産後の骨盤矯正はどんな方法でいつから始めるのがベスト?

 

産後、骨盤をきちんと戻さないと、

後で腰痛などトラブルが起きやすいという

話を聞いたことはありませんか?

 

女性は妊娠、出産によって

骨盤がかなり歪んでしまいます。

 

その時は大丈夫でも、

その影響は後から出てくることが多く、

その時になって矯正しようと思っても、

効果は低くなってしまうんです。

 

では、いつからどのように骨盤矯正は

始めたらいいのでしょうか?

効果的な時期と方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

骨盤が歪むのはどうして?歪むとどんな影響があるの?

骨盤は、出産以外にも、普段、何気なく

している癖などの影響で歪みやすいものです。

 

例えば、座るときに足を組んだり、

荷物を持つ手がいつも同じ側だったりと、

左右のバランスが崩れる状態が多いことで、

少しずつズレていきます。

 

そして女性の場合は、妊娠や出産で骨盤が

大きく開いてしまいます。

 

ある程度は自然に戻りますが、後に影響が

出ないほど、完全に戻そうとするには、

それなりの努力や行動が必要になります。

 

では、骨盤のゆがみを放置したまま生活

すると、どうなってしまうのでしょうか?

 

まず多く聞かれるのが「腰痛」です。

 

骨盤が歪んでいると、前後左右のバランスが

崩れ、一方に負担がかかって痛みが

出るようになってしまいます。

 

そのうちにその影響は膝や肩など、

全身にも及ぶようになります。

 

骨盤は体の中心として支える役割なので、

ここが歪めば体全体が歪むということと

同じなんですよ。

 

そして、骨盤が正しい位置にないことに

よって、「太りやすい」ということもあります。

 

よく言われる「下腹ポッコリ」の原因は骨盤が

倒れることによるものとも言われています。

 

それによって内臓が下がり、下腹が出て

いるように見えてしまうといいます。

 

歪みによって血流が悪くなり、冷えや

便秘などの問題も出てくるそうです。

 

産後の骨盤ってどんな状態?しない方が良い事ってある?

妊娠中はお腹に赤ちゃんがいるため、

内臓は圧迫されますし、ホルモンの影響で

じん帯が緩み、骨盤も広い状態になります。

 

そして出産時は、さらにそれが広がることになります。

 

産後はホルモンの影響がなくなり、

緩んでいたじん帯もしっかりするように

なっていきますが、それには時間が

かかりますし、出産の経験が多くなるほど、緩

みが戻りにくくなるそうです。

 

私の経験では初産の時は特に何もせずとも、

体型を含め戻りましたが、2人目で何も

しなかったためか、3人目の時に、

妊娠中から腰痛に悩まされました。

 

産後は予想通り、下腹ポッコリ状態に

なってしまって、

「ちゃんとしておけば良かった」と

多少後悔しています。

 

基本的に自然に戻るとは言われていますが、

戻る段階で、足を組むなどすると、

歪みが戻りにくく、妊娠出産の影響以外の

部分で、さらに歪んでしまうことになります。

 

妊娠・出産を機会にこういった癖を見

直したり、姿勢を良くすることを

意識して生活するなど、骨盤と周辺の

筋肉に余計な負荷をかけない生活を

心がけましょう。

 

産後の骨盤矯正っていつからしたほうがいいの?

では、骨盤矯正はいつから

始めたらいいのでしょうか?

