トイレトレーニングはいつからが正解!?正しいやり方を知ろう!

 

我が子が生まれてから、一日に何度もオムツ替えをしてきましたが、トイレトレーニングって一体いつ頃から始めたらいいの?って思っていました。

 

だいぶ言葉やしぐさがわかり始めた頃、小さな子どもやパパママにとってその難関がやってきます。

 

小学校に上がるまでの間で一番苦労するのではないかと思うくらい子どもも親もしんどい時期です。

 

トイレを覚えたら、ゴミの日には重たくなったオムツを捨てなくていいし、オムツ代も浮くし良い事だらけです。

 

早くトイレ覚えてほしいな、と思うママも多いのでは?

 

今回は、トイレトレーニングをいつ頃から始めたらいいのかについてお話しますね。

 

スポンサーリンク

トイレトレーニングはいつから始める?

トイレトレーニングは一人で歩けるようになってから始めます。

 

簡単な質問に、「うん」や「イヤ」などと答えられるようになった頃ですね。

 

あとは

・おまるや便座に座っていられる

・人のまねができる

・自分の気持ちを伝えることができる

 

その理由は、自分の意志でトイレに行くという事が大事だからです。

 

これが体も心も「トイレに行く」準備ができたというサインになりますのでよーく見てあげてくださいね。

 

まだ、一人でトイレに歩いて行くのは難しい1歳代の子どもの場合は、焦らずもうしばらく待ってみてトレーニングを始めると、ダラダラトイレトレーニングをしなくていいですよ。

 

早く始めたから、早くトイレが出来るようになるとは限りません。

 

トイレの自立には、子供の脳が発達して、脳から出る指令が大切になってきます。

 

早くオムツを卒業させたい時は、後追いで子供がトイレについて来た時に、ママはチッチよ。と教えてあげると、徐々にトイレは排泄する場所なんだ、と覚えてきますよ。

 

おしっこの間隔はどれくらい?

 

おしっこの間隔が2時間以上あいているか確認しましょう。

 

おむつを替える時に時間をチェックしておくといいですよ。

 

個人差はありますが、大体1歳半以降。

 

平均的に、2歳~2歳半頃になると膀胱のサイズが大きくなるので、一定時間のおしっこを溜められるようになってきます。

 

膀胱におしっこを溜められるようになると子供自身おしっこが溜まる感覚が分かり始めるので、おむつにおしっこをしている事を自覚するようになってきますよ。

 

この事からもおしっこの間隔が2~3時間になってきたらトイレトレーニングを始めるための膀胱の準備は整ったと考えていいですね。

 

成長には個人差がありますのでこの時期に必ず始めてください、という答えはありません。

 

まだおしっこが溜められない1歳代でトレーニングを始めると、トレーニングが長引いてしまうので子供にとってもママにとっても苦痛になってしまいます。

 

また、トイレトレーニングに欠かせないのがおしっこを我慢する事なのです。

 

子供は遊びに夢中になっていると、遊びを途中でやめたくないのでおしっこを我慢します。

 

これがおしっこを溜めるトレーニングになるので、頻繁にするオムツ替えやトイレトレーニングによって、早い時期から遊びを妨げたら、かえってオムツ卒業に時間がかかってしまう、という事があります。

 

子どもからの意思表示もサインです

 

子どもからのサインはまず、トイレに関する意思を伝えてくるようになってきます。

 

トイレトレーングの始まりは、おしっこが出たら出た!チッチ!などを、ママに伝えてきますよ。

 

現在、3歳の息子が絶賛トイレトレーニング中ですが、最近では、排尿や排便があれば教えてくれるようになりました。

 

また、ママの服や手を引っ張ってトイレに連れて行ったり、仕草で伝えくるようになりトイレに興味を持ちだします。

 

ママが抱っこをしてトイレに座らせて偶然トイレができても、オムツ卒業までは時間が掛かってしまいます。

 

絵本を使ってトイレの仕方を教えて楽しみながらトレーニングできるのがおすすめですよ。

 

ちなみにお姉ちゃんのトレーニングの時は「おむつは履きたくない!布パンツじゃなきゃイヤだ!」と駄々をこね、お漏らしやトイレに行かないなどあり大変でしたが、意外にもトイレトレーニング期間短めで日中のおむつは取れました。

 

 

 

 

トイレトレーニングに悩む方におすすめの1冊です!

