初詣2020 いつまでやってる?開運参拝方法と意味や由来

初詣

 

 

 

 

お正月に欠かせない初詣。

 

みなさん新たな1年の抱負を祈願しに行きます。

 

普段はあまり神頼みしない方でも、初詣は毎年行くという方も多いのではないでしょうか。

 

今日は初詣についてお話していきます。

 

スポンサーリンク

初詣の意味と歴史

 

毎年なぜ初詣するのでしょうか。

 

初詣とは、年が明けてから初めて神社やお寺に参拝しに行くことで、前年の一年間の感謝と新年の平安と無事を祈願します。

 

実は初詣、儀式的には平安時代から行われていたようなのですが、そのころは「年籠り(としごもり)」と言い今の初詣とは少し違っていたものでした。

 

年籠りとはどんなものかというと、大晦日やそれよりも前から家長が神社に籠って新たな年を迎えることです。

 

いまでいう、大晦日に行う「除夜の鐘(じょやのかね)」と元旦参りが合体したようなものですね。

 

そこから江戸時代にはその年の歳徳神が在位する恵方にある神社やお寺に参拝する「恵方参り」を行うようになりました。

 

明治ころいまでいう一般的な初詣になってきます。

 

さらに現代のような深夜からお参りに行くような文化は、新年の深夜運行がはじまった1950年代以降となります。

 

もとは氏神様に参拝していましたが、交通機関の発達によりいろいろな場所に行けるようなったという流れです。

 

初詣の歴史は深そうに思っていましたが、意外と浅いのですね。

 

初詣はいつまで行っていいの?

 

三が日(1月1、2、3日)に行くことができないと、なんとなく初詣に行っても意味がないような気がして、行く気が失せてしまいますよね。

 

実は三が日以内に行かなくてはいけない決まりなどないのです。

 

ではいったいいつまで初詣に行っても良いのでしょうか。

 

初詣の日にちにとくに決まりはありません。

 

年が明けて初めて神社やお寺でお参りすることをいうので、人によってどれだけ遅くてもかまわないようです。

 

ただし一般的には三が日(1月3日)、松の内(1月7日)、小正月(1月15日)までに済ましておきましょうという考えが多いようです。

 

初詣はいつまで? 三が日

 

1月1日(元旦)、2日、3日の三日間のことを指し、正月三が日と呼びます。

 

日本の多くの企業がこの三が日はおやすみとなり、体調をしっかりと整え、新たな気持ちで新年の仕事に取り掛かることができます。

 

余談ですが、お正月は歳神様という神様が福をもってきてくれているので、掃除をすると運を逃してしまうことになります。

 

年末の掃除でやり残したことをやってしまいたくなりますが、三が日は働きすぎずゆっくり過ごすようにしてくださいね。

 

初詣はいつまで? 松の内

 

関東地方では1月7日、関西地方では1月15日を指します。

 

松の内は玄関前に門松を飾っている期間のことをいいます。

 

門松は歳神様がきてくれるように目印として飾るものです。

 

関東地方と関西地方で松の内の期間が違うのは、幕府が命令を下したからだとか、火災が起き門松を早くしまったからだとか諸説ありますが、最初はどちらの松の内も同じ日で関東地方も1月15日までだったようです。

 

また年賀はがきに消印がつかないのは1月7日に投函されたものまでということなので、新年のご挨拶は7日までに終えることができるといいでしょう。

 

初詣はいつまで? 小正月

 

小正月は1月15日で、正月の終わりを指すと考える人が多く大事な日になっています。

 

女正月や花正月と呼ばれることもあります。

 

小正月ですが、中国の暦に影響されているといわれています。

 

古くから日本は満月から満月を1か月と捉えていましたが、中国は新月から新月を1か月と捉えていました。

 

そこのずれから小正月ができたのではないかといわれています。

 

小正月には無病息災を祈って小豆粥を食べることが一般的です。

 

初詣にいい時間はある?

 

初詣に行くと良い時間はあるのでしょうか。

 

初詣に良い時間はとくに決められていません。

 

むしろ時間を気にせずに、行くことに意味があるというようです。

 

年明け同時に行った方が良いという話もありますが、とくにそういう決まりはないようなので、自分の行ける時間で行くようにしましょう。

 

長野県や新潟県で多く見られるのが「二年参り」です。

 

これは年が明ける前と明けた後のどちらもお参りするもので、年をまたがって参拝することでご利益を多く受けることができると考えられています。

 

このように地域によっては風習が変わってくるので、近所の人に前もって話を聞いておくと良いでしょう。

 

初詣は数に限りがある?

 

最近は「御朱印ガール」というワードがあるぐらい神社やお寺に興味を持つ若者が増えてきています。

 

神社やお寺に興味を持つ人たちにとって、初詣はとても楽しみな行事ですよね。

 

いろいろな神社やお寺でお参りしたいけどなんだかバチが当たりそう、、、初詣に行っていい回数に限りはあるのでしょうか。

 

答えは、回数に限りなどありません。

 

何度お参りに行っても大丈夫です。

 

一般的にも地域の氏神様にお参りにいったあと、有名な神社やお寺までお参りに行く人は多いです。

 

なかには七福神巡りをする方もいます。

 

おすすめの順番としては、はじめに自宅に神棚などご先祖様に、次に地元の氏神様に、そのあとそのほかの場所にお参りにいくといいですね。

 

神様は何度もお参りすることを欲張りなんて思わずに、受け止めてくれるのです。

 

初詣は神社かお寺か

 

