割れた鏡を使い続けるのは良くないって本当?噂を調査

90394_s

 

 

 

割れた鏡は、それが小さなヒビ程度であっても歪みが生じているそうです。

 

そのため、本当の姿を映すことができなくなってしまうため、「使い続けるのは避けた方が良い」といわれています。

 

よく、鏡が割れることは「縁起が悪い」と言われるのですが、実際には「鏡が身代わりになった」という説が有力なのです。

 

つまり、これから悪いことが起こるのではなく、悪いことからあなたを守ってくれたととらえるべきでしょうね。

 

割れた・壊れた鏡を使い続けることが良くない理由と、正しい処分の方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

鏡が割れるのは、身代わりのサイン?

鏡は自分の姿を映して使うものですよね。

 

それはある意味では自分の分身や、自分そのものであるのだそうです。

 

鏡が割れるのは、自分自身も気付いていないような変化を伝えているといわれていて、強いストレスや不安を抱え、体が悲鳴を上げている可能性もあります。

 

人との関係を変化させるべきタイミングであることを教えている場合もあるそうですよ。

 

もし、鏡が割れることがあったら、自分自身に目を向け、本当の気持ちを整理してみると良いでしょう。

 

考えてみれば、私は鏡が割れたり壊れたりした経験はありません。

 

ただ、何となく曇るようになり、自分の姿がはっきりしないという時期がありました。

 

その頃の私は、いろいろ悩んでいたし、将来に不安も抱えていたので、それが鏡に現れたのかもしれませんね。

 

割れた鏡を使い続けない方が良い理由

まず、普通に考えて、割れた鏡の破片は危険ですよね。

 

小さくても大きくても扱いを間違えれば、大けがに繋がります。

 

小さなヒビだから…と思っても、そこからどんどん大きく壊れていく可能性がありますので、安全面を考えて手放した方が良いでしょう。

 

また、スピリチュアル的な意味でも、使い続けない方が良いといわれている理由があります。

 

鏡はかなり精密なものだということをご存じですか?

 

特に日本の鏡は精度が高く、歪みがほとんどないのだそうです。

 

それは、自分自身の姿をそのまま映すといっても過言ではないですよね。

 

しかし、鏡にヒビが入ったり欠けてしまったりすると、小さなものでも歪みが生じてしまいます。

 

まったく違和感がないレベルであっても、完全な状態でない以上は本来の姿を映すことはできません。

 

歪んだ姿を見続けることで、それを本来の自分であると思い込み、心にも歪みが生じる可能性があるのです。

 

また、自分を守って壊れた鏡の役割は、その時点で終わって「負のエネルギー」を持つものに変わります。

 

それを使い続けることで、不幸を呼び込んでしまう可能性があるといわれています。

 

割れた鏡の処分方法は?供養は必要?

壊れた鏡の処分方法は自治体によって違いますので、確認することが大切です。

 

基本的には「危険物(ワレモノ)」「不燃ごみ」として処理することになるでしょう。

 

鏡の破片や角は非常に危険ですので、厚紙などに包んで危険な部分が表に出ないようにして処分してください。

 

回収作業員の方が、危険物に気付かずに触れて怪我をしたという話は、とても多く聞きますので、鏡に限らず注意したいですよね。

 

また、自分の身代わりになって壊れたという話を信じるなら、ただ処分していいのか気になるかもしれません。

 

本当は磨くなどしてあげたいと思うところですが、細かく割れた場合などは怪我をする恐れがありますので、避けた方が無難です。

 

感謝の気持ちを込めて、鏡の表と裏にお清めの塩をまいて供養してあげましょう。

 

多少、ヒビが入った程度の場合など、可能であれば塩水で表面を磨き、和紙に包んでから厚紙で保護すると良いかもしれません。

 

あくまで怪我をしないことを前提に、無理のない範囲で。

 

何にせよ、本来の自分を映し、身代わりになってくれた鏡への気持ちが大切ではないでしょうか。

 

その気持ちがきっと新しい鏡にも引き継がれていきます。

 

鏡が割れた時は、新たなスタートと考えましょう

お気に入りの鏡が壊れることは、ショックなことですよね。

 

私の場合、自分を映す鏡は何となく「きれいにしておきたい」という気持ちがあり、磨いてしまう癖があります。

 

割れた経験はありませんが、もし壊れてしまったら…と考えると、今でも少し複雑な心境になります。

 

しかし、鏡が壊れることは「新たなスタート」ととらえて進むべきかもしれません。

 

鏡が変わっても、映るものは同じと思うかもしれませんが、鏡によって映る範囲も明るさも違い、今までと違った部分を映し出すものです。

 

どうせ新しくするのなら、全く違ったタイプの鏡を選択してみましょう。

 

きっと新しい発見もあり、自分でも気づかなかった部分が見えてきます。

 

自分自身を映す鏡だからこそ、慌てて妥協するようなことはせず、「これだ」と思う一つを選ぶのが良いのではないでしょうか。

 

楽しい気持ちで、気分が盛り上がるような鏡を探してみてください。きっと幸せを運んでくれますよ。

 

まとめ

割れた鏡について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

 

ホラー映画などの影響もあり、鏡には何となく怖いイメージがついている場合もあるかもしれません。

 

しかし、身近であり自分を映し出す鏡には、特別な愛着を感じても不思議ではないでしょう。

 

役割を終えた時、ただの「もの」として扱うのではなく、感謝の気持ちを持つことで、あなた自身にも良い影響を与えてくれるはずです。

 

見方を変えて、鏡と向き合ってみてくださいね。

 

 

コメント