学生服学ランの第二ボタンの意味とは?ブレザーだったら代わりは何?

第二ボタン

 

 

もうすぐ卒業式ですね。

 

意中の彼から第二ボタンをもらう心の準備してますか?

 

絶対心臓がバクバクしますので、深呼吸して声をかけてくださいね!

 

ところで第二ボタンの意味や由来って知っていますか?

 

ちょっとお勉強してから彼に会いにいきましょう!

 

スポンサーリンク

第二ボタンの由来

学生服の由来は、詰襟の軍服(7つ釦)だといわれています。

 

戦時中に特別攻撃隊として出撃する前に、戦死を意識した兵士が想い人に想いを伝えるために、自分が来ていた軍服の第二ボタンを引きちぎって渡したことが、『第二ボタン』の始まりといわれています。

 

そんな切ない記憶も合わさって『第2ボタン』は、現在にとっても特別な存在になっているんでしょうね。

 

第二ボタンの意味 1番大切な人になってほしい・してほしい

『渡した人の一番大切な人になりたい!』

 

『くれた人の一番大切な人になりたい!』

 

第二ボタンにはこんな意味があります。

 

第二ボタンの意味 相手のハートをつかむ

第2ボタンは、人間の心臓に一番近いところにあるので、相手の『ハートをつかむ』という意味も含めて、意中の人に渡します。

 

第二ボタン以外のボタンの意味は?

諸説ありますが、学ランのボタンは5つそれぞれに意味があるといわれています。

 

第1ボタンは自分のために。

第2ボタンは一番大切な人に。

第3ボタンは友人に。

第4ボタンは家族に。

第5ボタンは…予備???というか謎です。

 

ブレザーの時はどうする?

 

学生服なら第二ボタンを渡してもあまり不都合はありませんが、制服がブレザーの場合はどうなのでしょうか。

 

中・高生に聞いたら『卒業式が終わって学校を出るまで、受け渡し禁止』だとか『学校によってはそもそもそういう文化がない』ようです。

 

その理由は、

 

『人気の男子生徒の制服が大変なことになってしまうから』

 

『みっともない恰好になるから』

 

と取りやめる学校が多くなっているようです。

 

また、制服がブレザーの場合は、校章・名札・ネクタイなどを渡すのが一般的なようですね。

 

まれに、『ベルト』をもらった、という人もいたようで(笑)

 

学生服の第二ボタンと同じように、『一番大切な人』に渡すものは、『ネクタイ』が多いです。

 

身に着ける時間も長く、胸に一番近いところにあるものだから、男の子としても『本命の彼女に渡したい!!』となるようですね。

 

大好きな人のネクタイをもらって身に着ける、なんてシチュエーション少女漫画みたいで、ちょっとキュンキュンしませんか?

 

第二ボタンの代わりは?

第二ボタンの代わりといえば「校章」や「名札」が代替品になるのでしょうが、学年で色が変わるジャージなども、女子の間ではかなりのレアアイテムになるようです。

 

ジャージをもらって身に着けている女の子がいたら、うらやましいと思いませんか?

 

また、最近の中・高校生は、SNSでつながる世代なので、『卒業式』=『別れ』とはなりにくくなっています。

 

最近の卒業式では、『第二ボタン』の代わりに渡されたら嬉しいのは、片思いしていた人や憧れの先輩のSNSのアカウントやLineのIDのようです。

 

第二ボタンの取り方

 

学生服のボタンの取り外し方、知っていますか?

 

無理に取ろうとすると、学ランの生地を傷めてしまいますし、ボタンも傷がついてしまったりするかもしれません。

 

じつは、ボタンの簡単な外し方のポイントは、裏ボタンにあります!!

 

学生服のボタンは、ボタンの仕組みを知っていれば、あっという間に取り外すことができます。

 

取り外し方はこちらの動画を見てもらえると、分かりやすいです。

 

学生服の第二ボタンの取り方

 

ブレザーの制服の場合は、ボタン自体が制服に縫い付けられているので、糸切りはさみなどを持っていくことをおすすめします。

 

まとめ

卒業式のシーズンも近づいて、ワクワク・ドキドキの気持ちが大きくなってきていると思います。

 

好きな人や、あこがれの先輩・気になる後輩に自分の気持ちを伝える手段の『第二ボタン』文化をこれからも大切にしていってもらいたいなと思います。

 

何年たっても色あせない、素敵な思い出になりますように。

 

頑張ってくださいね~♪

 

 

コメント