まだまだ気をつけたい熱中症!見逃せない子供の症状とは

 

みなさん、こんにちは。

 

お盆を過ぎ、日中の暑さが

少し和らいできましたね。

 

子どもたちは、昼間、外で遊んだり

運動会の練習や授業で外での活動が

増えてくる時期です。

 

さて、暑さがマシになり、動きやすくなった

と言っても

まだまだ気をつけておきたい熱中症。

 

大人と子どもでは、

症状の出方に違いがあるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

熱中症の症状とは?

・頭痛

・吐き気や嘔吐

・発熱、悪寒を訴える

・いつもより元気がない、しんどそうにしている

・ふらつき、めまい

・体の痛みがある

・鼻血

・手足のしびれ

 

主な症状は上記に記してある通りです。

 

そして熱中症には大きく分けて、4種類あります。

 

熱失神

皮膚血管が拡張することにより、

血圧が下がり 脳への血流が少なくなることで

めまいや失神といった症状が出現します。

 

そのほか、顔面蒼白や呼吸回数の増加、

頻脈、除脈、唇のしびれなどが起こる場合も

あります。

 

熱失神は、健康状態がよくても

座位からの立ち上がりや運動後などにも

起こります。

 

熱疲労

大量の汗をかくことで体内の水分が失われ、

補給を行っても 追いつかず、脱水状態に

なります。

 

めまい、頭痛、脱力感、吐き気などの

症状が見られます。

 

汗には、塩分も含まれているため、

水分と同時に塩分も取ることで、

回復を促します。

 

熱けいれん

炎天下での長時間の運動や暑い場所での

作業などで大量の汗をかくと水分とともに

塩分も失われます。

 

その際血中の塩分濃度は高く、

血液の濃度は濃くなります。

 

水分だけを補給すると、塩分濃度は低く、

血液の濃度は薄くなります。

 

その結果、手足、腕、腹など筋肉に

痛みを伴った痙攣が起こります。

 

熱射病

炎天下での運動や作業により体温が高くなり、

脳の温度も急激に上がることで

中枢神経機能に異常を起こした状態です。

 

症状は、頭痛、吐き気、めまいがあり、

おかしな言動や聞かれたことへの反応が

鈍くなるなども症状の一つです。

 

意識消失が起こる場合もあります。

 

 

熱中症は、症状が軽くても短時間で

重症化することもあります。

 

軽視せず、病院へ行き適切な処置を

受けることをおすすめします。

 

大人と子どもで状態の違いはある?

子どもの熱中症は、保護者が周りにいることが

多いため重症化することは多くないと

言われています。

 

では、子どもと大人ではどのような

違いがあるのでしょう。

 

暑さに弱い

子ども特に乳幼児は体温調節機能が

未発達です。

 

暑さを感じ、汗をかくまでの時間が長く、

また、体温を下げることにも時間を要します。

 

そのため、熱がこもりやすく

体温が上昇しやすいのです。

 

身長の低い子どもは、地面からの

照り返しを強く受けます。

 

また、この時、大人が感じる暑さより

高い温度を子どもは感じていることに

なります。

 

自分で予防できない

大人は、自分のペースで水分なりを

摂取することができます。

 

しかし自分の体調管理も小さな子どもほど、

自分の体の変化を上手く伝えられない

ものです。

 

屋外で遊んでいると、夢中になって

しまいがちな子どもたち。

 

水分を摂ることも忘れてしまうので、

異変が起きていても気づきにくいのです。

 

そのため、気づいた時には熱中症になっており

同時に脱水症状を引き起こす危険もあります。

 

したがって、保護者や教諭など周囲の大人が

気にかけておく必要があります。

 

熱中症予防には?

 

こまめな水分補給

子どもが「のどが渇いた」と感じた時には、

かなりの水分が体内から失われています。

 

のどが渇く前に水分を摂取することで

脱水症状も防ぐことができます。

 

その際、水分とともに塩分を

摂取するようにしましょう。

 

水筒・ペットボトルに入れ、持ち歩くようにし

少しずつ 補給するようにします。

 

補給するものは、ジュース類ではなく、

イオン飲料が望ましいです。

 

衣服の調整

気温や体温に合わせ、着る洋服を

選びましょう。

 

暑さに応じて脱ぎきしやすい服にします。

 

通気性をよくすることで、

体温を調整しやすくしましょう。

 

また、外出時は、帽子をかぶるようにします。

 

 

こまめな休息・休憩

日差しの強い中に長時間いることは、

熱中症を引き起こす危険があるので、

避けましょう。

 

また、子どもは照り返しの影響を受けやすい

ので、涼しい屋内や日陰で日向での

遊ぶ時間を決めるなど休息する時間を

設けましょう。

 

 

屋内、車内ではクーラーを使用

常にクーラーをつけておく必要はありません。

 

クーラーに慣れてしまうと

汗をかかなくなるので問題です。

 

室内、車内ともに空気の入替を行いながら、

適切な使用を心がけましょう。

 

 

子どもの表情などを気に掛ける

顔が赤い、大量の汗をかいている、

嘔吐や吐き気など子どもの状態を

気にしましょう。

 

小さな子どもは上手く伝えることが

できないので 大人が注意深く

見ていくことが大切です。

 

また、ベビーカーなどを長時間、日光の

あたる場所に 置かないようにします。

 

少しの時間だからと油断せず、子どもとともに

行動をとるように心がけてください。

 

凍らせたペットボトルをタオルでくるんで

適度に赤ちゃんの近くに置いておくと

涼しさが持続しますよ。

 

熱中症になった場合の対応

 

熱中症になると体内に熱がこもるため、

その熱を下げる必要があります。

 

救急車を呼び涼しい場所に移動し、

衣服をゆるめ、首や脇、股関節やひざ裏、

足首といった主要な太い血管のある場所を

冷やすことにより体表温度を下げることが

可能です。

 

その際、うちわなどで扇ぐことで

効果を上げることができます。

 

また、水分補給には、イオン飲料を使用し

自力摂取してもらうことで意識障害などの

異常を発見しやすく、様子観察を行うことが

できます。

 

自力摂取できないような場合は、

さらなる症状の悪化が起こることも

あります。

 

まだまだ気をつけたい熱中症!見逃せない子供の症状とは まとめ

子どもは、大人よりも身長の低さから、

反射熱や日光により熱がこもりやすく、

体温も上がりやすくなります。

 

ゆったりとした服を選ぶことで、

服と体の間に空気が入り

熱がこもるのを防ぐことができます。

 

また、こまめな水分補給や休憩を行うことで、

事前に熱中症を予防し、元気に過ごせるように

していきましょう。

 

コメント