 

きちんと戻すためには、早く始めた方が

良いと思うかもしれませんが、産後はまず、

体を元に戻すことが大切です。

 

出産であちこちがガタガタな状態で

骨盤矯正をしても、意味がないばかりか、

状態を悪くしてしまうこともあるんですよ。

 

例えば、産後すぐは骨盤がかなり不安定な

状態なので、そのまま固定されてしまったり、

血行が悪くなることで、子宮など

元に戻ろうとする力を阻害してしまうのです。

 

産院によっては出産直後からベルトなどで

締めるように指導されることもありますが、

それは産褥期用に考えられたベルトなので、

骨盤矯正用ではありません。

 

骨盤矯正は産後1か月くらいしてから、

検診で回復が順調なのを確認して

もらってから始めてください。

 

特に帝王切開で出産した場合は、傷など

回復に時間がかかりますので、さらに1

か月様子を見て、2か月後くらいからに

する方が安心です。

 

そして産後は体の回復と並行して、

赤ちゃんのお世話も始まるので、

寝不足だったり、体力的にも辛くなります。

 

骨盤矯正はそんな状態で無理をしてまで、

取り組む必要もないので、体調を優先して

無理のないレベルで行いましょう。

 

大体、産後半年から1年くらいまでが、

一番矯正に適している時期と言われています

ので、ある程度落ち着いてからでも、

全然問題ありませんよ。

 

骨盤矯正の方法はどんなものがある?

骨盤矯正は、正しい方法で行わなければ

意味がありません。

 

では、どんな方法で矯正してくのが

正しいのでしょうか?

 

まずは骨盤矯正用のベルトやコルセットを

使用するのが一番簡単だと思います。

 

付け方にコツがあり、選ぶのも難しいもの

ですので、専門店に行って相談しつつ、

使用方法を教えてもらうと安心です。

 

これはしっかり骨盤を固定するので、

最初は結構キツく感じるかもしれませんが、

骨盤が戻るまでの約1年間の我慢ですので

頑張りましょう。

 

どうしてもその締め付けが耐えられなければ、

ガードルという手もあります。

 

これは自分の体に合わせるのではなく、

ガードルに体を合わせる感覚なので、

ベルトやコルセットより楽に

使用することができます。

 

使用方法も簡単で、手間がない分、

効果は多少落ちますが、何もしないよりは

遥かに良いので、検討してみましょう。

 

私は締め付けが苦手で、ベルトで挫折し、

ガードルに手を出さなかったため、

今の状態なんですよね。

 

産後4年近く経ったら、

もう産後の矯正では無理ですからね。

 

骨盤矯正のストレッチや体操も

おすすめです。

 

ヨガなどでも対応したポーズがあり、

周りの筋肉のバランスも整えるので

効果が期待できます。

 

ですが、産後すぐは負担になるので、

産褥体操から様子を見ながら行いましょう。

 

方法は動画などでも多く紹介されているので、

ぜひ検索してみてください。

 

赤ちゃんと一緒に遊びながらできるもの

なんかもあるので、特別自分の時間が

取れなくても実行することができますよ。

 

一番効果が高いのは、産後の骨盤矯正を

してくれる整体や整骨院に行くことです。

 

費用もかかりますし、何度か通わなければ

ならないので、赤ちゃんが小さいうちは

無理という方が多いとは思いますが、

やはり効果が違います。

 

整体などで骨盤矯正を行うと、即効性があり、

痛みなどがある場合でも、施術後

楽になることがあるのが特徴です。

 

ただし、その状態をキープすることが

できなければ、意味がないので、何度か通い、

姿勢など、歪まないように

気をつけなければいけません。

 

でも、整体などでは、自宅でできる

ストレッチなども教えてもらえることがあり、

本などで独学で行うより、

当然分かりやすいです。

 

骨盤矯正だけでなく、子育て中の肩や腰の痛み、

腱鞘炎などにも対応してくれるのが、

通って施術してもらうという方法の

利点でもあります。

 

まとめ

産後の骨盤はかなり不安定な状態ですが、

いつまでもその状態ということはありません。

 

自分の回復力を信じるのも良いですが、

それを少しの努力で助けてあげることで、

正しい位置へと戻ることができ、

回復に役立ちます。

 

将来の体の不調を少しでも減らすためには、

産後の骨盤矯正をきちんとしておくことが大切です。

 

無理せず行い、ベストな状態に戻しましょう。

 

コメント