ウズベキスタン個人旅行!治安・タクシー・写真撮影~滞在登録まで紹介

1543124780667

 

 

2018年11月

女二人でウズベキスタンに行ってきました!

 

私は基本個人旅行なので地球の歩き方を片手に動き回るのですが、今回のウズベキスタンは規制に関して情報が違い過ぎ!!

 

警察の取り締まりも多いとの事でおびえた私たちは必死にブログを検索した結果、数年前にウズベキスタンに行かれた方のブログなどを読んで旧ソ連体質という情報にさらにおびえる・・・。

 

なんかいろいろ読んでると治安も不安になってくる・・・。

 

しかし実際行ってみると、2018年2月から30日間までの滞在はビザが免除になってから規則がいろいろと緩くなったようで私たちはずいぶん肩透かしにあいました。

 

今回の私の情報も1年もたてばまた大きく違うものになっているとは思いますが、これからウズベキスタンに旅行を計画されている方々の少しでもお役に立てればうれしいです。

 

スポンサーリンク

ウズベキスタンの治安はどう?女性には危険!?

1543124787730

 

私個人の感想ですがウズベキスタンはとても治安の良い国でした。

 

みんなフレンドリーで優しい方に多く出会う事ができましたよ!

 

例えば道を聞いたら身振り手振りで一生懸命教えてくれようとしたり、近くまで連れていってくれたり。

 

買物をするときは金額がわからないので、ほぼぼったくられると思うのですが(高額で悪質な類ではないですよ!)近くにはおおよその相場を教えてくれる方がいたりしました。

 

飲食店では英語が話せる男の子がおススメ料理を2人で充分な量で注文してくれたり!

 

ほっこりさせてくれる人の優しさに多く巡り合えた国でした。

 

もちろん外国なので気持ちを引き締めて行動する必要はありますので羽目を外さないように!ね。

ウズベキスタンでは空港や地下鉄の写真撮影は禁止!?

この情報は嘘?本当?

 

空港や地下鉄構内での写真撮影は禁止。

監視カメラで録画されている。
撮影しているのが見つかったら画像を消せ、

って言われたりカメラやフィルムを

没収されることがある。

 

ウズベキスタン入国の時空港で撮影している人を発見!


没収されるよ~!と思いながらひやひやしていましたが誰も何も言わなかったんです。


後から聞くと2018年から空港や地下鉄での写真撮影はOKになったんだそうです。


かなり古い情報が頭に入っていたので到着した時は撮影禁止と信じ込んでいましたよ~!

 

地下鉄も昔は軍の秘密通路みたいな、なんだか信じるか信じないかはあなた次第です、みたいなものがあったので写真撮影禁止だったらしいですが、現在は大丈夫です。

 

1543822051712

 

観光地で写真撮影してはいけないところは入口で写真撮影禁止のマークを表示しているので
誰でもわかります。

ウズベキスタンでパスポートを持っていないと連行される!?

この情報は嘘?本当?

 

ウズベキスタンではパスポート携帯義務があり
街中に警察官が多くいて外国人観光客が

審問された時にパスポートを携帯して

いなかった場合警察に連行される恐れがある
しかもコピーは不可!

 

との情報を発見!


連行!?と怯えながらパスポートを常に持ち歩き警察官にいつ会ってもいいように待機していましたが、1週間歩き回って1度も警察官に声をかけられる事はありませんでした!

 

同じ時期にウズベキスタンに行った方のブログで、何回もパスポートチェックで止められた、という方もいましたので私たちがたまたま遭遇しなかっただけなんでしょうか・・・?

 

町には、というか観光地には警察官が多くいましたが観光地と観光客を守るために待機している感じ。


まったく見向きもされなくてそれもまた肩透かしな感じでした。

 

あとは地下鉄の入口にも警察官が立っていますが、皆さん暇を持て余している感じで、ガイドブックを片手に道を聞くと嬉しそうに一生懸命ジェスチャーで説明してくれました。

 

ただ携帯義務が廃止になってはいませんしパスポートは一番大事なものですので必ず携帯しておいてくださいね。

 

ウズベキスタンの滞在登録って何!?

この情報は嘘?本当?

 

ウズベキスタン入国後72時間以内に

滞在登録をしなければいけない。
ホテルに泊まれば滞在登録はホテルが

行ってくれる。
チェックアウトの時に滞在登録をした紙を

渡されるので出国の時に提出すること。
知人の家や夜行列車・夜行バスに

乗ったときはオヴィールという

内務省管轄の役所に行って
自分で滞在登録をしなければいけない。

 


この情報をみていた私たちは役所に行って自分で滞在登録をするのは面倒なので今回は夜行バスを利用するのを諦めて毎日ホテルに宿泊しました。

 

もらうたびに日にちや名前のスペルをしっかり確認しなくさなように保管していましたが・・・。

 

なんと!!

