家庭菜園で初心者向け野菜3選!道具と育てる際のポイント紹介!

.jpg

 

 

最近、家庭菜園をしているおうちを

よく見かけます。

 

自宅の庭に畑を作っている方

プランターで育てている方

室内で育てている方

 

など,

野菜の特徴や育てやすさなどで

選んでいる方が多いと思います。

 

おうちで野菜が作れたら経済的にもいいですし、なんとなくおしゃれで憧れますよね。

 

でも初心者が家庭菜園を始める場合、どのような野菜を選べばよいのか分からなくないですか?

 

野菜を自分で育ててみると決めたからにはちゃんと育てたいもの。

 

今回は初心者向けの野菜と育てる際のポイント、プランターでの菜園について紹介します。

 

スポンサーリンク

初心者が家庭菜園を始めるには、何が必要?

まずは、家庭菜園に必要なもの、道具をそろえる必要があります。

 

道具のほとんどはホームセンターで揃えることができるので

お近くのホームセンターへ行ってみましょう!

 

 

プランター、もしくは鉢

深めのものを準備しましょう。

どちらもホームセンターや100均でも手に入ります。

 

培養土(肥料入り)

 野菜用に配合された肥料を混ぜた土。

 

肥料

肥料は、培養土とは違います。培養土は土づくりの

基礎部分。肥料は、野菜の栄養となるものです。

これは種類がとても多く、組み合わせなどもさまざま。

ホームセンターなどで店員に相談しながら決めましょう!

 

鉢底石

水はけを良くするために鉢の底にいれる石です。

一緒に網目の粗いネットを準備しておきましょう。

ネットは土が底から、こぼれだすのを防いでくれます。

 

種、もしくは苗

ホームセンターや100均で購入可能。

ネット購入もできます。

 

スコップ

土入れやタネを入れるための穴を掘るなどに使います。

 

じょうろ

毎日の水やりに、自分に合うもの、気に入ったものを

選び、モチベーションをあげましょう!

 

日当たりのよい場所

野菜には、たくさんの陽の光りが必要です。

日当たりのよい場所にプランターを設置しましょう。

 

また、置く場所の周りにはプランターより高いものは

あまりおかないようにしましょう。

 

 

以上のものを準備していれば、家庭菜園を始めることができます。

 

初心者でも育てやすい野菜3選

.jpg

 

 

初心者でも比較的育てやすい野菜はズバリ

「トマト」

「きゅうり」

「なす」

の3つです。

 

なぜ育てやすいかと育てる時のコツをそれぞれ紹介していきます。

 

トマト

最初におすすめしたいのはお弁当やサラダを華やかにしてくれる「トマト」!

 

トマトは4~6月の間に植え付けをし、5~8月には収穫できるので初心者の方にはおすすめです。

 

初期費用も400~450円と比較的安価で栽培を始めることができるので手を出しやすいでしょう。

 

しかもトマトはプランターでも栽培可能で特に畑などの広いスペースを用意しなくても育てることができます。

 

また、トマトは水はけが良い方がよく育ちます。

 

最低限、湿度には少し弱いので風通しの良い所、日当たりの良い所に置くことを心がけましょう。

 

きゅうり

次に紹介するのはみずみずしい「きゅうり」!

 

きゅうりは4~7月の間に植え付けをし、6~9月には収穫でき、こちらも植えてからあまり時間を置かずに収穫できるのでおすすめです。

 

初期費用は400~450円でトマト同様安価で始められます。

 

きゅうりもプランターでも栽培可能で特に畑などの広いスペースは必要なく、温度と日当たりに気をつければベランダでも育てられます。

 

また、きゅうりは葉や茎が折れやすいため扱いには注意しましょう。

 

なす

最後におすすめするのは料理のバリエーション豊富な「なす」!

 

なすは4~6月の間に植え付けをし、6~10月に収穫できます。

 

初期費用は400~450円で用意できます。

 

なすもプランターでの栽培が可能で大きく育ちやすく、量も多く収穫できることが見込めます。

 

なすは夏の暑さに強く、むしろ暑い環境を好むので、地域にもよりますが苗を植えるのはゴールデンウイークを過ぎたあたりが適切でしょう。

 

また、水は乾いたらすぐにあげるようにしてください。

 

肥料もなすは多めあげていいようです。

 

プランターで育てやすい野菜

 

初心者でも育てやすい野菜には、さまざまありますが

秋から育てるのに適した野菜の特徴は…

 

・大きく成長しない野菜やミニサイズの品種を持つ野菜

・収穫までの期間が短いもの

・種からではなく、苗や種イモなどから始める

 

秋は春や夏などに比べ、害虫による被害が減ってくる時期でもあります。

 

そのため、家庭菜園を始めるには適した時期ともいえます。

 

 

秋野菜のご紹介!!

・ベビーリーフ            ・ほうれん草

・大根                        ・カブ

・水菜

 

などの根菜や葉野菜が多いです。

 

次の項では、そんな野菜たちの育て方をお教えします!