カリスマ・ナニーが教える1週間でおむつにさよなら!トイレトレーニング講座 [ ジーナ・フォード ]

 

 

 

 

トイレトレーニングを始める季節は?

 

トイレトレーニングは始める季節も大切にしたいところ。

 

トイレトレーニングを始めるのに良い季節は”春から夏”

 

春から夏の間は、暑くなく寒くなく気温的にちょうどいい季節なのです。

 

寒いと服って脱ぎたくないものですよね。

 

反対に暑いと着たくないものです。

 

春になっておしっこの間隔が2~3時間あいて、言葉が出てくるようになったらトイレトレーニングの準備を始めましょう。

 

トイレトレーニングは夏にした方がいいと良く聞きますが、秋が来るまでにオムツが卒業できていなかったら、ママと子供にかなりのプレッシャーがかかってしまいます。

 

ですが、春にトレーニングを始めたら気温も暖かくなってきて、気分も上がってきているので、新しい事にチャレンジしたいという気持ちがアップしています。

 

もし暑い時期に始めるのであれば家の中ではおむつ一つで過ごしても悪くないと思います。

 

春から夏の時期は、気温が安定しており薄着で過ごしても割と平気です。

 

薄着になるとトイレでパンツやズボンを脱がすのが楽になりますし洗濯物も少なくて済みます。

 

洋服も生地が薄く、洗濯してもすぐに乾くので、親としては洗濯物が溜まらずうれしいです。

 

子どもも、お気に入りの服がまた着られると喜びますよ。

 

冬だとたくさん着せているので脱がしている間に間に合わずおもらししてしまった、となる事もありますが春夏はその失敗も少ないでしょう。

 

また、夏は汗をたくさんかきおしっこの間隔があくので、その分おしっこの回数が減ってママの負担も減らせますよ。

 

ママとパパが焦ってはいけません。

 

トイレトレーニングを成功させるために何より大事な事は、ママとパパが焦らないことですよ。

 

同じ年齢の子どもでも、皆個人差があるのでトイレトレーニングを始めるのにも個人差があります。

 

周りの友達と比べても何も変わりませんよ。

 

それどころか、トイレトレーニングを嫌がってしまって、その結果オムツ卒業が遅くなってしまう事もあります。

 

オムツがいつ取れるのか悩んでしまいますがいつかは絶対に外れます。

 

それよりも、オムツが取れないことに対するイライラを子供が感じ取ってしまう方が大変です。

 

一番は子どもにストレスを与えない事です。

 

補助便座とおまる、どっちがいいの?

 

1歳代でトイレトレーニングをする場合はおまるから始めるのがいいです。

 

またがるので足が地面について姿勢が安定するので子どもも安心です。

 

トイレに抵抗を持つ子どもにはおまるから始めるといいでしょう。

 

その都度洗わないといけないのでママにとっては負担が増えますが頑張って!

 

 

ちょっとおしゃれなおまるがお好みならこれいいですよ!

イス型オマル(1個)【ベビービョルン(BABY BJORN)】[おむつ トイレ ケアグッズ トイレ用品]

 

 

 

補助便座は、「トイレに入る、便座に座る、紙で拭く、水を流す」という、トイレの一連の動作が覚えられます。

 

トイレが終わった後、そのまま水を流すことができるのでママの負担は少ないです。

 

 

 

長く使えるタイプならこれがおすすめです(*’▽’)

アンパンマン 5WAYおまる おしゃべり付(1個)【アガツマ】[おむつ トイレ ケアグッズ トイレ用品]

 

 

 

お父さんお母さんの準備は出来ていますか?

 

トイレトレーニングに必要なのは子どもの状態ばかりではありません。

 

パパとママの時間的余裕・身体的余裕・精神的余裕が必要です。

 

トイレトレーニングには我慢がいります。

 

ご両親につきあってあげる時間の余裕がないとトイレをするのをゆっくり待てません。

 

精子育てに疲れている時やイライラしている時は、トイレトレーニングに失敗すると怒ってしまいがちなので避けた方がいいです。

 

トイレトレーニングはすぐにできるようになるものではないのでじっくり向き合って取り組んでください。

 

子どもの成長のペースやトイレの興味の持ち方を見てトレーニングに踏み込んでいきましょう。

 

 

子育てに疲れたら試してみて!私が実践するリフレッシュ方法!
イライラをそのまま溜め込んで気持ちにも余裕がなくなってくると、パパや子供に八つ当たりしてしまうかもしれません。そうなる前にいくつかのリフレッシュ方法をご紹介!試せるな、これなら自分にもできそうと思う事は是非やってみて下さいね。

トイレトレーニング 保育園や幼稚園ではしてくれないの?

