子供に風邪をひかせない!積極的に取り入れたい風邪予防になる食べ物

1400840

 

 

一番の風邪予防は「さまざまな栄養素をバランスよく摂取すること」です。

 

でも、特に風邪に効果があるといわれている「りんご」「にんじん」「にんにく」「ヨーグルト」を意識してとるだけでも、予防と回復には効果があります。

 

今回は子供に風邪をひかせないためにできることや、風邪をひいてしまった場合にできることをご紹介します。

 

大人にも役立つ情報ですので、参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

風邪を予防するために大切なことはこれ!

 

風邪予防に大切なのは、「ウイルスを侵入させないこと」と「ウイルスに負けない体をつくる」ことです。

 

ウイルスを侵入させないためには、やはり手洗いやうがい、場所によってはマスクを適切につかうなど、日々のちょっとした習慣が大切ですよね。

 

そしてウイルスに負けない体を作るためにはやはり食事が大切です。

 

食事をすることで体温が上がり、風邪の予防効果が期待できます。

 

睡眠中は体温が下がりますので、特に朝食は重要できちんと朝食を摂って体温を上げておくことが必要なのです。

 

ショウガや根菜は体温を上げる効果があるので、みそ汁に使用したりすると、体内から温まり

免疫力アップに効果的ですよ。

 

子供はショウガが苦手な場合があるかもしれませんが、少しの量でも効果がありますので、ほんの少しすり下ろして入れてみてくださいね。

 

もちろん、服装などで「寒い」と感じるのは黄色信号ですので、きちんと体温調節できるように、服装も注意しましょう。

 

風邪予防に効果的な食べ物とその効果は?

 

最初に紹介した「りんご」「にんじん」「にんにく」「ヨーグルト」の4つの食材が、どうして予防や改善に効果的かを見ていきましょう。

 

まず、「りんご」は風邪をひいた時に消費し、必要となる栄養素を豊富に含んでいる食材です。

 

確かに、風邪=りんごというイメージがあるくらい、良いという話は聞きますよね。

 

予防だけでなく風邪をひいてしまった時も水分が多く食べやすいですし、脱水の予防や食物繊維が豊富で整腸効果も期待できます。

 

「にんじん」は風邪予防や回復に効果のあるビタミンが多く含まれていますし、根菜ですので体を温める効果も期待できます。

 

風邪をひいてしまったときは、ちょっと食べづらいかもしれませんが、すり下ろしたり、ミキサーにかけてジュースやスープにすると栄養をしっかり摂れておすすめです。

 

「にんにく」には免疫力を高める効果があります。

 

含まれる成分がウイルス対策に役立ち、体を守ってくれますし、食欲も増進させてくれるので、普段から取り入れて体調を管理したいですね。

 

にんにくは生のままだと胃腸に刺激が強いので、加熱調理するようにし、摂り過ぎには注意しましょう。

 

「ヨーグルト」は腸内環境を整えてくれます。

 

風邪やインフルエンザ、花粉症などのアレルギーには腸内環境の改善が効果的だという話を聞いたことはありませんか?

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、腸内環境を整えて自己免疫力を高めてくれます。

 

乳酸菌の種類によって効果も違いますので、自分に合ったものを探すのもいいですね。

 

どの食材も、風邪予防と早期回復にはピッタリですが、摂ったぶんだけ効果が上がるわけではありません。

 

何よりも、いろいろな食材をバランスよく摂取することが吸収を効率よくするためにも大切になります。

 

バランスよく食べるのは難しいけど、実行する方法はある?

 

体のためにはバランスよく食べるのが一番だということは、頭では分かっていても実行するのは難しいですよね。

 

ですが、いつもとは違った珍しい食材を試してみるというのはひとつの手かもしれません。

 

私もなのですが、買う食材も作る料理もワンパターンで、一週間を通しても足りない食材がある状態です。

 

作る方も忙しかったり、好き嫌いがあったりして、なかなか簡単ではないですが、普段は買わない食材をあえて選んで購入して調理してみましょう。

 

いつもと違う食材を使う日を作ると、足りない部分を少しは補うことができると思います。

 

分類は同じ「野菜」や「魚」でも、栄養素はかなり違うことが多いですし、置き換え食材として使ってみるのが一番ですね。

 

いつものメニューに使う食材の一部だけの変化なら、好き嫌いの激しい子供でも、比較的食べてくれやすいですし、もしかしたら気付かないかもしれません。

 

「食べなさい」とガミガミせずに、内緒で仕込んじゃいましょう。

 

特に風邪やインフルエンザが流行する時期には意識してやってみることをおすすめします。

 

気を付けていても風邪を引いてしまった。早く治す方法はある?

 

風邪を早く治す方法は「休養を取る」ことです。

 

風邪をひいたということは、疲れやストレスが溜まり、自己免疫力が下がっていたということです。

 

無理をして行動しても、勉強も頭に入らないでしょうし、仕事も集中できませんよね。

 

体調が悪い場合、体も休息を求めているので、倦怠感や眠気などの症状も出ます。

 

休むことが難しいという人は多いと思いますが、できるだけ休息をとるように心がけましょう。

 

熱が高い場合はインフルエンザなども考えられますし、なるべくなら受診をすることをおすすめします。

 

一般的な風邪の場合は、抗生剤も効かないようですし、症状を楽にする薬を服用しながら、自然治癒を待つことになります。

 

そして、体を冷やさないように、暖かい服装をし、温かいスープなどを飲むと良いです。

 

食欲がない場合でも、ショウガを使った飲料や、ヨーグルトなど、食べられるものを口にしましょう。

 

体を休めずに無理をしたり、症状が軽くなったからといっていきなり元の生活に戻すなどすると、なかなか完治できないので、注意が必要です。

 

積極的に取り入れたい風邪予防になる食べ物 まとめ

 

風邪予防には、子供も大人も体温を上げることと、栄養をきちんと摂ることが大切です。

 

体を温める食材は積極的に摂取していきましょう。

 

忙しい時代ではありますが、きちんと睡眠をとり、規則正しい生活をすることが一番の予防になります。

 

その上で、手洗いうがいなどの基本的な予防法が効果的です。

 

そしてもし、風邪をひいてしまった時は、無理をせずに、体が一番楽な状態で休養してくださいね。

 

コメント