2019忘年会出し物ダンス 時事ネタはウケる?選ぶポイントは?

ダンスをする人

 

もうすぐ忘年会シーズンですね。

 

毎年のこととはいえ、憂うつに感じる方もいるかもしれません。

 

忙しくなる年末に、余興の練習や打ち合わせなどしなければならないし、ひょっとすると、したことのないことをさせられるなど、苦痛に感じる方も多いですよね?

 

じつは私も、基本的に出たくない方でした。

 

理由は簡単、『めんどくさい』から。

 

しかしある時、どうしても…、とお願いされて仕方なしにやることに。

 

イヤイヤなので、当然やる気にもならないのですが、『優勝すると、10万円!!』といわれ、現金なものでその一言でヤル気になりました!!

 

そこで、忘年会の余興に必要なポイントをご紹介します!

 

少しでも楽しんでもらえたらいいな、と思います。

 

スポンサーリンク

忘年会の出し物ダンス 時事ネタを選ぶ時のポイントは?

 

忘年会の余興で、一番の悩みどころは、『何をするのか?』ではないでしょうか?

 

毎年のこととはいえ、だんだんとネタが尽きてくるもので、ネタがなくなってくると、考えるのも憂うつになってきてしまいます。

 

そんな時に役に立つかもしれないのが、TVでやっているお笑いのネタではないでしょうか?

 

リズムネタだと楽しみながらできるし、その時に流行っているネタなので、知っている人も多くインパクトも効果も絶大です!

 

しかも、簡単な動きの繰り返しのものも多いので、時間があまりとれない人でも大丈夫です。

 

時事ネタを選ぶ時のポイントは2つ。

 

1つ目は、だれでも知っていて簡単に覚えられそうなネタを選ぶ

2つ目は、ネタがかぶっても大丈夫なようにアドリブを入れること

 

だと思います。

 

時事ネタは選ぶ人も多くなり、争奪戦になってしまうこともありますね?

 

そんな時、あきらめてしまうのはもったいないですし、当日まで何をするのか内緒にしておくこともあるので、始まってびっくり!!なんていうこともあるかもしれません。

 

でも、2つ目のアドリブを入れることができれば、ネタがかぶっても安心です。

 

ネタが被ることを想定して、アドリブや小道具など事前に準備しておくのもいいかもしれません。

 

忘年会の余興は企画力とアドリブ!過去最高だったダンスの話

 

過去に何回か参加した忘年会の中でも秀逸だった余興のお話をしたいと思います。

 

ある時、会社の事務員さんから、忘年会の余興に参加してほしい、とお願いされました。

 

理由は、『司会をしてほしい』からです。

 

忘年会の余興で司会???必要なのかな?と半信半疑でしたが、内容を聞いて納得しました。

 

必要だったのです、司会者。

 

ダンスの余興でしたが、年齢が50歳より上の女性と男性がそれぞれでダンスを披露するというものでした。

 

男性は、一世風靡セピアの『前略、道の上より』女性は、おニャン子クラブの『セーラー服を脱がさないで』だったのです。

 

聞いただけでも、かなりのインパクトがありますよね。

 

しかも衣装は男性が学ラン、女性は全員セーラー服。

 

それだけでも十分すぎるのに、メンバー紹介は実年齢-50の会員番号も付けて。

 

そのための司会だったわけです。

 

企画勝ちのところもありますが、実際には、酔っ払っていたナンバー2の女性が、うっかりステージから落ちてしまったことを、ネタにつなげられたことだったと、今でも思っています。

 

アクシデントもアドリブで乗りきることが、余興を楽しく行う方法ではないかな?と思っています。

 

忘年会の余興 やりすぎ失敗談のお話

 

わたしが参加した忘年会で、インパクト狙いで失敗しちゃった余興についてお話しします。

 

これには私は参加していなかったので、もっぱら見学というか観客でしたが、やばいくらいのインパクトがあって、今でも鮮明に覚えています。

 

その内容は、男性社員数名での即席ダンス?みたいなものでした。

 

『なぁんだ。』と思う方もいるでしょうが、ただ単に踊るだけならインパクトもなければ、失敗とも言えませんよね(*^^*)

 

そう、失敗につながったのは、お酒を飲んで踊っていて盛り上がってしまったのでしょうね、突然履いていたジーンズをおもむろに脱いだのです!!!

 

それも、履いていた下着と一緒に…。

 

周りのおばさま方は、キャーキャー言いながらおひねり投げたりして騒いでいましたが、私も含めて若手はドン引きです。

 

いくら盛り上がったとしても、そこまでしてしまうと失敗というか、黒歴史となってしまうので、ご注意を…。

 

忘年会の出し物ダンス まとめ

 

忘年会は、職場や友人など、いろいろな場面で行われている年末の定番行事です。

 

職場の同僚と行う忘年会の余興は、コミュニケーションの形成にもつながるのでとっても大切です。

 

ちょっとしたことも、『今だけ…』とアホになって、割り切って全力で楽しみましょう!

 

そうすれば、今までとは違った同僚の意外な一面がみられるかもしれませんよ。

 

 

コメント