 

入園する幼稚園などで「入園前にはおむつが外れているように」など指示がある場合もあります。

 

しかし保育園や幼稚園にもよりますがトイレトレーニングをしてくれるところもあります。

 

トイレトレーニングは子どもの成長によるところが大きいです。

 

保育園などでは園児の成長ペースを確認しながら始める時期を選び、トイレトレーニングを行っています。

 

保育園の場合は園と情報を共有し、園と同じようにトイレトレーニングをしていくとよいでしょう。

 

決して園だけに任せず家でも出来たらほめてサポートしていきましょうね。

 

幼稚園の場合は入園前にトイレをできるようにしておくように言われるかもしれませんが、できていない場合はトイレトレーニングをしてくれます。

 

この場合も保育園と同様に幼稚園側と連絡を取り合ってサポートしましょう。

 

幼稚園に入ると周りのお友達が一人でトイレに行くのを見て自分も一人で出来るようになりたい!と思いだすので意外と早く一人でトイレに行けるようになったりもします。

 

パパやママは焦らず見守ってあげましょうね。

 

トイレトレーニングの進め方

STEP1 絵本や動画で「トイレ」を知ってもらいましょう

 

トイレトレーニングは、食べたり歌ったり着替えたりという風に見せることができないところが分からせにくいところです。

 

まずは子どもに興味をもってもらうところからトイレトレーニングははじまります。

 

絵本や動画を見せてトイレというものを知ってもらいましょう。

 

ペットを飼っている家ならペットの排泄を一緒に観察して教えてあげるのもいいでしょう。

 

トイレトレーニングを始めようとする時期になったら家の中もタイルカーペットやマットを敷くなど失敗した時の準備をしておくと掃除が楽ですよ。

 

STEP2 便座に座らせてみましょう

 

トイレに興味をもってきたら実際にトイレに連れていき便座に座らせてみましょう。

 

嫌がるようなら無理はしないでください。

 

始めはトイレでおしっこできなくてもいいのです!

 

座れただけでもすごいことです。

 

結構座ることに抵抗を示す子供も多いので子どもが座らなくてもがっかりしたり焦りを感じなくてもいいですよ。

 

トイレ内の雰囲気でも子どもの気分は変わりますので、清潔で明るい感じにしましょう。

 

トイレは暗くて嫌なところというイメージがつかないようにマットを明るい色にしたりぬいぐるみを持ってトイレに行ったり大好きなおもちゃを置いてみるといいですよ。

 

ここで登場!ご褒美シール

 

ご褒美シールって知っていますか?

 

このご褒美シールはいろんなところで入手できます。

 

普通のシールでもいいし、キャラクターのシールでもいいんです。

 

これで子供が楽しくトイレに行ってくれるようになってくれたら、シールの効果もばっちりです。

 

子どもと一緒にシール台とシールを買いに行きトイレに行けたら貼ろうねと誘ってあげてください。

 

我が家では壁にトイレトレーニング用のシール台をつけています。

 

市販ではなく私の手作り。

 

少しでもトイレに興味をもってくれるようにと願いながらつくりました。

 

順調にすすんでいると思いたいです。

 

 

 

こんなシールで子供はやる気を出しますよ( *´艸`)

【大人気商品】げんき100倍!よくできましたシール それいけ!アンパンマン/anpanman 2200010A★100枚入り金ぴかシール付きご褒美シールあんぱんまんのごほうびシール/あんぱんまんといっしょアンパンマングッズ★☆【3cmメール便OK】

 

 

 

 

STEP3 1日の中で何度かトイレに誘ってみましょう

 

トイレに不快感がないようなら1日の中でご飯の前やおやつの前、寝る前などにトイレに誘ってみましょう。

 

イヤだと言われたらチャンスは何度でもあるので、無理強いせず受け流してくださいね。

 

