子育ての悩み!子供に怒ってばかりで毎日後悔の方・・いい叱り方知っていますか?

 

子供はとっても可愛い。

 

でも、怒りたくなるようなところにばかり目がいってしまって、怒ってばかりになってしまう・・・

 

寝ている子供に、今日は怒りすぎたな・・・

 

明日は怒らずにニコニコして過ごすからね!

 

そう誓ったはずなのに、次の日になると結局怒ってばかりになってしまって夜に寝顔を見てはまた反省。

 

そんな繰り返しをしてしまって自分は母親失格なんじゃないかと子育てに悩む時期ってみんなあると思います。

 

つい最近、わたしもそうでした。

 

下の子が産まれてから立派にお手伝いをしてくれたり、下の子の面倒も見てくれたりと、とても助けられているのですが、上の子に怒ってばかり・・・。

 

今回は、そんな子供に怒ってばかりいてしまった時の子育ての悩みと解決してくれた言葉についてお話をします。

 

 

スポンサーリンク

子育ての悩み 怒ってばかりになっている

いつもイライラして怒ってばかりのお母さんより、ニコニコしているお母さんの方が

子供も嬉しいですよね。

 

わかっていても、ついイライラしてしまって子供に強く怒ってばかり。

 

わたしも最近、上の子に怒ってばかりでした。

 

小学生になり、自分のしたいことや意見もはっきり言えるようになり、自分のことは自分で出来るようになってきた上の子。

 

毎日すすんで勉強をしたり、下の子のめんどうも率先してみてくれて立派になったな、と思う反面出来ないことも目に付くようになってしまいました。

 

たとえば、何度言っても勉強机の上に鉛筆や消しゴムを出しっぱなしにしていて何度注意してもその時だけ。

 

週末に持ち帰ってくる体操服や上靴を言われるまで出してこない。

 

下の子のお世話に追われる中で、こんな些細なことなんですがわたしにとってはストレスに

なってしまっていました。

 

初めは、こうして欲しいからお願いね、と伝えるのですが言った通りにしてくれず2度目は

こないだこうして欲しいって言ったよね?と注意をする。

 

3度目になると、どうして言ったことが出来ないの?!と怒ってしまう。

 

こんな事の繰り返しでした。

 

他の事は出来るのに、どうして頼んだことはしてくれないんだろう?

 

そう思うとだんだんイライラして言葉もきつくなっていってしまいます。

 

でも、1度イライラしてしまうと止まらなくて、上の子が小学生にはいってからしばらくは毎日怒ってばかりでした。

 

そんな怒ってばかりが続いた頃、わたしが何か言う度

 

お母さんに怒られる!

 

と思っているような顔を上の子がしているのに気づきました。

 

そこでわたしは自分が怒りすぎていたことに気づき、本当はどう接すれば良かったのかに

悩み、上の子との接し方をどうすればいいのか分からなくなって悩んでしまいました。

 

正直、下の子のお世話でいっぱいになってしまって上の子の気持ちまで考えてあげれていませんでした。

 

そんな時期に私が聞いて納得した言葉が小学生なんて、保育園や幼稚園生から毛が生えたようなもの。

 

自分でなんでも出来ると思っているし、出来ることが増えたけれど出来ないことが多くて当たり前。

 

という言葉でした。

 

当たり前のこのですが、出来ないことがまだまだある事にわたしが気づけていませんでした。

 

なんでもできるものだと決めつけて、出来なければ怒る。

 

そんな事をしていると、子供は怒られてばかりだと自信を無くしてしまいます。

 

怒ると叱るでも、同じように思えて違います。

 

このことを意識するだけで、上の子に怒ってばかりの時期から脱出することができました。

 

子育ての悩み 怒ってばかり 子供にいい叱り方とは?

子供に怒ってばかりはいけない。

 

でも、まったく怒らないのは違いますよね。

 

子供がなにか悪いことをした時など、ちゃんと叱ることも大切です。

 

怒ると叱るは似ていても違うもの。

 

なんて言葉を耳にした事あるかと思います。

 

怒る、とは感情に任せて相手に怒りをぶつけること

 

叱る、とは相手の事を想って気持ちを伝えること

 

同じように思いますが意味合いは全然違ってきます。

 

子供になにか伝える時、怒って伝えるのではなく、叱って伝える。

 

これが意識できているだけでも、子供への伝わり方は違うはずです。

 

わたしも子供に怒ってばかりで、子供がわたしの顔色を伺ってしまっていた時期は子供を叱るのではなく、怒ってしまっていました。

 

でも、このままでは行けないと思い、怒るではなく叱るを意識するようになり、なんで出来ないの?ではなく、どうして出来ないのか向き合うことを意識するようになってから子供がわたしの顔色を伺わなくなりました。

 

子供も何で怒られているのかわかっていないと同じ事を繰り返してしまいます。

 

ちゃんと何が悪いのか、どうしてこうしないといけないのか、どうしてお母さんが怒っているのか、子供にわかるように伝える事が子育てするうえで大事ですね。

 

子育ての悩み 子供に怒ってばかりで毎日後悔 まとめ

今回は、わたしが子供に怒りすぎてしまっていた子育ての時期についてお話させていただきました!

 

あのころは、子供もしんどかったと思いますし、わたし自身も子育てに自信をなくししんどい時期でした。

 

毎日怒りすぎたことに後悔して、また怒っての繰り返し・・・

 

そんな負のループを抜け出すきっかけは、ちょっとした意識の変化です。

 

子供に気持ちを伝えるのは大切な事です。

 

感情に任せるのではなく、子供に伝わるように意識して叱ることで子供も分かってくれるはずですよ。

 

 

叱る回数が激減し、最小限の叱り方で子どもの言動がみるみる変わる1冊です。

6歳までの子どものほめ方叱り方【電子書籍】[ 植松紀子 ]

コメント