今年の冬こそはあかぎれを作らないぞ!原因を知って正しくケアしよう

574828

 

 

 

冬の気配を感じるようになってきましたね。

 

そしてやってくるのは…そう、「あかぎれ」です。

 

いきなり過ぎました?(笑)

 

手先が切れるととても痛いですよね~。

 

私は、もともと手荒れしやすいので、四季を通してハンドケアをしています。

 

では、どうして「あかぎれ」は起こってしまうのか、知っていますか?

 

あかぎれには、どんなことが原因としてあるのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

あかぎれとは

「亀裂性湿疹」といい、乾燥や水仕事、寒い環境などの状況をきっかけとして起こります。

 

手の水分の減少や乾燥が誘因となります。

 

あかぎれの原因

皮膚の乾燥をもとに徐々に皮膚が厚くなり、ひび割れを作ることで発症に至ります。

 

乾燥が発症の誘因となるため、冬に生じることが多いのが特徴です。

             

また、日常生活に関連し生じるため、家事を行う主婦(主夫)や水に触れることの多い仕事に従事している方は発症しやすいと言えるでしょう。

 

あかぎれが発症しやすい部位            

手(指先、指の関節部、指間、手の甲)、かかと、耳の付け根

あかぎれの症状

手の乾燥、ひび割れによる皮膚の乾燥、出血、痛みや痒み、耳の付け根のひび割れ、出血

あかぎれの対策とは?

あかぎれになると痛くて痒くて、さらにそこから乾燥し、誘発してしまうので、なっている間は水などを触りたくないですよね。

 

しかし、日常生活をしていくうえで水に触らないという事は出来ないので治療していくことがおススメになります。

 

乾燥により厚くなった皮膚は、硬くなり割れやすいです。

 

乾燥を防止するためには、保湿が必要になります。

保湿を怠らないようにしよう

乾燥は肌を傷めてしまうため、保湿剤、ワセリンなどを使用し、皮膚の水分が逃げないように

保つことが大切です。

 

また、あかぎれがなくても目に見えないくらいの小さなキズがたくさんできていることがあります。

 

そのような状態の手をゴシゴシ洗うと、修復を行っていても阻害され、キズはさらに深くなっていきます。

 

もし、傷口を洗う場合は、泡立てたせっけんでやさしく洗うようにしましょう。

ゴム手袋で水に触れないようにしよう

あかぎれがあっても、日常の家事・炊事はしなければなりません。

 

可能であれば、ゴム手袋を使用するようにしましょう。

 

出来ればパウダーフリーのものがよいです。

 

水や洗剤との接触を避け、皮膚を守ります。

 

また、お湯の使用は控えるようにしたいところ。

 

お湯は温度が高く蒸発しやすいため、乾燥を助長してしまいます。

外出時は、手袋や耳あてをしよう

あかぎれは手にできることが多いですが、耳の付け根もできやすい場所です。

 

そのため、外出時は外気との接触をなるべく防ぐため手袋や耳あてをし、乾燥を防ぎましょう。

 

手袋や耳あては乾燥を防ぐだけでなく、適度な湿度を保ち加湿効果をもたらしてくれます。

部屋を加湿しよう

空気が乾燥しやすい冬は、あかぎれの発症リスクがとても高い時期です。

 

部屋や皮膚の乾燥を防ぐために、適度な湿度を保つようにしましょう。

 

加湿器や濡らしたタオルなどを使用し、過湿しましょう。

子どもの皮膚も注意しよう

子どもは大人よりも皮膚の厚みがなく、また、バリア機能も弱いためあかぎれになりやすいと言えます。

 

そのため、寒さや乾燥に対する対策を行い、保湿し守ってあげましょう。

 

子どもは、あまり気にしないことが多いので、大人が気にかけてあげましょう。

 

あかぎれは、進行するとなかなか治りません。

 

ですから、ひどい時は早めに皮膚科を受診し、適切な処置をしてもらいましょう。

あかぎれの原因を知って正しいハンドケア

冬場は皮脂の分泌が減り、そこに空気の乾燥が加わることで皮脂膜ができにくくなるのです。

 

そのため、肌の保護ができず、水分が失われ肌に日々が入り、悪化することであかぎれとなります。

 

では、このあかぎれができないようにするためには保湿やケアが大切です。

 

前述では、対策を開きました。

 

次は、ケアの方法をしていきたいと思います。

 

ハンドケアで、オイルやハンドクリームを使用している方は多いことでしょう。

 

前述から書いていますが、保湿はケアの中で基本となります。

 

しかし、ハンドクリームやオイルは、ただ塗っているだけでは乾燥を防ぐことは出来ません。

 

塗り方と回数が重要になります。

 

水仕事後はもちろん、何かをした後(トイレや入浴後など)で水やお湯に触れた後には、必ずクリームをつけるようにしましょう。

 

みなさんは、クリームをつけるとき、ただつけていませんか?

 

クリームの十分な効果をもたらしてくれる方法をお教えします!

 

《ケアの方法》                                                                

  • 手のひらに持っているクリームを100円~500円玉の大きさで出します。
  • 手のひらを合わせ、クリームを温め、手全体に塗り伸ばします。
  • 指一本一本にクリームを広げ、関節のしわ、指先、爪の周りに塗り込みます。
  • 手をマッサージするようにクリームを塗り込むと次第に血行がよくなり、クリームが手になじんできます。
  • 最後に、手を合わせ、浸透させます。

 

 

塗り始めはベトベトしていたクリームがマッサージしながら行うとどうでしょう!

 

手がしっとりとし、しっかりと吸収され保湿しているのが分かると思います。

 

さっと塗った時とは全然違うので、その違いに驚きますよ!

あかぎれを作らないぞ!原因を知って正しくケア まとめ

皮脂の分泌の減少と空気の乾燥が原因で発症するあかぎれ。

 

修復には、それなりの時間を要します。

 

乾燥しやすい時期になるので、皮脂を守るためにも保湿がとても大切です。

 

そして、なるべく水に触れないようにすると、防ぐことが可能です。

 

あかぎれはひどくなると、ひび割れと出血を繰り返すので治癒しにくくなります。

 

ひどくなるようなら、病院を受診することも考えておきましょう。

 

コメント