子どもの興味や行動が変わった時が声をかけてみるチャンスです。

 

トイレに行ったときに上手にできた時は、「おしっこ出たね」「うんちできたね」とお子さんと一緒に確認をしてみましょう。

 

そのうち、自分で「おしっこ(うんち)が出た」と言えるようになってきます。

 

STEP4 自分から意思表示するようになります

 

最初は言われてトイレに行っていますがトイレに誘って座る習慣がつくと自分から「トイレに行く」と言えるようになってきます。

 

上手に言えてトイレができたらいっぱいほめてあげてくださいね。

 

STEP5 おむつを取ってトレーニングパンツに履き替えましょう

 

自分で言えるようになってきたらまずは昼間だけトレーニングパンツをはかせてみましょう。

 

子どもの好きなキャラクターのパンツなら喜んで履いてくれます。

 

パンツを使うと、「自分がおしっこした」→「濡れて気持ち悪い」と感じるようになります。

 


そこから、「次はトイレに行っておしっこしたい」「おしっこしたいからトイレに行こう」と思うようになります。

 

もちろん、何度も失敗すると思いますがパパやママは決して怒らないで見守り出来たらたくさんほめてあげてください。

 

 

 

トレーニングパンツはたくさん必要です (;^ω^)

トレーニングパンツ トレパン 4層 5枚組 吊り式 男の子 トイレトレーニング トイトレ パンツ 下着 80cm 90cm 95cm 100cm 車柄 クルマ柄 くま クマ 水色 ベビー 子供 キッズ 保育園 F4002E チャックルベビー

 

 

 

 

STEP6 外出時や夜もトレーニングパンツにしてみましょう

 

昼間のトレーニングパンツに慣れて上手にトイレができるようになったらいよいよ最終STEPの「外出時」と「夜」もトレーニングパンツを履かせてみましょう。

 

外出時で挑戦する時はまずは子どもの用のトイレがある公園など、失敗しても大丈夫な場所に行ってみましょう。

 

脱ぎ着がしやすい洋服で出かけ着替えも多めに持っていくと安心ですよ。

 

夜のおねしょがなくなるのは身体的成長が必要です。

 

・朝までのおしっこを溜められるくらい膀胱が大きくなること

・夜、熟睡するときに分泌される「抗利尿ホルモン」が働くこと

 

抗利尿ホルモンとは、朝まで尿の量を減らして朝までもつようにする働きのあるホルモンで、十分に分泌されるようになるのは10歳くらいだと言われています。

 

昼間はトイレでできるのにおねしょをしてしまう時はまだ膀胱が小さいのかもしれません。

 

そんな時はおむつのまましばらく様子をみて朝おむつが濡れていない日が続くまで待ちましょう。

 

布団で失敗するとママの負担もふえてしまうのであせらず怒らず、が大事です。

 

 

トイレトレーニングはいつからが正解!?正しいやり方を知ろう! まとめ

 

トイレトレーニングの時期の目安について紹介しました。

 

トイレトレーニングはスムーズにいく子もいれば、なかなか進まない子もいます。

 

おむつが外れると、行動の幅も広がり月の出費が減るので、親としては早く外れてくれないかなと思ってしまうところです。

 

しかし前のめりでこちらがいっても子どもたちはついてきてくれません。

 

大体の目安は、子供の膀胱が発達してきた2歳頃に始めるのがいいですが、早い子は1歳半、遅い子だと3歳前後とかなり個人差があるのであくまでも目安にしておきましょう。

 

トイレトレーニングの絵本を見せて、こんな風にトイレするんだよ。と教えてあげたりママがトイレに行く時もチッチ行ってくるね。などの声かけをしてあげると、少しづつトイレの事を分かってくるようになります。

 

うちの子まだオムツ取れないと焦ってしまうと、敏感な子供はすぐに感じ取ってしまうので、萎縮して余計に失敗したり、上手くトレーニングができなくなってしまいます。

 

子どものペースに合わせて、パパママが気持ちに余裕を持って笑顔ですすめていけたなら、トイレトレーニングってスムーズに行けるんじゃないかと思います。

 

シールをうまく活用することでトイレに慣れ、いずれは自分から行くと言ってくれるようになりますよ。

 

いつかは取れるから、と長い目でトイレトレーニングを始めましょうね。

 

コメント