七草粥はいつ食べる?意味や意外と知られていない効果も紹介!

 

 

お正月を締めくくる料理と言えば七草粥!

 

おせち料理やお雑煮など味が濃い物やボリュームのある料理が続き、たっぷり食べてお正月を満喫した後にさっぱりとした七草粥を口にするとお腹も気持ち的にもなんとなく落ち着く気がします。

 

そんな新年には欠かせない料理七草粥ですが、皆さんは七草粥が体にもたらす効果や、食べることに込められる意味をご存知でしょうか。

 

この記事では七草粥とは何かを詳しく説明していきます。



スポンサーリンク

七草粥とは何か

 

お正月の料理といえば、お雑煮など様々思い浮かびますが「七草粥」も大事なお正月の料理です。

 

七草粥とは春の七草をおかゆにしたシンプルな料理でお正月の締めくくりに頂くのが一般的です。

 

あっさりとした薄味の七草粥ですが、その歴史は深く起源は万葉集の時代つまり飛鳥時代までさかのぼります。

 

この時点では「七草粥」はまだ存在しませんが、新春を迎えたら七草を摘みに行って七草を食べる習慣があったようです。

 

そこから新しい年を迎えたら七草を食べる風習ができ、「七草スープ」として七草が新年の料理に使われるようになったのが平安時代からという記録が残っています。

 

その後、鎌倉~室町時代にかけて次第に米を七草スープに入れるようになり「七草粥」が親しまれるようになったようです。

 

「年頭に豊年を祈願し今年も健康で過ごせますように」という無病息災を願って七草粥は食べられます。



七草粥を食べる日

 

七草粥を頂く日は1月7日の朝と決まっています。

 

これはちょうど「松の内」があける日の朝ということになりますね。

 

新年が始まってからおせち料理などの味の濃い食事が続いた後でしょうから、1月7日に七草粥を頂いて少し落ち着く、というのもいいですよね。

 

お腹だけでなく心もお正月の忙しさから解放される休息日、そこからまた一年頑張ろうと思える日になるのではないでしょうか。

 

七草粥の「七草」とは?

 

 

ところで、七草粥の「七草」とはご存知ですか?

 

・セリ

・ナズナ

・ゴギョウ

・ハコベラ

・ホトケノザ

・スズナ

・スズシロ

 

以上が七草の7種類の作物です。

 

ご存知の方も多いとは思いますが、現代では意外と七草を知らない若い人も増えています。

 

小学生の時には必死になって覚えた七草ですが、七草粥を作る前に「七草ってなんだっけ?」とうっかり思い出せない、なんてことが無いようにもう一度確認しておきましょう。

 

また七草のうち、ゴギョウ=ハハコグサ、スズナ=かぶ、スズシロ=大根をそれぞれ指します。

 

七草粥は日本のハーブ

 

お正月の終わり、新年の始まりに頂く七草粥ですが、実はとても合理的なお料理であることをご存知でしょうか。

 

七草粥に使われる七草は「日本のハーブ」とも呼ばれていて、それぞれが様々な健康作用をもち、体にとてもいいのです。

 

お正月料理はおせち料理や雑煮など味の濃いものしかも普段よりも多めの量を食べる機会が多いでしょう。

 

お正月太りという言葉もあるくらいですから、お正月にたくさんの料理を頂くのは日本人の共通認識でもあるのではないでしょうか。

 

そんなおいしいものづくしお正月も後半につれ、そろそろお腹いっぱいかな、、、と思うことはありませんか?

 

そういう時に締めとしての意味も込め「七草粥」なのです。

 

七草のセリには鉄分が多く増血作用、スズナやスズシロには消化促進作用があるなどそれぞれの役割を果たします。

 

それを消化の良いお粥にして胃に負担をかけないように食べるのですから、お正月にたくさん食べて少し疲れた胃腸も回復させてくれるのです。

 

特に消化に関してはスズナ・スズシロとお粥のダブルでお腹によい料理ですね。




七草粥が庶民に親しまれるようになった時期

 

七草粥とはどのようなものなのか分かった所で、すこし七草粥が庶民に親しまれるようになった時代と背景を紹介したいと思います。

 

七草粥として食べられるようになったのは室町時代くらいですが、一般的に庶民に親しまれるようになったのは江戸時代からです。

 

江戸時代は新年に「七草粥を食べる」ことを公式の行事として幕府が定めていた時期もありました。

 

そのためその風習は貴族たちだけでなく一般庶民にも広まったのですね。

 

国民の中で人口の比率が一番多いのは庶民です。

 

その庶民たちに文化が伝わることで認識が広まり、伝統・文化になっていきます。

 

七草粥の習慣が江戸時代に庶民の間で広まっていなかったら現代まで七草粥の風習が伝わっていなかったと言っても過言ではないと考えてもよいでしょう。

 

そのように考えると不思議な感じがしますね。体に良いものは時代を超えて現代の私たちに受け継がれるし、1月7日に頂くということも伝わっているのですね。

 

七草粥はいつ食べる?意味や意外と知られていない効果 まとめ

 

ここまで七草粥について紹介してきました。

 

普段なんとなく七草粥をお正月明けに食べていた私は目からうろこの情報がたくさんありました。

 

七草粥に胃腸の回復にも役立つ効果があるとは、考えた私たちのご先祖様には頭が上がりません…。

 

「松の内」が過ぎ新しい一年を始める日に無病息災を祈って七草粥を食べる。

 

この意味をしっかり知ったうえで今後お正月の七草粥を食べようと思えました!

 

皆さんも是非七草粥の効果や意味を意識してより良い新年を迎えてくださいね。

 

コメント