カーテン・サッシもカビだらけ!?我が家の簡単結露対策5選!

 

 

だんだん秋めいてきて朝夜は寒くなってきましたね!

 

やっと暑い夏が終わったー!と思ったら今度は寒い冬…

 

夏は湿気対策…冬は結露対策と我が家には一年中何らかの問題があります。

 

朝起きると窓に結露が!

 

気がつくとカーテンにポツポツカビが!

 

うちは結露が酷いので毎年試行錯誤して対策しています。

 

今年もそろそろ始めないと、と思っている今日この頃です。

 

そんな冬の嫌な結露を上手く乗り越える実際に試してよかった今年の冬から使える方法をいくつかご紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

 そもそも結露ってなに?なぜ起こるの?

結露とは窓ガラスや壁など冷えた物体の表面に、空気中の水蒸気が凝縮し水滴となって付着する現象のことをさします。

 

夏にグラスに冷たい飲み物を入れて周りに水滴がつくあの現象と同じです。

 

外気や氷などで冷やされた窓ガラスやグラスに、室内の暖かい空気が触れることで、空気も冷やされていきます。

 

水蒸気が気化した時に表面に現れる水滴が結露です。

 

結露を放っておいてはいけない!人体への影響も大!

忙しい朝に、いちいち拭いたり対策とるのは大変!

 

ちょっとくらいすぐ乾くし放っておいても大丈夫なのでは?と思ってしまいますが、いけません!

 

床にこぼした水はすぐに拭きますよね?それと同じです。

 

結露を放っておくとカビやダニの発生の原因になってしまい、これらはアレルギーやハウスダスト、アトピー性皮膚炎などを引き起こす為要注意です!

 

また家にも大きなダメージを与えてしまいます。

 

木材が長期間水分に晒されると、腐食やシミの原因にもなり、ヒビ割れから浸水したり内部結露してしまうこともあります。

 

腐食した木材は地震にも弱くなりまた、シロアリ等の湿った木材を好む害虫を呼び寄せてしまう事もあります。

 

それではどうしたら良いのか?

いくつか対策を紹介したいと思います。

結露対策どうしたらいいの?どんな方法がある?

外気との気温差を小さくし、水蒸気をできるだけ出さないようにする。

住宅の中で1番温度変化する場所は窓際です。

 

なので窓を2重サッシやペアガラスにすると結露を防げますが、なかなかお金も時間もかかってしまうので、簡単に出来ることは、2重レールで断熱カーテン等厚めのカーテンを使う事で空気の出入りを防ぎ結露を防止します。

 

また水蒸気は加湿器や、炊飯器などですぐ発生してしまうので、出さないようにというのは難しいかもしれませんが、こまめに換気をしたり除湿剤を使って余分な水蒸気を飛ばしましょう。

 

結露のひどい時は換気扇を回しておくのも良いと思います。

 

加湿器の使用を控える

冬は乾燥やインフルエンザ対策で加湿器を使う方も多くなると思います。

 

ただ、湿度を上げすぎると結露の発生の原因となりカビなどの発生にも繋がりますので気温計や、湿度計を設置して、50%くらいの湿度を保ちましょう。

 

窓際の結露は専用グッツを使う

窓際が1番結露しやすく、湿気を発生させるので、窓に貼るための結露防止シートや吸水シート等を貼ることです。

 

百円均一や、ホームセンターで購入でき、値段も数百円から数千円程度なので気軽に購入出来て色々試しやすいと思います。

 

また、出来てしまった結露は結露対策用のスポンジ等で、吸い取り、家に対策道具がない方は窓の下サッシの部分にタオルを置いたり、夜から朝にかけてなら、気になる所に新聞紙を貼るのも手です。

 

食器用洗剤でガラスをコーティングする

ご自宅にある食器洗剤が窓の結露を防止してくれるのです。

 

一般的に、食器洗剤には界面活性剤が含まれていてこれが水滴を弾く効果を持っています。

 

食器洗剤の薄い膜を窓ガラスに塗ることで界面活性剤が層となり結露ができにくくなります。

 

やり方は最初に窓を乾拭きし汚れを落とした後、洗剤を10倍~15倍に薄めた水で、布を濡らし、キレイな布で拭きます。

 

効果は比較的長続きするため、1週間ごとに拭くと良いかと思います。

 

とても簡単で効果抜群なのでおすすめです。

 

観葉植物や、花瓶などを置かないようにする。

観葉植物や、花瓶は結露を出しやすいものなので気になる時期や季節は特に気をつけましょう!

 

我が家の簡単結露対策 まとめ

うちは夏は湿気が多く冬は結露してしまうので本当に住みにくく引越しも考えましたが、それ以外は充実しているので住み続けています。

 

対策さえすれば住みにくい家も快適に過ごせます。

 

上記でおすすめした洗剤を使った方法は特におすすめです。

 

掃除の要領ですれば対して面倒ではないですし、意外と長持ちします。

 

それでも面倒な方は専用の結露防止スプレーも販売しているので使用してみるのも良いと思います。

 

うちは色々と対策した結果、結露が減り、カーテンもカビなくなり快適です。

 

意外と放っておかれるサッシのカビは早めに掃除した方が良いです。

 

窓を綺麗にしても意外とサッシがカビだらけ…なんて事がよくありますから。

 

どうでしたか?

 

お金も手間もたいしてかからないのでご自分でやりやすい方法を見つけて、試してみてくださいね!

 

コメント