肩こり解消にいい食べ物とは?ガチガチ肩こり&首の痛みを軽くしよう

.jpg

 

 

肩こりの対処法にはストレッチやマッサージ、肩を温めることなどが有名ですよね。

 

正直そんなの毎日続けてやってられない!!

 

と感じている方もいるのではないでしょうか。

 

実は、肩こりの解消が期待できる食べものがあること知っていますか?

 

スポンサーリンク

肩こりはなぜ起こるの?

 

まずは肩こりがどんな状態なのかをみていきたいと思います。

 

肩こりとは首まわりの筋肉が、疲労や緊張でこわばっている状態をいいます。

 

肩のまわりはたくさんの筋肉が複雑に絡み合っていて、重たい頭や肩の関節を支えています。

 

(あまり知られていませんが、頭は身体の全体重の約1/10もの重さがあるんです!

例えば、体重50㎏の人の場合は約5kgの負担が首から肩の筋肉にかかっていることになります。)

 

その筋肉が柔らかい状態であれば血液の流れは良いが状態ですが、肩まわりの筋肉が固まってくると、血の流れが悪くなり、疲労物質なども発生しやすくなります。

 

それらの物質が肩のまわりにたまると、神経を刺激され、肩こりや肩の痛みにつながると言われています。

 

ということで、肩こりは肩の筋肉の血流不良であることが分かりますね。

 

そのため、肩の筋肉を柔らかくするストレッチやマッサージ、入浴などで肩を温めて肩の筋肉の血行をよくすることが対処法とされています。

 

肩こり解消が期待できる食べ物は?

 

それではここからは、そんな肩こりを解消するのに期待できる食べものを栄養素別に紹介していきたいと思います。

 

血流をよくするビタミンE

肩こりは同じ姿勢をとりつづけていることで血管が圧迫され、血流が悪くなることで起こっていることがほとんどの原因と言われています。

 

それを緩和するのが、血液の循環を良くする栄養素のビタミンEです。

 

「抗酸化ビタミン」としてもよく知られていますよね。

 

・アボカド

・豚肉

・焼きのり

・かぼちゃ

・うなぎ

・ごま

・アーモンド

・植物油

 

などにビタミンEは多く含まれています。

 

ちなみに油と一緒にとることで、体内に吸収されやすいという特徴があるので覚えておくといいと思います。

 

乳酸の軽減にはクエン酸

身体に乳酸というものが溜まると、筋肉が疲労し肩こりの原因となります。

 

その乳酸を代謝する働きをするのがクエン酸です。

 

クエン酸を積極的に摂取して乳酸を貯めないようにすることで、肩こりの解消になります。

 

クエン酸を多く含む食べものはこちらです。

 

・梅干し

・レモン

・グレープフルーツ

・パイナップル

・イチゴ

・メロン

・酢

 

筋肉の元になるタンパク質

筋肉が衰えてくると肩こりになりやすい体質になると言われています。

 

そのため、筋肉のもととなるタンパク質を摂取することも肩こり改善につながります。

 

タンパク質が含まれる食べものは有名どころですが

 

・肉類

・魚

・たまご

・大豆

 

です。

 

症状を和らげるビタミンB1

疲労回復効果があると言われており、肩こりの症状を軽くすると言われているのがビタミンB1です。

 

ビタミンB1が多い食材はこちらです。

 

・豚肉

・ゴマ

・大豆や大豆食品

・玄米

・そば

 

筋肉の緊張を緩和させるマグネシウム

筋肉が緊張することで肩こりを引き起こすこともあります。

 

そのときはマグネシウムが筋肉の緊張を和らげてくれます。

 

マグネシウムを多く含む食べ物はこちらになります。

 

・貝類

・納豆

・さくらえび

 

などです。

 

強い骨を保つカルシウム

これはなんとなく肩こりに良さそうと想像ができる栄養素ですね。

 

カルシウムは強い骨を作ったり、保ったりする作用があります。

 

肩まわりを支える筋肉を支える骨がしっかりしていると、肩こりは軽減できるといいます。

 

そんなカルシウムが多く摂取できる食材はこちらになります。

 

・しらすやししゃもなどの骨ごと食べられる魚

・牛乳

・ヨーグルト

・小松菜

・大豆、大豆製品

 

疲労回復のビタミンC

最後にあげるのはビタミンCです。

 

ビタミンCには、疲労回復効果があることがよく知られています。

 

これは肩こりの緩和する働きがあります。

 

また、強力な抗酸化作用があり、酸化ストレスを抑えて細胞をフレッシュな状態に保つことができます。

 

・レモン

・ブロッコリー

・イチゴ

・パプリカ

・イモ類

 

などに多く含まれているといいます。

 

ただし、水に溶けやすくて酸化しやすいという性質があるのでできるだけ生で食べることをおすすめします。

 

このような食材を気にして食事をすることで、肩こりを予防したり緩和することができますよ。

 

また食事でまかなえない場合は、その栄養素を多く含むサプリメントをとるのもいいかもしれませんね。

 

肩こり解消にいい食べ物とは? まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

肩こりを解消するためには

 

・ビタミンE

・クエン酸

・タンパク質

・ビタミンB1

・マグネシウム

・カルシウム

 

を多く含む食べ物を選んで食べるとよいことが分かりましたね。

 

これらの食べ物を意識して摂取することで肩こり緩和が期待できます。

 

しかし、根本的な治療にはなりませんので適切な運動や鍼灸、リハビリなどの治療と併用することをおすすめします。

 

コメント