴犬のトラブルを防ぐための予防法

 

柴犬のしつけを直したくても、簡単にすぐには直りません。

 

吠えたりケンカ売ったりしなくなるまでは、飼い主自身が意識して、トラブルが起きないように気を付けましょう。

 

散歩中の飼い犬の変化には十分に注意してください。

 

はじめに、リードを短めに持つようにしましょう。

 

散歩中、他の人や犬に会った時に気を付けます。

 

ケンカしようとしている時の前兆は、相手から目を離さなかったり、体がじっと固まるので動きが止まります。

 

柴犬がこのようになってしまったらささっとその場所から離れるようにしましょう。

 

また、かなりフレンドリーな柴犬もいますが、基本的に複数の犬の集まりは苦手です。

 

ケンカをふっかけやすい柴犬の場合は、犬の集まり(ドッグラン)などは連れていかないほうがいいでしょう。 

 

柴犬は性格悪いって本当!?飼う前に知りたい性格と特徴 まとめ

 

柴犬が性格悪いのかという事についてお話しました。

 

性格が悪いと言われるのには色々な原因がありました。

 

可愛らしい容姿とは別に、昔狩りをしていたので、今になっても気が強い一面もあります。

 

犬も人と同じように色々な性格の子たちがいますが、柴犬は賢い子が多いので、トラブルを起こしてしまうのは柴犬が原因ではなくて、飼い主に問題があるのかもしれません。

 

犬の成長はとても早くて嬉しい反面寿命がすごく短いです。

 

一緒に居れる限られた時間の間に沢山の思い出を作ってくださいね!

 

 

柴犬の換毛期☆飼う前に知っておきたいブラッシングの注意点と心構え
柴犬は換毛期にどれくらい毛が抜けるか知っていますか?換毛期のことを知らずに柴犬を飼った方はがあまりの脱毛量に驚かれると思います。もちろんお部屋にもたくさんの毛が落ちますのでまめな掃除が必要です。今から柴犬を飼おうか検討している方は、覚悟してくださいね!

 

 

 

お勉強するならこの1冊!

しつけ・お手入れ・気持ちがよくわかる!幸せに暮らす柴犬の飼い方 [ 公益社団法人日本犬保存会 事務局長 井上 実 ]

コメント