赤ちゃんの人見知りはいつから?周囲を気まずい雰囲気にしない対処法

443460

 

 

赤ちゃんが産まれたとなるといろいろな人が見に来てくれて、散歩に出かけると話しかけられたりなんだかママまでアイドル気分になっちゃうものですよね。

 

それに赤ちゃんが産まれてから、いままでなかなかできなかったご近所付き合いをするようになったなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんなママたちを悩ませるのが、いつからか始まる赤ちゃんの人見知り。

 

赤ちゃんの成長過程で、毎日ずっと一緒のママ意外の人が近づくと、大きな声で泣き出します。

 

初めて会う人にはもちろん、おじいちゃんおばあちゃんやパパにまで、、、

 

パパ方のおじいちゃんおばあちゃんに会った時大号泣されて少し気まずい思いをしたママも多いのではないのでしょうか?

 

悪い人ではないのに、赤ちゃんがあまりにも泣きまくるとママも申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいますよね。

 

赤ちゃんの人見知りはいつから始まるものなのでしょうか?

 

今日は赤ちゃんの人見知りについて書いていきます。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの人見知りはいつからはじまる?

一般的には生後半年から人見知りが始まる子が多いです。

 

終わる時期はだいたい2歳になるころでしょう。

 

ただし、赤ちゃんによってその時期はバラバラで、早ければ生後3、4か月ごろから人見知りをする赤ちゃんもいます。

 

次の項目で詳しく話しますが、人見知りはいつから何歳からというよりは、ママと他人の区別がはっきりとわかり他人に興味を持ち始めたときからはじまります。

 

もちろん人見知りをしない赤ちゃんもいます。

 

その場合、自閉症や発達障害を気にするママがいるみたいですが、ある程度の月齢になっても「表情がいつまでもない」や「名前を呼んでもふりかえらない」など他の症状がある場合は病院に相談してみましょう。

なぜ赤ちゃんは人見知りをするの?

そもそもなぜ赤ちゃんは人見知りをしてしまうのでしょうか。

 

大きく二つの理由があります。

赤ちゃんの記憶する能力が発達したから

厳密にいうとママと他人の区別は産まれてすぐについていますので、他のよくお世話をしてくる人や会いに来てくれる人を記憶する脳ができたといえます。

 

今までに会ったことがない人や今までに行ったことがない場所にいくと不安になり、泣き叫んだり、恥ずかしがったり、隠れてしまったり、ママに助けを求める気持ちから行動します。

近づきたいけれど怖いという赤ちゃんの葛藤

好奇心旺盛な赤ちゃんの方が人見知りをすることが多いということです。

 

赤ちゃんの人見知りは、初めてのものを見たとき近寄って行きたいけれど、でも怖いからどうしようと悩んでいる現れなのですね。

 

よく「人見知り」と「ママから離れたくない」を一緒だと勘違いしているママを見受けますがこれらは異なり、対策も変わってくるので気を付けるようにしてください。

 

さきほど3,4か月の赤ちゃんも早ければ人見知りをはじめると言いましたが、この時期の場合はまだ「ママから離れたくない」の気持ちで泣いてる赤ちゃんも多いと思うので、それは他のものに興味をもった「人見知り」とは違うので別の対処法をしてください。

赤ちゃんの人見知りの対処法はないの?

赤ちゃんの成長過程である人見知りですが、親としてはできるだけうまくやってほしいものですよね。

 

とくにパパ方のおじいちゃんおばあちゃんときたら、泣いてしまったことをしつけができてないなんてママのせいにしてくる人も!

 

そんな事態は極力避けたいので、これから対処法をご紹介します。

まずはママの精神を落ち着かせましょう

よく子供の予防注射は親の緊張が子供にうつって泣くなんて言われますよね。

 

それと一緒です。赤ちゃんが人見知りを発動しないかママが緊張していると、赤ちゃんにもその緊張がうつります。

 

緊張してしまう気持ちはわかりますが、必要以上に考えすぎないようにしてください。

 

久しぶりもしくは初めて会う人に会う前はママも赤ちゃんもリラックスするために、赤ちゃんに優しく話しかけてあげましょう。

 

もし赤ちゃんが人見知りを発動させても過剰に反応するのはやめましょう。

その人とママが仲の良い姿を見せるのも効果的

その姿を見せる、今まで「近づきたいけれど怖い」と考えていた赤ちゃんの「怖い」の部分が少なくなります。

 

赤ちゃんは人見知りが発動する前に、その人とママの様子をじっと見ています。

 

仲の良い姿を見せて安心させてあげましょう。

会う人には事前に人見知りであることを知らせておく

初めて会う赤ちゃんに会っていきなり号泣されたら、だれでもあまり良い思いはしないですよね。

 

なので会う前から「実はいま人見知りが発動していて、泣いてばっかりなの。それでも大丈夫?」など泣いてしまっても大丈夫かどうか聞いておくようにしましょう。

 

 

パパや祖父母など身内や親しい仲の場合は、赤ちゃんに人見知りをされると傷つく場合があります。

 

この事前に人見知りであることを報告しておくことで、場の雰囲気がそこまで悪くなることはないでしょう。

赤ちゃんの人見知りはいつから?対処法とは? まとめ

自分の親しい人の前で大号泣されてしまうとなかなか気まずい雰囲気になりますよね。

 

私の場合、「パパ見知り」が始まってしまったときはなんともいえない気持ちになりました。

 

私がよくやっていたのは赤ちゃんに話しかけるときあえてパパというワードを多くしたり、写真をよく見せるようにしていました。

 

ある程度の年齢になるとパパのことをわかるようになりますが、赤ちゃんのうちはなかなか覚えられず、休日は大号泣と主人と少し気まずい感じになったのを覚えています(笑)

 

成長過程でいつか終わりがくるとはいえ、自分ではなく周りを傷つけてしまうので気が重たくなってしまいますよね。

 

今日紹介した対処法を試して、赤ちゃんの人見知り乗り越えましょう。

 

 

コメント