赤ちゃんの人見知りいつから始まる?現役保育士が心構えを伝授!

.jpg

 

 

「人見知りといえば、うちの子ぜんぜんしないわ!」

 

「うちはパパでもぜんぜんダメ!」

 

などママ友同士の会話でも良く出てきますね。

 

ところで、赤ちゃんの人見知りというのはいったいどういうことなのでしょうか?

 

・なんとなく聞いたことがあるけれどよくわからない。

 

・大人の人見知りとは違うのかな?

 

・いつから始まるんだろう?

 

あらためて考えてみるとよくわかりませんよね。

 

そこで、現役保育士の私の感想も交えながらお伝えしたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの人見知りに原因はあるの?

 

いつもにこにこしていたのに、突然泣き出して・・・

 

こんなふうに「どうしたの?」という言葉が思わず出てしまうようなタイミングではじまる人見知り。

 

特に初めてのお子さんだとびっくりしてしまいますよね。

 

さて、人見知りの原因とはなんなのでしょうか?

 

・顔をあわせたのが初めてだったから?

 

・すごく怖い顔をしていたから?

 

・大きな声をだして驚かせたから?

 

その時の状況を考えるといろいろな事を考えてしまいますよね。

 

でも、誰かが原因なわけではないのです。

 

人見知りは、赤ちゃん自身が、大好きなママ以外の人との見わけがつくようになった成長のひとつ。

 

「あら、だんだんとわかるようになってきたんだわ!」と思っていいのです。

 

大人の人見知りとはまたちがうと思ってくださいね。

 

 

人見知りが始まるのはいつから?

 

それでは、人見知りが始まる時期はいつ頃なのでしょう。

 

おおよそですが、生後半年を過ぎると始まるなんていわれています。

 

でも、これはだいたいの目安なんですね。

 

半年も経たないうちから人見知りが始まり、急に泣き出したり、ママにしがみついて離れないなんてこともありますから。

 

反対に、「あれ?人見知りあったかなー?」なんてこともあります。

 

 

思い起こしたら、あれが人見知りだったかな?という感じですね。

 

どうして、赤ちゃんによってこのような違いがあるのでしょうか?

 

それは、赤ちゃんも一人一人違うからなんですね。

 

私の仕事先は保育園なので、たくさんの赤ちゃんと出会います。

 

おっとりとしている子、活発な子、やさしいけれど泣き虫な子、お友達に強気な子、初めてのことが苦手な子、なんでもやりたがる子、当たり前ですがみんな同じわけではありません。

 

みんな同じではないし、育児本のようにバッチリ月齢で成長するわけではないということですよね。

 

また、家族構成や育つ環境でも変わってくるといっていいでしょう。

 

たとえば、よく出かける家庭は、ふだんからいろいろな人に出会います。

 

また、家族が多く大人に囲まれて育つ環境では、人見知りがあまりでないこともあるのですよね。

 

でも、それだけでもない・・・・・だから、人見知りになる前からいろいろと考えすぎるよりも、その時が来たら対処法を考えよう!ということでも遅くないかもしれません。

 

赤ちゃんに人見知りされたらどうする?

 

逆に人見知りをされている側の人は、「なんとか慣らしてみせるぞ!」とグイグイいかないことです。

 

このグイグイ感が赤ちゃんはとっても苦手だし、こわいと思ってしまいます。

 

まずは、赤ちゃんの方を時々見て、ニコニコ微笑むだけ!

 

それからママと仲良しでおしゃべりしているうちに、赤ちゃんの方から何か動きがあると思いますよ。

 

ちなみに、仕事先の保育園で人見知りの赤ちゃんはもちろんいます。

 

違うクラスだと人見知りされることも!

 

そんな時は、この方法でじわじわと仲良くなっている私です!

赤ちゃんの人見知りはいつから始まる? まとめ

 

人見知りについて、何となくわかったのではないかなと思います。

 

もし、赤ちゃんに人見知りが始まったら、「おっ!とうとうきたな!」と思って、ママはどっしりしているのが一番です!

 

こんなふうにママの動じない心が、赤ちゃんの安心材料となり、人見知りが軽減することにもつながるのですよ!

 

また、すでに、人見知りの赤ちゃんがいる場合は、なるべく「自分でなんとかしなきゃ!」と思わないほうがいいかもしれません。

 

どんどん人に会うようにしなきゃ!と頑張ることでママ自身も疲れてしまいますよね。

 

ママが疲れると、赤ちゃんにも伝わり、結局ふたりで疲れてしまいます。

 

でも、「人見知りがすごすぎるんだよなー」と悩んでいたとしたら、やっぱり何か方法はないかな?と考えてしまいますよね。

 

そんな時は、赤ちゃんが安心できるいつもの場所からは動かないでいることです。

 

つまり、お友達・親戚・祖父母などにはお願いをして、お家に来てもらった方が断然いい!

 

赤ちゃんがとっても敏感になっているのに、場所まで変わったらもっと不安になってしまいますものね。

 

そして、ポイントは、ママ自身がその方たちと仲良くすること!

 

赤ちゃんはママの様子を、よーく見ています。

 

ママがニコニコ笑って楽しそう!

 

そう思わせる空間ができると、この人たちは安心できる人なんだ!と赤ちゃんの中でインプットされて、人見知りにも効果的だと思いますよ。

 

最後に、赤ちゃんの人見知りは成長過程のひとつです。

 

ママは不安がらず、どっしりとかまえてこの時期を迎えてくださいね!

 

コメント