 

出国時に誰も見てくれなかったんです!!


別の日に帰った友人もどこにも提出しなかったとの事!!

 

しかも旅をしている間の警官からのパスポートチェックも私たちは1回もなかったのでまったく誰からも見てもらえず・・・。

 

ただしこの滞在登録はホテル側が現在もしっかり行っているシステムであり廃止になったとは聞いていませんので宿泊証明書はちゃんと持っていたほうがいいと思います。

 

ウズベキスタンのタクシー事情

とにかく運ちゃん達がしつこかった!!

 

ウズベキスタンで一番困ったのが空港や駅前で待ち構えるタクシーでした。

 

前もって予約していたホテルからはおおよそのタクシーの金額がメールで送られてきていたのですが、(しかもそのメールには「おなかをすかせたタクシー運転手がたくさんいるから十分気を付けて!」とウズベキスタンジョーク?みたいなアドバイスもありました 汗)

 

もちろんそんな金額で行ってくれる人なんて何人に聞いてもいませんでした。

 

金額交渉していたら翻訳アプリで「子供が二人いる」の画面を見せられたり・・・。

 

ようやく値切って乗り込んだのですが到着したフロントスタッフに聞いたら失笑され、高い!と言われてしまいました。

 

町中を走るタクシーは良心的でしたが目的地がわからないまま走る方に何度が乗ってしまい大幅な時間ロスをすることもありました。

 

基本安いからいいのですが・・・。

 

皆さんお気をつけくださいね。

ウズベキスタンの地下鉄は?

超超超安いので一度乗ってみるといいと思います。

 

ただ観光するのに便利がいいか?と言われると、NOです。

 

町で拾うタクシーもかなり安いので私たちは結局1度地下鉄に乗ってみただけでした。

 

中は装飾が美しく別空間です。

 

ただ薄暗くてみんなが静かに乗っていてなんだか異空間でした。

ウズベキスタンの女性トイレ事情

ホテルではもちろん洋式トイレなのですが、市場やレストランなどのトイレはほぼ日本の和式のようなスタイルでした。

 

市場なんかだと床が汚いのでロングスカートだと汚れる可能性大!


気を付けてくださいね。

 

市場や遺跡は使用料1,000スムを払わないといけないところが多かったので、トイレに行くときは1,000スムを持っていくようにするといいですよ。


入口で1,000スムを払う所に勝手に取っていいトイレットペーパーがあるにはあるのですが
灰色でゴワゴワ・・・。


日本のポケットティッシュを忘れないように持って行ってくださいね。

 

ここで買いました!ウズベキスタンのSimカード。

初日に両替に行ったウズベキスタンホテルの入口付近でSimカードを取り扱っているブースがありました。


が、私たちが行った日はたまたまお休みだったのでそこから歩いて10分ほどにあるラグランデプラザというピンク色のホテルに行きそこでSimを買いましたよ。


1か月Simで95,000シムでした。

 

タシケントでは不自由なく使えましたが第二の都市サマルカンドでは速度が遅かったりつながらなくなったりしましたので地方都市ではさらに厳しいかもしれませんね。

 

さよならウズベキスタン!タシケント空港での出国は時間に余裕を持って!

ウズベキスタンを出国する時は、何回チェックするんだ⁉というくらい何度も荷物チェックがありました。


まずタシケント空港の敷地に入る時に荷物チェック。


次にタシケント空港の建物に入る時に身体検査と荷物チェック。


私は早朝6時45分にタシケント空港に着きましたが建物に入るまでに30分くらいはかかりましたよ。

 

自動チェックインはないので30分以上並んでチェックインしました。


税関を通って手荷物検査。

 

靴も脱いでビニールを履いて身体検査です。


最後は機内乗り込み寸前でもパスポートと顔のチェックをなんと一人の方がしていたのでなかなか機内に乗り込めませんでした。

 

ロビーには免税店とおしゃれなカフェやハンバーガー屋さんがありますのでおいしいコーヒーが飲めましたよ。


カフェのアメリカーノは3US$。

スムでも支払えて8,250スムでした。

 

勝手がわからない国だけに何をするのも時間に余裕をもって移動したほうがいいですよ。

 

ウズベキスタン 治安・タクシー・写真撮影~滞在登録まで紹介 まとめ

1543124761535

 

ウズベキスタンは本当に美しくて治安も良く人が優しい国でした。

 

最初は恐々でしたが、本当に拍子抜けしましたよ。

 

ビザがなくなって日本人が行きやすくなりツアーも多くあると思います。

 

不安な方はまずツアーで訪れてみてください。

 

私もいつかまたもう一度行きたい!!

 

 

 

コメント