 

 

 

葉野菜類の育て方

 

葉野菜類を育てる際には、根がストレスなく伸びるように

深さ20~25㎝の鉢、もしくはプランターを準備します。

 

タネはたくさん撒くとその分収穫量は増えますが、

葉野菜は葉が多く大きく育つので、表面積が大きいのです。

 

プランターを選ぶときには、横長の幅の十分取れるものを

選びましょう。

 

深さが15㎝未満のものでは、根の先端が底についてしまい

上手く伸びることができず、生育不良になってしまいます。

 

 

ベビーリーフ

 

レタス類はキク科の好光性種子。

 

選ぶプランターは深さが20㎝もあれば、大丈夫です。

 

浅めのプランターには、鉢底石は入れずに培養土を直接

鉢に入れます。タネはばらまきをして、覆土は薄くします。

 

20㎝ほどの深さがあればいいので、カゴやバケツなど

家にあるさまざまなものに植えることが可能です。

 

双葉、本葉3枚、本葉5枚の時期で間引きを行います。

 

ひと月は追肥の必要はなく、収穫後に2週間に一度の

タイミングで液肥を与えます。

 

弱光でも十分に育つので、屋内でも日の入る窓辺などで

育てることが可能です。

 

種まきをしてから、おおよそで30日後に収穫ができるように

なります。

 

長く楽しむには、株を残しつつ外葉から少しずつ収穫するのが

楽しむコツです!

 

 

水菜

水菜はタネをばら撒きし、小株取りすることもできますし

ポット撒きして育苗し、大株取りすることもできます。

 

ポット撒きの場合は、株と株の間は40㎝設け、株を移植します。

 

小株取りをする場合は、土が乾燥しないように適度に湿度を与えるようにします。

 

そうすることで、水菜特有のシャキシャキ感が保たれるのです。

 

大株取りの場合では、反対に水分や肥料を抑えると丈夫に育ちます。

 

収穫の時期は、株取りによって違います。

小株取り:種まき後から、約30日。

               株を残しつつ収穫することで、ベビーリーフ同様に楽しめます。

大株取り:種まき後から、約50日。

 

 

 

根菜の育て方

お次は根菜を見てみましょう。

 

じゃがいも

作り方が簡単で初心者におススメの野菜です。

 

秋植えには、東北より下の地域で可能です。

 

8月~9月上旬に種イモを植えることで、11月以降に収穫を楽しむことが可能です。

 

通常、種イモは切って使用しますが、秋植えは切らずに使用します。

 

これは切り口から、雑菌が入ることを防ぐためです。

 

芋の間隔を15~20㎝空けて、深さ15~20㎝に芽が上を向くように土をかぶせます。

 

表土をならし、十分な水やりをします。

 

うつけ五1か月くらいで15㎝ほど伸びたところで、

生育不良にならないように太い茎だけのし、他は抜く、もしくは切ります。

 

また、脇芽と取り除いたら、芋が見えないくらい土を足します。

 

収穫時期は、葉が枯れてきたころ。大体植え付けから、75日前後です。

 

収穫の一週間くらい前から水遣りを控え、土を乾燥気味にするとよいです。

 

 

にんじん

最近では、プランター菜園に適した品種もある。

 

深めのプランターを用意し培養土を入れ、種を直播きします。

 

秋であれば、7月~9月頃に植え付けします。

 

表面の土が乾いたら排水口から勢いよく水が出るまでたっぷりと与えます。

 

土の中が乾きすぎや過湿にならないように気をつけます。

 

風通りの良い涼しい場所に置きます。

 

植え付け後、約3か月で収穫することができます。

 

 

 

家庭菜園を成功させるためのポイント

次に初心者の方でも家庭菜園をより成功させやすくする方法を紹介します。

 

少しの工夫で野菜を育てやすくできますので是非参考にしてみてくださいね。

 

日光があたる向きに野菜を置く

上で紹介した野菜たちはいずれも夏野菜ということもあり、日光を好むため日当たりの良い位置に植えたり、プランターを置くことによってしっかり育ちます。

 

ただし、なすなどの水が重要な野菜は日当たりのいいところに置くと土の乾きも早くなるのでこまめに湿度を確かめてあげることが大切です。

 

畝の高さを野菜に合わせて調整する

本記事で紹介した野菜の中できゅうりとなすは特に水はけの良さは気にしなくて良いのですが、トマトに関しては水はけの良さが重要です。

 

水はけの良さは家庭菜園でも畝の高さを変えることで調整できるのです。

 

畝(うね)とは畑などで作物を作るために直線状に細長く土を盛り上げた物です。

 

畑を想像してみてください。等間隔で直線状に盛り上げられている土に、作物が等間隔に並んでいる風景を田舎などでよく見かけますよね。

 

あの盛り土の部分のことを「畝」と呼びます。

 

畝は高く作るほど水はけがよくなります。

 

きゅうりやなすは特に畝を作る必要はないので、トマトは気持ち高めに土を盛りあげる程度でよいでしょう。

 

そうすることで水はけがぐっとよくなり、トマトの好む環境を作ることができます。



家庭菜園で初心者向け野菜3選!道具と育てる際のポイント まとめ

今回は初心者でも簡単にできる家庭菜園の野菜とそれらを上手に育てるコツを紹介しました。

 

野菜一つ一つにも好みの環境があり、育てているうちに可愛くなってきそうですよね。

 

家庭菜園は、野菜を選べば初心者でもそんなに難しくはありません。

 

家庭菜園を始めると、収穫分の食費はささやかですが浮きますし、上手にできたら近所の方にも「おすそわけ」…なんて楽しみ方もありそうですね。

 

プランター栽培は難しく考えず、楽しめる野菜を選びましょう。

 

収穫する楽しみを持ち、思いを込め育てることで

収穫の喜びや、次への挑戦にもつながると思います。

 

簡単にできる野菜から是非家庭菜園を始めてみてくださいね。

 

 

コメント