4歳児の反抗期イヤイヤ期はいつまで続く?女の子は口達者で疲れる~

 

魔の2歳、3歳児という言葉があるくらいこの時期の子供の相手は大変ですよね。

 

「いやいや」がひどかったり活発になることで危なっかしいことも多くなり追いかけ回さなければならなかったりして本当に疲れます。

 

でも、大変なのは、この時期だけではありません。

 

子育ての悩みは4歳になって「反抗期」「イヤイヤ期」という新たな局面を迎えますよ。

 

スポンサーリンク

4歳の反抗期イヤイヤ期ってどんな感じ?

 

言葉での意思疎通も上手になり、自分のことは自分でできるようになります。

 

多くの子が、幼稚園などの集団に入る時期にもなりますし、苦労はなくなるかと思う時期ですが、実際は違います。

 

今までの大変さとは、全く違う大変さがあるんですよね。

 

4歳って、3歳までの「イヤイヤ」が進化した本格的な「反抗期」なんです。

 

これ自体は同じなのですが、男の子と女の子では、性質が違うと思います。

 

4歳の反抗期イヤイヤ期はいつまで続く? 男の子編

 

参観日などに見ていても思うのですが、男の子は、まだ甘えん坊な部分が多く残り、誰に対しても「ひとこと」の発言が多いです。

 

たとえば、「ばか」とか「アホ」とかですね。

 

こういう場合は、まずは静かにその言葉がダメな理由を説明し、やめるように伝えましょう。

 

特に理由もなく、いつまでも続く場合は、大人の反応を見て楽しんでいるだけかもしれません。

 

そういう時は、大人が必死になって叱ったりすると逆効果です。

 

冷静に、「興味はない」という態度で流しましょう。

 

反応が得られず、「つまらない」と思うと、男の子は自然にやめると思います。

 

 

 

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫) [ 竹内エリカ ]

 

 

 

4歳の反抗期イヤイヤ期はいつまで続く? 女の子編

 

逆に女の子は、口が達者なことも多く、男の子の「ひとこと」にあたる部分に、さらに理由を加えるような大人のような話し方をすることもあります。

 

私の娘はまさに今4歳。

 

毎日が言い合いの親子喧嘩状態です。

 

「4歳児相手に喧嘩とか大人げない」と思うかもしれませんが女の子って、本当に大変で疲れます。

 

もう理屈っぽいので、適当にかわしていてもこちらが意見に同意するまでは、いつまででも話し続けるくらいです。

 

記憶力も良いので「だってママが昨日、こう言ったんだよ。だから、こうしなきゃだめなんだよ。そうでしょう?」という感じ。

 

ね、疲れるでしょ (笑)

 

自分の意見を曲げることもないし、都合よく、大人の言うことを真似したりして、本当にイライラしますよ。

 

園でも女の子同士で言い争いが始まると、男の子の数倍、おさめるのに苦労しているようです。

 

でも、娘がいる以上、その時期を避けて通れませんし今はなるべく話を聞くようにしています。

 

適当に返事をされると、女の子って怒ります。

 

「聞いてるの?」なんて常でした。

 

逆に目を見て、真剣に話を聞き、娘の言いたかったことを、理解する。

 

それに同意すると納得して、すぐに話も終わります。

 

ひとつひとつの話題に、ちんと区切りをつけると子供も穏やかでその後に泣いたり暴れたりすることはありません。

 

忙しい時は「勘弁してよ」と思うのですが泣かれたり、怒られる方が、大変で疲れるのでそこは心を広く持って接するのが一番と思います。

 

兄弟姉妹と比べて悩んでいるママにはこの記事!

兄弟姉妹を比べてしまう時はこう考えよう!2歳イヤイヤ期の対処法

 

 

4歳の反抗期イヤイヤ期はいつまで続く? 子供が叩いた時

 

4歳の反抗期は言葉で上手く伝えることができず手が出てしまうこともあるかもしれません。

 

そんな時、叱ってしまうかもしれませんが「叩くことはダメなこと」ということを伝えた上でどうして叩いてしまったのか、理由を聞きましょう。

 

伝えられなくて、そういう行動に出るので聞きかたを工夫する必要もあります。

 

とにかく「いや」としか言えない場合も同じですが、こちらから、子供に選択肢を与える聞きかたをするのがおすすめです。

 

「もしかして~だったの?」

 

「こっちじゃなくて、こっちにしてみる?」

 

などで良いと思います。

 

選択肢が与えられると、全く違う場合でも少し考えがまとまり、意見が言える場合もあります。

 

こうして、自分の意志を伝えようと必死になることは成長の証であり、さらなる成長へのステップでもあるので大切にしたいと思います。

 

4歳児の反抗期イヤイヤ期はいつまで続く? まとめ

 

毎日4歳の反抗期と向き合っていると本当に疲れますよね。

 

4歳の反抗期は人格形成に重要な時期とも言われ、子供への接し方が、正しいかどうか不安になる人もいるかもしれません。

 

でも、実際、子育てに正しいも間違いもないと思います。

 

あなたが「子供のために正しい」と思い一生懸命にしていることが、全てです。

 

ママが疲れていても子どもは容赦ないですが、肩の力を抜いて、子供と適度な距離を保ちながら向き合いましょう。

 

コメント