こむら返りの原因と予防する食品とは?手軽な食べ物で激痛対策!

.jpg

 

 

あなたは「こむら返り」ってよく起きる方ですか?

 

こむら返りは、運動をしている時や寝ている時に起こりやすいですよね。

 

「こむら」とは「ふくらはぎ」のことで、「こむら返り」はそのまま、ふくらはぎが痙攣した状態ということになりますが、筋肉の痙攣自体は、ふくらはぎに限らず、全身で起こることがあります。

 

特に起きやすいのがふくらはぎなので「こむら返り」という言葉があるようです。

 

今回はそんな辛い「こむら返り」の詳しい原因と治し方、防ぐための対策などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

こむら返りの原因は?

 こむら返りは、筋肉が収縮し痙攣を起こす状態です。

 

筋肉は伸びすぎたり、縮みすぎたりして、傷めてしまうのを防ぐためにそれぞれを監視する機能があります。

 

伸びる、縮むのどちらかの能力が衰えてしまうと、うまく制御ができず伸びすぎたり、縮みすぎたりといった異常が発生し痙攣を起こします。

 

これがこむら返りのメカニズムです。

 

能力が衰える原因として特にいわれるのが、ミネラルバランスが崩れることだそうです。

 

筋肉の動きをスムーズにする働きのある、カリウムとカルシウムが上手く吸収され働くことが重要になるのですが、この二つの働きを調節する働きがあるのがマグネシウムです。

 

この三つのミネラルが保たれないと、こむら返りが起こりやすくなります。

 

特に、妊娠中の女性はミネラルが不足しやすくなるために、「妊娠中はこむら返りが起きやすい」と言われているのです。

 

私も普段でこむら返りを経験したことはありませんでしたが、妊娠中にだけは、何度もこむら返りを経験し、その辛さに悶絶した覚えがあります。

 

妊娠中の妊婦さんの突然のピキーンに

 

こむら返りが起きたときの対処法

こむら返りが起きると、激痛のあまり動けなくなりますよね。

 

一刻も早く解放されたいと思うでしょう。

 

そんな時にできる対処法は、痙攣している部分の筋肉を伸ばすことです。

 

足の場合、足の指を持ち、体に引き寄せるようにしてふくらはぎを伸ばします。

 

一気に伸ばすと、筋肉を傷めてしまうので、ゆっくり注意して伸ばしましょう。

 

体が硬い人や、妊娠中の場合など一人で伸ばすことは難しい人もいますので、誰かが助けてくれると助かりますよね。

 

身近な人がこむら返りで苦しんでいたら、助けてあげてくださいね。

 

私は妊娠中、毎朝助けて貰っていましたよ。

 

一人の時はどうにもできず本当に辛かったです!!

 

壁を蹴るようにして、何とか伸ばしていましたが、お腹も重いですし、支える腕も辛かったりして大変なんです。

 

こむら返りの予防方法

こむら返りは本当に辛いので、いくら対処法を知っていてもできれば起こしたくないですよね。

 

予防法はあるのでしょうか?

 

まず、ミネラルを不足させないことが重要です。

 

特に夏場や運動した時など、汗をかくとミネラルも失うことになるのでこむら返りが起きやすくなります。

 

また、妊娠中もミネラルを多く消費するため、不足しやすくなります。

 

マグネシウムはわかめなどの海藻類、カルシウムは乳製品、カリウムはバナナなどのフルーツに多く含まれていますので意識して摂取するようにしましょう。

 

ミネラルを摂ればいいということではないので、栄養のバランスにも気を付けましょうね。

 

また、水分の不足でもこむら返りは起こりますので、運動時や就寝前に水分を補給して不足させないようにすることも必要です。

 

特に就寝中は、意外にも大量の汗をかきます。

 

コップ一杯飲んでから眠る習慣をつけるだけでも大きく変わります。

 

冷えが原因で血行が悪くなることも原因となりますので冷え性の方や、足を冷房で冷やされてしまうような方は、なるべく冷やさないよう意識してみましょう。

 

寝る時に靴下を履いたり、足湯に浸かるなども効果的です。

 

加齢などによって機能が衰えることが原因のこむら返りもありますので、昔からおなじみの遠赤外線フリーバンドを巻いたりふくらはぎを伸ばすストレッチを行うなどするのもおすすめです。

 

 

こむら返り予防に売れているサポーターもおすすめですよ。

 

 

こむら返りがよく起きる。そんな時は?

 こむら返りは基本的に一時的なもので、頻繁に起こるものではありません。

 

大体の場合、ある程度の時間で自然に解消もします。

 

特に妊娠の後期はミネラルも不足し、お腹の圧迫によって血行も悪くなります。

 

体もむくみやすくなりますし、こむら返りが起きやすい条件が揃っているので多少は仕方がありません。

 

体を冷やさないようにしつつ、ミネラルの摂取を心がけましょう。

 

私は産後は一切、こむら返りが起こることはなくなりましたので妊娠による影響だったんだねと実感しました。

 

それ以外の人や、産後しばらく経っても、頻繁にこむら返りが起こる場合は筋肉の動きをコントロールする薬を使用して治療する場合もありますので、整形外科や神経内科を受診するようにしましょう。

 

医薬品だけでなく、漢方を使用する場合もあります。

 

先生とよく相談し、合うものを選ぶと良いでしょう。

 

また、「ただのこむら返り」と思っていたものが、別の病気の症状ということもありますので、長時間痛みが引かない場合や、痛む場所が珍しく気になる場合は、念のために専門医を受診した方がよいでしょう。

 

こむら返りが起こる原因と治し方対策を紹介 まとめ

こむら返りは突然起こりますし、本当に激痛なので辛いですよね。

 

運動をしている人や妊娠中の方は多く経験していると思います。

 

なるべく起こさないように、対処法の実践を心がけ、起こしてしまった時も上手に伸ばして乗り切りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント