雨は洗車の代わりになる?雨で車が綺麗になる洗い方とは?

 

917be32e467e86998ce8f6105aeba446_s

 

 

あなたは洗車といえばいつしますか?

 

大体の方は晴れの日にすると思います。

 

しかし、敢えて雨の日にするという人もいます。

 

その理由は雨水を利用することが理にかなっているからなのだそうです。

 

洗車した時に限ってすぐに雨が降ったりして、ガッカリという話を聞きませんか?

 

洗車する前に天気を確認しておけばいいと思うのですが、私もそれを怠り張り切って洗車したその日の夕方に、雨に降られるなんて日常茶飯事です。

 

雨の日に洗車すれば、そんなガッカリはなくなるのかな?と思うと興味が出て来ませんか?

 

どんなメリットがあるのかを解説していきますので、納得したらぜひチャレンジしてくださいね。

 

スポンサーリンク

雨で洗車する時のメリット

雨の日に洗車するメリットは、雨を洗車用の水として使うので「節水」という部分が大きいですね。

 

それに洗い流す手間や労力が少なくて済みます。

 

車に水をかける作業は大変ですし、大きい車だと上手くかけることができない場合もありますよね。

 

下手に張り切ると自分が水をかぶる羽目になることも多いです。

 

しかし、雨が流してくれるならとても簡単ですし、大変な洗車が楽になるはずです。

 

また、乾燥している状態では汚れは落としにくく、無理にやると塗装が剥がれたり傷になったりしてしまうため、先にしっかり湿らす必要もあるのですが、その手間も必要ありません。

 

スポンジと必要に応じて洗剤を使って直接擦るだけで洗車が終わりますし、洗った瞬間から洗い流してくれるため、汚れが残っている部分が分かりやすいのも嬉しいですね。

 

晴れの日に自宅で洗車する場合は、庭が水浸しになったり、外にあるものや近所にまで被害を与えてしまったりしてしまうこともありますが、もともと雨でぬれていれば、余計な被害はありません。

 

また、私の考えとはちょっと違いましたが、「雨の日に洗車をする」のではなく、「雨を洗車代わりにする」という話も多く耳にしました。

 

雨の中を走ることで車がピカピカになるのだと言います。

 

でも我が家のように車庫がなく、普段から雨ざらしで乗ることも多い車は、ついている汚れも酷いので雨できれいになるとは思えないんですよね。

 

やはり軽くこするなど、洗車を行う方が良いと思います。

 

全く水道水を使わずに済めば、水道料金もかかりませんし、洗車場に運ぶガソリン代もかからないという部分もメリットと言えるでしょう。

 

さすがに少しケチに感じますが、無駄に水を使う必要がない点では理にかなっていますよね。

 

ちなみに雨水には水垢として残る不純な成分がほとんど含まれていないため、拭きあげをしなくても水滴の跡が残りにくいという特徴がありますので、放置と自然乾燥でOKなのだそうですよ。

 

雨で洗車する時のデメリット

もちろん、雨を洗車に利用することにはデメリットもあります。

 

メリットと比較して考え、雨の洗車が自分に合っているか確認してみましょう。

 

まず、雨を洗車に利用するには、まとまった量が降る必要があります。

 

雨量が少なければ、しっかり流すことはできませんし、完全に落とせなかった部分に洗剤などが残ってしまう可能性もあります。

 

また、土砂降りが降ったとしても、車の形状によっては雨がかかりにくい部分が出てくるため、そこも残りやすくなります。

 

自分で水をかける場合は、ピンポイントで流せるのであまり気にならない点ですが、自然に任せるとなると、そういったデメリットがあるのですね。

 

雨が降っているとうことは湿度も高く、水分も直にある状態ですので、洗車の後にワックスやコーティングを行うには不向きですよね。

 

ベタベタになってしまうため、仕上げにこだわる方は避けた方が無難でしょう。

 

そしてデメリットとして一番大きいと感じるのは、自分も濡れてしまうということではないでしょうか?

 

まとまった雨の中で作業するので、ずぶ濡れ覚悟で行わなければなりません。

 

対策としては厚手のレインコートや長靴、手袋やゴーグルなどの重装備で行うしかありません。

 

晴れの日の洗車なら、長靴と濡れてもいい服で構わない分、この方法を躊躇う理由になるのではないでしょうか。

 

雨で洗車する時のコツ

雨を利用して洗車しようと決めた方のために、コツを紹介しておきますね。

 

まず、まとまった量が降らない小雨の時や、降り始めの雨を利用しての洗車は避けましょう。

 

まとまった量が必要だというお話は先にもしましたが、洗い流しきれないという理由の他に、大気中の汚れなどが混ざった汚れた雨なので、逆効果になってしまうのです。

 

降り始めの雨も同じ理由です。

 

ある程度降って不純物が減ってからの雨を利用するようにしましょう。

 

特に春は黄砂やPM2.5などの有害物質も多い時期ですし、冬は雪や凍結などの心配があるほど寒いことを考えると、雨で洗車するのは夏から秋限定ともいえるかもしれません。

 

雨量予報などをチェックして、洗い流すタイミングでしっかり雨が降るタイミングを計算しておくことができたらベストですね。

 

まとめ

雨で洗車することについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

 

普段からこまめに汚れをふき取って置くなどすれば、強い雨が降っただけでもきれいになるかもしれませんね。

 

水だけで洗車できるようにコーティングをかけておくこともおすすめです。

 

しっかり洗いたい時は晴れの日にするのがおすすめですが、梅雨時など雨が多い時も諦めず、この方法を利用して愛車のきれいを保つこともできそうですね。

 

自分に合ったスタイルをぜひ検討してみてくださいね。

 

 

コメント