職場のバレンタインデー義理チョコをやめたい!角の立たないやめ方紹介

バレンタインデー 生活

職場での義理チョコ文化って年々負担に感じる人が多くなってきているようです。

 

私もその一人。

 

義理チョコの準備って結構面倒なんですよね。

 

女子に集金してチョコ買いにいって個別に袋詰めしたりして、と手間がかかります。

 

女性の比率に対して男性が多い会社なんかかなり大変でしょう。

 

バレンタインデーの義理チョコ文化を今年でやめたい時の角の立たないやめ方を考えました。

 

 

スポンサーリンク

義理チョコのやめ方 上司に相談→会社で廃止

最近ではお中元やお歳暮、年賀状も廃止の会社が増えてきました。

 

上司に相談してバレンタインデーのチョコ配布も廃止のお知らせをしてもらってはどうでしょうか?

 

バレンタインデーのチョコだけだと気まずいので、出張からのお土産も廃止にしてLINEで一斉にお知らせしてもらうと良いのではないでしょうか。

 

 

義理チョコのやめ方 今年のチョコにメッセージ

今年の義理チョコにチョコレート配布は今年で終わりのメッセージを書いてはいかがでしょうか?

 

渡す時には何となく言いにくいですし興ざめしてしまうのでメッセージが良いと思います。

 

メッセージ例
いつも色々と助けていただきありがとうございます。
今年でチョコレートは終了しますが尊敬は続きます。

 

 

義理チョコのやめ方 金額を下げる

今まで配っていたチョコレートの半分くらいの価格にしたり、お返しの品に困るくらい金額を落としてみて、来年に向けてチョコレート廃止の準備に入るのも良いかも。

 

義理チョコのやめ方 大袋チョコレートを用意

みんなが集まる場所や通路に大袋のチョコレートをかごに入れてご自由にどうぞ、と置いておくと今年は個別にはないんだなと思わせることができます。

 

個別に用意する負担もないですしお返しも強制する雰囲気はなくなりますのでお互いに楽かもされません。

 

これくらいなら来年続けても負担はないですし、来年はやめる準備体制にも入れますね。

 

義理チョコのやめ方 突然やめる

今年はなんの前触れもなく突然やめるのも一手。

 

今年のバレンタインデーは男性陣の目と頭の上に「?」がつくと思いますが、一日乗り切ると男性陣も無言で理解してくれ、もう来年からは義理チョコ文化からは解放されるでしょう。

 

義理チョコはチョコハラ?

義理チョコ反対派の男性陣もかなり多いんです。

 

お返しを強制的に感じるようです。

 

確かに男性陣も義理チョコのお返しを用意する係が毎年いて女性陣からはセンスを問われるでしょうし、上司は別にお返しを用意したりとその奥様にまで気を使わせている場合もあります。

 

チョコレートをもらえなかったら家に帰りにくいという時代は完全に終わっていますね。

 

 

義理チョコ反対派の声

職場で義理チョコが迷惑だと発言する人は少ないとは思いますが、迷惑に感じている人は多いんです。

 

この声を知れば義理チョコ廃止に踏み切れるかもしれませんので、世間の声をどうぞ。

 

 

 

 

まとめ

バレンタインデーのチョコ文化って毎年少しづつ変わっていきますよね。

 

最初は愛を伝える意味から会社では日頃の感謝を伝える義理チョコ、友達には友チョコまで色んな〇〇チョコが生まれてきました。

 

日頃の感謝を伝える義理チョコ文化はまだまだ喜んでくれる方も多い一方で、渡す人数や時代によってお互いに負担に感じる方も増えています。

 

義理チョコ文化をやめたい人は、ご紹介した方法でスムーズに廃止できることを願っています。

 

 

コメント