お中元ギフトの時期は地域で違うの?遅くなったらのしは変わる?

261341_s

 

 

 

 

お中元を贈る時期は地域によって違いがあることをご存じでしたか?

 

時期の違いを把握せずに贈ってしまうと、失礼にあたったり、恥をかいてしまったりする可能性があります。

 

お中元を贈る時期は、もともと関東が早いのですが、最近はさらに早くなる動きがあるようです。

 

それに合わせるように全国的にも展開時期が早まり、シーズンは前倒し傾向にあります。

 

本来のお中元シーズンを地域ごとに解説します。

 

 

スポンサーリンク

お中元の時期

 

北海道:7月中旬~8月15日まで

 

東北・関東:7月初旬~7月15日まで

 

 

この2つの地域だけ見ても、東北・関東でのシーズン終了時に、北海道はスタートすることになりますね。

 

 

東海・関西・中国・四国:7月15日~8月15日まで

 

 

西日本のほとんどは同じ期間に送るようです。

北海道とほとんど変わりません。

 

 

九州:8月1日~8月15日まで

 

沖縄:旧暦の7月15日まで

 

 

九州は東北・関東と丸1か月違うことになります。

 

沖縄に関しては「旧暦」で考えるため、きちんと調べた方が安心ですね。

 

特に東日本から送る場合は、「時期が全く違う」ことだけは忘れないように注意しておきましょう。

 

 

北陸:地域によって東日本、西日本のシーズンに分かれる

 

 

同じ北陸内でも、その地域によって送る時期が異なるようです。

 

多くは関東と同じ場合が多いようですが、北陸に住んでいる方にお中元を贈る場合は、確認する方が安心です。

 

地域によってのしは変わる?

のしはシーンや地域によって使い方が変わります。

 

現在、「のし」は水引と、のしを印刷した紙を使用する簡易的なものが主流となっており、特に地域差を意識しない場合が多いようです。

 

もともと、のしは「贈り物」であることと同時に、「贈り物=神仏への供え物」の意味を示すものでした。

 

品物を包装し、水引をかけ、「のしあわび」を付けるのが本来の形です。

 

しかし、そうしてきちんとするには、かなりの手間がかかりますよね。

 

繁忙期などは特に、店側も対応が困難です。

 

そんなことも重なり、「改まった気持ち」を表現するために、「熨斗紙」を使用して、簡易的にするのが主流となったようです。

 

ただし、簡易的でいいとはいっても、印刷された水引の結びや色を間違えるのは失礼です。

 

お中元の場合は、

 

紅白(赤・金)色の5本、または7本

花結び

 

が一般的です。

 

のしは生もの以外のものを贈る際に付けるといわれていますが、ほとんどの熨斗紙に印刷されていますので、特に気にしなくても大丈夫です。

 

水引の意味や使い方について興味を持ったら、そのタイミングで調べておくのもよいですよ。

 

お中元以外の冠婚葬祭マナーとして、かなり地域差が大きいことが分かると思います。

 

お中元を贈り忘れたら…

お中元を贈り忘れた場合、「お中元」以外の名目で贈りましょう。

 

地域差などもありますので、どうしてもシーズンを逃してしまうことはあるのではないでしょうか。

 

なるべくは早めに送ってしまうのが良いですが、繁忙期でお店も混雑しますし、私も後回しにしてしまいがちです。

 

贈るものも迷いますし、なるべく早くに考えようとは思っていも、忙しい時代ですしね。

 

そんなときは7月15日以降「暑中見舞い」として、立秋を過ぎていたら「残暑見舞い」として贈ることをおすすめします。

 

決して「送り忘れた」雰囲気を出すことなく品物を贈ることができます。

 

これは相手が喪中の際にも使われる方法です。

 

お中元は喪中でも、基本的に差支えないのですが、やはり気を遣うところだと思います。

 

そんな時は「暑中見舞い」「残暑見舞い」という形で贈るのです。

 

お中元を贈り合う習慣がなくなってきている近年では、特に「気持ち」が大切です。

 

時期を過ぎてしまっても、あまり気にしないようにすることも大切ではないでしょうか。

 

お中元の意味

 

お中元は、感謝と健康を願う気持ちを込めて品物を贈る夏のご挨拶です。

 

特に半年間お世話になった人や、目上の人に対して行うことが多く、親戚同士でも多くやりとりされますね。

 

江戸時代以降、盆のお礼として贈り物をする風習が生まれ、それがこのお中元の原点だといわれています。

 

同じように感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮という習慣もありますよね。

 

こちらは「1年のしめくくり」のお礼を伝えるために贈るものであり、もとは商人の習慣だったそうですよ。

 

お中元の由来

お中元と呼ばれる由来は中国にあるとされています。

 

中国では罪を贖うために代償となる品物を供える「三元」と呼ばれる時期がありました。

 

それが「上元」「中元」「下元」です。

 

中元の7月15日に行われていた「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という御魂祭に重なったことから、この日を「先祖の霊を供養する日」とするようになったのだそうです。

 

その時期に贈る品物=神仏への供え物の意味も加え「お中元」という言葉が定着したといわれています。

 

中国の文化や風習に由来される文化が非常に多い日本ですが、その由来や意味を知るとさらに深くその風習を続けることができる気がしませんか。

 

まとめ

お中元の由来や贈る時期などについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

 

今までは「何となく」で行ってきたことも、本来の意味を知ることで「大切にしたい」気持ちが芽生えますね。

 

地域による差は、自分の地域が「当たり前」であり、他の地域は違うということに気付いていない人も、意外と多いようです。

 

大切にしたい相手の場合は、そんな事情も含めて「お互いの常識をすり合わせる」ことも良いのではないでしょうか。

 

 

コメント