ふと考える方も多いかもしれませんが、初詣は神社に行ってもお寺に行ってもどちらでも構いません。

 

ですが参拝方法などが変わってくるので、ここで一度神社とお寺の違いについておさらいしておきましょう。

 

初詣 神社編

 

・日本の神様が住むところ

 

・神道の神様が祀られている

 

・神主さん、巫女さんが儀式の準備などを行う

 

・大昔、信仰されていた自然のあった場所や、神聖な儀式を行っていた場所が起源

 

・神様の世界と人間の世界を区切る、鳥居が入り口にあることが多い

 

・神社の大半が、祀られている神様の名前をとって名付けられている

 

初詣 神社の参拝方法

 

①鳥居をくぐるときは一礼し、本殿に向かう。

境内の中では、道の真ん中は神様の通り道とされているため、右端か左端を歩く。

 

②手水舎(手水場)でお清めをする。

お清めの方法は、右手で柄杓をもち水をくんだら、左手をさきに清め柄杓を持ち替えると、次は右手を清め、もう一度持ち替えたら口をゆすぐ。

ゆすいだ手も最後に清め、柄杓を縦にして水を流しきる。

 

③大きな神社の場合は、主祭神が祀られている本殿から参拝する。

参拝の仕方は2回おじぎをし、2回拍手し、手をあわせてお願いごとをして、最後に一礼する。

 

初詣 お寺編

 

・仏様の像が置かれている

 

・祀られている神様の姿を見ることができない場合が多い

 

・お坊さんや尼さんなど仏教を信仰する修行者がいる

 

・仏教

 

・お墓がある場合が多い

 

初詣 お寺の参拝方法

 

①山門(お寺の門)の前で一礼をする。

入るとき敷居を踏んではいけない。

 

②手水舎で清める。

線香があれば買って、煙をあびて身を清める。

 

③本堂につくと、鳴らし物があれば1度鳴らし、手を合わせてお願いごとをする。

最後に一礼する。

 

初詣にもっていくもの

 

お守りやお札など前年使っていたものは、返納の意味を込めて焚き上げで燃やしましょう。

 

お守りやお札の効力は1年とされています。

 

おみくじも1年で捨てた方が良いといわれることが多いですね。

 

神様の力を借りたものは、初詣の際にお礼の気持ちを込めて燃やしてしまいましょう。

 

 

15日のどんど焼きに行けない方は自宅で処分もできますよ!

お正月飾りは燃えるゴミ?神社・自宅での処分方法~お清め方法を解説

 

 

お正月にしてはいけないこと

 

新たな一年が始まるお正月なので、運気を下げるようなことはできるだけ控えたいものです。

 

初詣期間にしてはいけないことをまとめていきます。

 

お賽銭を投げてはいけない

 

これは初詣期間だけに限ったことではありませんが・・・。

 

やはり神様相手なので、なんとなくしてはいけない想像はできますよね。

 

初詣となると神社やお寺はいつもとは見違えるように混雑しています。

 

とくに人気のある場所だと何時間も並んで参拝しますよね。

 

そうすると早くお賽銭をしたい気持ちから投げ入れる人がけっこういます。

 

お金を投げると誰かに当たってしまう危険もありますし、賽銭箱に入らない可能性もあります。

 

そしてなにより、お賽銭は新たな一年にむけてのお願い事と共に、前年の感謝の気持ちも込めて投げるものです。

 

感謝の気持ちを伝えるときに、お金を投げ入れるなんてあまりにも神様に対して失礼ですよね。

 

気を付けましょう。

 

元旦にお賽銭以外のお金は使ってはいけない

 

元旦にお金を使いすぎると、その一年は浪費の一年になるといわれています。

 

福袋や初売りセールなどに飛びついてしまいがちですが、こういった言い伝えもあるようです。

 

灰汁をだしてはいけない

 

煮物などをしているとどうしても灰汁はでてしまいますが、灰汁がでる=あくがでると考えるようです。

 

元旦に包丁は使わない

 

包丁を元旦に使うと縁を切るという意味になってしまうようです。

 

ほかにも1年間毛が無いように過ごすことを願って元旦は使わないようにした方が良いみたいです。

 

水を使ってはいけない

 

洗い物や洗濯をするとせっかくきている福を洗い流してしまうのでやめた方が良いようです。

 

先ほど説明しましたが、掃除を元旦にしてはいけないのと同じ理由です。

 

喧嘩してはいけない

 

元旦に喧嘩するとその相手とは疎遠の関係になってしまうようです。

 

以上、初詣期間にしてはいけないことをまとめました。

 

ですが、どれもこれも一切やらないというのは不可能にちかいですよね。

 

あくまでもこれは言い伝えなので、厳密にやる必要はないかと思います。

 

料理や家事に関しては、お正月ぐらいおやすみしましょうという意味が込められているのだと思います。

 

まとめ

 

初詣に関する疑問を解決していきましたが、初詣に関しては意外と決まりがゆるいように感じられました。

 

難しい決まり事はつくらずに、新年新たに気持ちを入れ替えることを重要視してくれた神様のやさしさなのかもしれません。

 

いままで初詣に行ってなかった人は、ぜひこの機会に初詣に行って気持ちを入れ替えて新たなスタートを切ってみてはいかがでしょうか。

 

皆様にとって新しい年が実り多い幸せがいっぱいの年になりますように!

 

 

 

2月は恵方巻を食べて運気を上げましょう!(^^)!

令和2年は西南西!恵方巻っていつ食べる!?由来や7つの具材の意味

 

コメント