子どもの虫歯は親の責任?親の虫歯は子どもにうつる!?虫歯予防対策

.jpg

 

 

 

ひと昔前に、子どもの虫歯は親の虫歯菌が移ったことが原因であることが世間で話題になりましたよね。

 

このころまではママが一度口で噛んで柔らかくなったものを子供にあげていましたが、いまではそれをやる人は少なくなってきました。

 

なんとなく想像つくからやめていたけど、実際どういけないのかご存知ない方も多いかと思います。

 

今日は親の虫歯が子どもに移る説の説明と子どもの虫歯の予防法を書いていきます。

 

スポンサーリンク

子どもの虫歯は親の責任?なぜ親の虫歯が子供に移るの?

虫歯というのは、お口の中にあるミュータンス菌というばい菌が歯を溶かしてしまう病気のことをいいます。

 

成人した日本人の8割が、1本は虫歯があるという現状です。

 

ではこのミュータンス菌はどうして口の中に繁殖してしまうのでしょうか。

 

そもそも人間は生まれたときの口の中に、ミュータンス菌は存在しません。

 

つまりなんらかしらのタイミングで口の中に侵入し、それが糖分を酸にかえてしまうことで歯を溶かし虫歯になってしまうのです。

 

その原因となってしまうのが、ママの口移しです。

 

まだ歯が生えたての子どもが固い物を食べられない様子を見て、ママは自分の歯で一度噛んで柔らかくしてから渡してあげたくなってしまいますよね。

 

ですが、これがまだミュータンス菌が存在しなかった口の中に、ミュータンス菌を侵入させてしまう瞬間なのです。

 

そのほかにもミュータンス菌は唾液を介して口と口の中を移動するので、熱いものをフーフーしてあげたり、口にチューしたりすると移ってしまいます。

 

あとはママが使った食器やグラスの使いまわしもよくありません。

 

ママの食器に残った食べ物も子供にあげるのは控えましょう。

 

もちろんこれはママだけでなく、周りの大人全員に共通することなので、周りの人の理解も得ておくのが親の責任です。

 

ミュータンス菌の感染時期が早ければ早いほど虫歯になる?

大人の口の中には300から400種類の常在菌が存在していて、この中には良い菌もあります。

 

ですが、乳歯が生えそろうまでの期間はこの常在菌が整っていません。

 

なので、1歳7か月から2歳7か月の間の1年間は特にミュータンス菌が移りやすく、気を付けなくてはなりません。

 

逆に3歳を過ぎると乳歯もそろってきて常在菌も整うので、虫歯になりにくい体質をつくることができます。

 

子どもの虫歯親の責任? 子どもの虫歯対策 

①歯磨きをしよう

生後6か月あたりから乳歯が生え始めます。

 

一日2回しっかりと歯磨きをする習慣をつけましょう。

 

できればフッ素入りの歯磨き粉を使用することをおすすめします。

 

子どもが一人で歯磨きできるようになっても、はじめのうちはママかパパでしっかり仕上げ磨きしてあげるようにしてください。

 

②うがい薬を使おう

うがい薬を使ってうがいをすると、殺菌され虫歯の予防につながります。

 

そして風邪の予防にもつながるので、うがいができる歳になったら試してみてください。

 

③定期健診に行きましょう

歯医者さんに2か月に1回検診に行くようにしましょう。

 

どれだけしっかり磨けていると思っていても、磨き残しがあったり、こまめに検診することで虫歯があった場合も悪化する前に処置することができます。

 

また歯医者さんに行くとフッ素を歯に塗ってもらえるので、酸に負けない歯をつくり虫歯を予防することができます。

 

④虫歯にさせないために避けるべきもの

甘いものは避けるようにしましょう。

 

どれだけ歯磨きをしっかりとしていてもチョコレートやあめ、ガム、グミなど歯にくっつきやすいお菓子ばかり食べているとそのカスが歯に残って虫歯にさせてしまいます。

 

お菓子を与えるときには注意してください。

 

そして食べ終わった後はなるべく歯磨きを、むりなときは口をゆすぐようにしましょう。

 

飲み物は食べ物と同じぐらい虫歯にさせてしまう恐れのある危険なものです。

 

まずは炭酸飲料です。

 

飲むと炭酸ですっきりとして大人でも大好きな方がおおいですよね。

 

ですがこの炭酸飲料、糖分がたっぷりと入っていてしかも歯を溶かす酸も入っているのです。

 

せめて3歳を過ぎるまでは飲ませないようにしましょう。

 

そして意外を見落としがちなのが野菜ジュースです。

 

野菜というと健康的なイメージで、安心してあげてしまいますが、この中にも果糖はいっていますので注意してください。

 

⑤だらだら食べは控えましょう

脱灰というお口の中のカルシウムが溶け出すのと、再び歯にカルシウムが戻る再石灰化というものが繰り返されています。

 

再石灰化には時間が必要ですが、だらだら食べをしているとその時間が失われ、再石灰化をすることができません。

 

よって歯は溶け続けている状態になり虫歯になります。

 

子どもの虫歯は親の責任? ママの正しい虫歯治療も大事です

産後は子育てに忙しくて、歯磨きも適当になってしまうことがあります。

 

そうなるとママのお口の中はミュータンス菌がいっぱいで虫歯に非常になりやすい状態です。

 

歯磨きに時間を当てづらいのはわかりますが、これも我が子のためです。

 

できるだけ歯磨きをしっかりとするようにしてください。

 

そして虫歯がある場合には、早めに歯医者に通うようにしましょう。

 

子どもの虫歯は親の責任?虫歯予防対策 まとめ

虫歯はしっかりと予防すれば防げるものです。

 

自分のせいで我が子が虫歯だらけになるなんて耐えられませんよね。

 

ですが徹底しすぎても、続かなくては意味がありません。

 

自分のできる範囲で少しずつ試してみましょう。

 

コメント