赤ちゃんの言葉が遅い?大丈夫!ママの言葉をしっかり聞いていますよ

.jpg

 

 

生まれて間もないころ、いつかしゃべりだすそのときを想像してにやにやしちゃいますよね。

 

こんなかわいい子に「ママ」と呼ばれたらどれだけ幸せなのだろうって!

 

喃語でふにゃふにゃ言っているとき「あれ?今ママって呼んだ気がする!」と何度思ったかわかりません。

 

でも実際子供がしゃべりはじめる月齢になったとき、周りの子は少しずつ喋っているのにうちの子はぜんぜん喋ってくれない、、、

 

なんて不安になってしまうママもいるのではないでしょうか。

 

心配しなくて大丈夫です!

 

今日は言葉の遅い赤ちゃんの疑問を書いていきます。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの言葉が遅い? しゃべりだすのはだいたいいつ?

 

一般的に意味のある言葉を発するようになるのは、1歳前後からといわれています。

 

ですが、赤ちゃんは生後2か月ごろからしゃべりだす準備をしているようです。

 

はじめのうちはのどの奥を「クークー」と鳴らすようなもので、慣れてくると喃語を話し始めるようになります。

 

生後7か月ごろまでには「あーあー」や「まーまー」など二語話せるようになっています。

 

そしていきなり喃語を発さなくなるなと思うと、おしゃべりをし始める前兆です。

 

1歳半検診の時には意味のある単語を数個言えるようになっていると良いとされます。

 

とはいえ、赤ちゃんによって成長はバラバラなので3歳になってやっと喋りはじめる子もいます。

 

周りを気にしすぎず、自分の子のペースに合わせるようにしてみましょう。

 

 

【こどもチャレンジ】

赤ちゃんの言葉が遅い? なぜ言葉のタイミングがこんなに違う?

 

なぜ同じ時期に生まれているのに、ここまで言葉のタイミングが違うのでしょうか。

 

赤ちゃんの言葉が遅い原因 ママがあまり赤ちゃんに話しかけない

 

ママがあまり赤ちゃんに話しかけないと赤ちゃんがしゃべりだすのが遅くなると言われています。

 

生まれてから1年経つまで赤ちゃんはしゃべらないですよね。

 

だから自然と口数が減ってしまうママがいます。

 

でもこれはさらに赤ちゃんが言葉を覚えない原因です。

 

毎日赤ちゃんにたくさん話しかけてあげましょう。

 

あまり赤ちゃんに話しかけないと、言語の発達だけでなく他の発達も遅れてしまう恐れがあります。

 

ちなみに笑顔で赤ちゃんに接しているとはやくおしゃべりしはじめることが多いようです。

 

赤ちゃんはママの顔をよく見ています。

 

ママが笑うことで良し悪しがわかるようになり気持ち同士の会話ができるようになります。

 

ここに言語というものが加わるだけなので、喋りはじめるのが早くなるのです。

 

赤ちゃんの言葉が遅い原因 赤ちゃんの性格

 

赤ちゃんの性格からあまり話さないタイプの子もいます。

 

大人でも聞き手に回る性格の人がいますが、それと同じです。

 

自分が言葉を発するより、人の話を聞いていたいのです。

 

赤ちゃんの言葉が遅い原因 ママの気が利きすぎる

 

ママが先回りしすぎちゃうことが原因な場合もあります。

 

ママが優秀すぎるが故のことです。

 

たとえば赤ちゃんが何も言いだしていないのに、てきぱきとなんでも準備してくれる優秀なママいますよね。

 

赤ちゃんの気持ちを読み取るのは良いことなのですが、言葉を話し始める時期になったら、いちいち何をしてほしいのか子供に言わせるようにしてください。

 

そうすることでいままで何も言わなくてもママがやってくれていて話す必要がなかった子供も、どうにか自分の意思を表現するために言葉を必要とします。

 

赤ちゃんの言葉が遅い? 対策は?

 

ではできるだけ早く子供がおしゃべりするようになってもらうにはどうしたらいいでしょうか。

 

赤ちゃんの言葉が遅い? 子供の話をよく聞きましょう

 

まずは子供の話をよく聞いてあげましょう。

 

まだカタコトで何を言っているのか理解しづらいかもしれないですが、よく聞いてあげることで子供はうれしくておしゃべりをしたがるようになります。

 

おしゃべりすることでママにほめられるとなると、子供は喋りたくて喋りたくて仕方がなくなるはずです。

 

また主語がぬけてたりする場合は、いちいち聞いてあげるようにしてください。

 

赤ちゃんの言葉が遅い? 絵本を読んであげましょう

 

小さいうちから絵本をたくさん読んでもらっている子供は将来の脳の発達にも良い影響を促します。

 

そしてママの会話からだけでは得ることができなかった言葉を絵本で覚えることができます。

 

とにかく文章をよく聞かせることで、たくさんの単語を知ることができるのです。

 

赤ちゃんの言葉が遅い? 年齢の近い子と触れ合わせてあげましょう

 

年齢の近い子と触れ合わせることで刺激を受け、お友達の真似をして喋りはじめることがあります。

 

お友達とコミュニケーションをとるためにおしゃべりは大事ですよね。

 

あとは保育園に入っている子は、はじめは意味もわからず歌を歌っていても、これのおかげで喋れるようになったという子も多いです。

 

 

 

赤ちゃんの言葉が遅い? まとめ

 

子供と早くおしゃべりをしたい気持ちは誰でも一緒です。

 

そのためにはママが赤ちゃんとコミュニケーションをたくさんとることが大事なように思えます。

 

赤ちゃんはママのことをよく見ていて、ママの真似ばかりします。

 

赤ちゃんのうちからたくさん話しかけてあげましょう。

 

子供がしゃべりだすタイミングはさまざまです。

 

あまり気にしないようにしましょう。

 

またなかなか喋りださない場合でも、ママの話を理解していれば問題ないことが多いです。

 

焦らず子供の成長を見守ってみてあげてください。

 

コメント