鎌倉殿の13人の鎌倉殿って誰?13人とは誰のこと?わかりやすく説明!

クエスチョン エンタメ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が盛り上がっていますね。

 

放送中後にはTwitter世界トレンド1位にも輝きました。

 

ところでタイトルに入っている「鎌倉殿」と「13人」って誰のことが分かりますか?

 

鎌倉殿の13人をもっと楽しむために、主要メンバーとなる鎌倉殿と13人についてまとめました。

 

 

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人の「鎌倉殿」って誰?

「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府の将軍やそこから転じて鎌倉幕府そのもののこと。

 

「鎌倉殿の13人」では大泉洋さん演じる源頼朝。

 

 

 

源頼朝さんが亡くなった後は2代目息子の源頼家。

 

演じるのは金子大地さんです。

 

 

 

 

鎌倉殿の13人って誰のこと?

鎌倉殿が鎌倉幕府の将軍ということが分かったら次は13人について!

 

史実では、源頼朝が亡くなった後、鎌倉幕府2代目の頼家(金子大地)が父親を超えようと独裁します。

 

この方、かなりわがままだったようで鎌倉幕府の歴史書「吾妻鏡(あずまかがみ)」の中ではこっぴどく描かれています。

 

このわがまま頼家を支えるために(独裁政治が行き過ぎないように?)有力な御家人達の合議制がしかれました。

 

この合議制の人数が13人です。

 

メンバーは

 

・足立遠元(大野泰広)

 

 

・安達盛長(野添義弘)

 

・大江広元(栗原英雄)

 

 

・梶原景時(中村獅童)

 

 

・中原親能(未発表)

 

・二階堂行政(未発表)

 

・八田知家(未発表)

 

・比企能員(佐藤二朗)

 

 

・北条時政(坂東彌十郎)

 

 

・北条義時(小栗旬)

 

 

・三善康信(小林隆)

 

 

・三浦義澄(佐藤B作)

 

 

・和田義盛(横田栄司)


 

まとめ

今後13人いる御家人の中でも勢力争いが起こり次々と脱落していきます。

 

その中で最後に残るのが小栗旬さん演じる「北条義時」です。

 

13人の御家人による勢力争いや小栗旬さんが最終的に鎌倉幕府を引っ張っていく最高権力者として成長する過程、金子大地さんが頼家の激しい人生をどのように演じるのか、見どころ満載で目が離せませんね。