四季の七草粥はいつから?由来や地方の違いにびっくり!

.jpg

 

 

みなさんは、七草粥って食べたことはあるでしょうか?

 

古くからある日本の伝統的な行事の一つです。

 

七草には、四季によって種類の異なる野草、もしくは野菜を食します。

 

今回は、四季の七草がいつから食べられるようになったのか、また、その由来とはなんなのか。

 

見ていきましょう!!

 

 

スポンサーリンク

七草とは

 

人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜や野草を入れた粥を食す風習の事です。

 

人日とは古来中国で、年明けからの7日間をそれぞれ

 

1日…鶏の日        2日…狗(犬)の日          

3日…猪(豚)の日4日…羊の日       

5日…牛の日        6日…馬の日       

7日…人の日

 

とし、6日まではその動物を殺さないように、7日目は罪を犯したものを罰しない(刑罰を行わない)としていたとされます。

 

また、この日に7種の野菜を入れた羹(スープ)を食べていたことからこれが平安時代に伝わり、江戸時代に定着したものと考えられます。

 

元は、秋の七草を指しており、小正月(1月15日)は“七種”と書きます。

 

現在の日本では、人日の風習と小正月の風習が混在し1月7日に“七草粥”が食べられるようになりました。

 

四季の七草

.jpg

 

 

春と秋は、七草としてよく聞かれますが、四季を通して、七草があるのはご存知ですか?

 

春から一つずつ見ていきましょう!

 

春の七草

セリ  ナズナ  ごぎょう  はこべら  

ほとけのざ  すずな  すずしろ

 

邪気を払い、万病を除く占いとして食されます。

 

昔は寒く、野菜なども多くはなかったので不足した栄養を補うために食べられていたとも言われています。

夏の七草

よし  い  おもだか  ひつじぐさ  

はちす  かわほね  さぎそう

 

昭和初期に読まれた和歌

 

「涼しさは よし い おもだか ひつじぐさ はちす かわほね さぎそうの花」

 

これは、勧修寺経雄が詠んだ和歌です。

 

秋の七草

おみなえし  おばな  ききょう  

なでしこ  ふじばかま  くず  はぎ

 

山上憶良が詠んだ和歌が由来とされています。

 

「秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花」

 

「萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 姫部志 また藤袴 朝貌の花」

 

秋の七草には何かを行う行事はありません。

 

花野を散策し、和歌や俳句を詠むことから 秋の七草は鑑賞するためのものです。

 

それぞれの七草には、薬効があることが分かっています。

 

冬の七草

かぼちゃ  レンコン  人参  銀杏

金柑  寒天  うどん(うんどん)

 

冬の七草は諸説あり、これといった明確なものがありません。

 

冬至の七種が一例として挙げられています。

 

運が倍になるという意味で、「ん」が二度付く食べ物を七草としていたようです。

 

七草粥はいつから、食べられるようになったの?

七草は、中国より伝来した無病息災・立身出世を願う羹(スープ)を食べていた風習が起源となっています。

 

平安時代には、羹ではなく7種の穀物粥を食べるようになったと言われています。

 

また、古くからある「若草摘み」の風習と結びつき鎌倉時代より、七草粥を口にしていたとされています。

 

スゴイですね~。平安時代からずっと食べられているのですね!

 

厄払いと一年の無病息災を願い、1月7日に七草粥を食べていました。

 

そのほかにも七草粥は、お正月のおせち料理などで疲れた胃腸を労わるためとも言われています。

 

食べるタイミングとしては7日の朝に食べることが理想とされています。

 

しかし、現代では朝食を食べない人も増えてきているため昼食や夕食、または後日休みの日などにしても大丈夫でしょう。

 

七草粥は時代に合わせて

七草と言われても、ピンとこないことや子どもたちに「これが…」と、教えることも難しくなって、なかなか七草を取りに行くという事は出来なくなってきています。

 

ですから、最近では、時期になりスーパーに行くと七草のセット売りがされています。

 

手軽に七草粥を作ることができるようになってきましたね!

 

また、フリーズドライのものを見かけるようになりました。

 

七草粥は地方で違いがあるのです!

七草粥には、地方で少し違いが出ます。

 

基本的には、春の七草を使いますが、そのほかに野菜やもちなどをいれるところもあるのだとか!

 

東北地方の七草粥

気候や降雪の関係で七草を集めることが困難な東北地方。

 

山形県では、ゴボウ、人参、こんにゃく、サトイモなどの葉や茎、油揚げなどを入れ納豆汁を作ったものを1月7日の朝に食べます。

 

秋田県や青森県では、1月16日の小正月に「けの汁」という根菜を多く使用した精進料理を食べ祝うようです。

 

北海道の七草粥

焼きもち入りの粒あんの汁粉やありあわせの野菜を入れた粥を食べます。

 

関東地方の七草粥

七草粥のほかに、雑炊や混ぜご飯などにして食べることもあるそうです。

 

中部地方の七草粥

七草以外に、小豆を使用したぜんざいや雑煮が食べられています。

 

近畿地方の七草粥

もち入りの粥や雑煮が一般的です。

 

中国地方の七草粥

粥や雑炊に青菜やもちを入れたものを食べます。

 

四国地方の七草粥

粥や雑炊だけでなく、和え物やおひたしなどで食べることもあります。

 

九州・沖縄地方

粥や雑炊はもちろんのこと、そのほかにお味噌汁や寿司、炊き込み飯などが食べられています

四季の七草粥はいつから?由来や地方の違いにびっくり! まとめ

七草は四季を通してあることが分かりました。

 

しかし、実際に食されているのは“春の七草”です。

 

七草それぞれに、弱った消化器を労わるような効果があると言われ、地域ごとにさまざまな工夫がなされているのですね!

 

自分の地域だけでなく、多くの地域の七草を食べてみたくなりました。

 

あなたの住んでいる場所では、どんな七草が食べられていますか?

 

コメント